World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2018年7月21日 (土)

NA-207 KD6WW/VY0 and K9AJ/VY0 Fafard Island (7/19-23)とのパスについて

表題のNA-207 KD6WW/VY0 and K9AJ/VY0  Fafarad Islandが始まり、クラスターにもあがっていますが、JAからのレポートはJA8RJEさんのみの現状です。

 
AS-036 JE6HCL/6 壱岐とIOTAコンテスト時にぜひ交信したいとVE3VHB Mikeさんからメールが届くとともにOC-254 V6Jがまだ聞こえないとか、NA-207に関する情報をいただきました。
 
VE3VHBのQTH Mapは次の通りです。
Na207_5VE3VHBとNA-207 Fafard Islandの距離は940kmです。JAから見ればほとんど同じエリアと言ってよいと思います。
 
VE3VHBの要望はOC-254 V6Jとは30mCWで希望されていましたので、JJ3PRT青木さんへ要望をメールで送ってくださいとお願いしました。2回目のメールに次の記載がありました。
 
AS-036との希望周波数と時間帯は「good chance on 20M 1200-1500Z and 2100-2300Z」、これは逆にJAからNA-207へのパスができる可能性を示します。
 
それから「Conditions are not good for JA; I often hear JA1NUT well, but only one or
two other JA Big Guns!」とのメッセージでした。JAのビッグガンは聞こえる程度のコンディションですね。辛抱してワッチするしかなさそうです。

世界が応援するAS-036 JE6HCL/6 Iki Island

JAオペレータが運用されていますOC-254 V6J Ta Islandも順調にQSO数を伸ばしているようですが、昨日のDX-World.netにありますとおり時間制限がはいったりしています。

 
一方、来週末の28日に実施されますIOTA Contestへのエントリも徐々に増えてきました。
 
昨日にADXOのIOTA ContestリストにJE6HCL佐治さんがエントリされました。
JE6HCL/6 Japan AS-036 Iki JE6HCL JE6HCL By JE6HCL; mixed mode; QRV Jul 28-30
 
佐治さんは昨年2017年7月にJCC/JCG/WAKUのトリプル完成を目指すK3EST Bobさんの支援のために最後まで残った鹿児島県西之表市へ移動運用されるとともにAS-032をIOTA Contestにてサービスされました。
 
このJE6HCLさんの行動により、10月にはYB3MM Adhiさんとの大宰府Meeting、そして本年5月に来日しJA6まで足を伸ばされたK3EST Bobさんより熊本でご馳走していただくことになられました。
このブログの最後にもBobさんとAS-036 IkiへIOTA Contest時に運用すると発表されています。
 
この朝に配信の425DXnewsには、
21 July 2018                                              A.R.I. DX Bulletin
                                   No 1420
                         ===========================
                         *** 4 2 5  D X  N E W S ***
                         ****  DX  INFORMATION  ****
                         ===========================
                          Edited by  I1JQJ & IK1ADH
                        Direttore Responsabile  I2VGW
JA     - Ken, JE6HCL will be active as JE6HCL/6 from Iki Island (AS-036)  on
         28-30 July.  He will  operate SSB and  CW, and  will participate in
         the IOTA Contest. QSL via home call. [TNX NG3K]
 
と、NG3Kが主宰するADXOからの情報をソースとして掲載されていました。
 
私の住む福岡市からはAS-036 壱岐は近すぎてスキップしてしまいます。7MHzの昼間くらいです。見つけたらコールするつもりですが、どうぞIOTA ContestではAS-036 JE6HCL/6をコールしてくださいますようお願いします。
 
2018 IOTA Contestには他にもAS-008 JI3DST/1 Shikine Island、AS-078 JA8COE Hokkaidoがエントリされています。まだ一週間ありますので、ADXOへ島運用時には登録をお願いいたします。
 
【追記】
私の友人のVE3VHB Mikeさんからさっそくメールが届きました。ぜひ、Kenさんと交信したいので伝えて欲しいとのことでした。「good chance on 20M 1200-1500Z and 2100-2300Z,」を指示してこられるとともにNA-207 K9AJ/VY0は同じパスと思えるので頑張ってとの激励もいただきました。

2018年7月20日 (金)

NA-207 KD6WW/VY0 and K9AJ/VY0 Fafarad Island (7/19-23) info from K6VVA

2018年7月19日から始まる表題のペディション開始が少し遅れているようです。K9AJ MikeがJA/BY/VK/ZLの多くの皆さんと交信したいのでIOTA-chasers Forumへ書き込んでくだされば「ヘルパーさん」からサテライト電話で伝えてくれると17日に書き込まれました。
 
VK2局が反応し、JAからの反応はありませんでした。しかし、欧米の局から「ヘルパーさん」探しが始まったようですね。ヘルパーさん第1号と思われたK6VVAがたまらずIOTA-chasers Forumへ次のメッセージを投稿してきました。転記します。
 
First, I am *NOT* the "Helper" Mike/K9AJ mentioned in an earlier posting.
 
Just an FYI... Mike did call me on his Sat phone for some info a bit before 2000utc today, and said they were on NA-207 with the antennas up.  Still to be retrieved from the boat and put up were the tents (and of course to hook up all the radio gear).  He said they hoped to be QRV by early evening today (VYO - EDT time 19 July) .
 
Mike did say it was warm/hot, and that there were lots of "bugs".  Glad I am home with the air-conditioning on :^)
 
Again, I am *NOT* the "Helper" Mike/K9AJ mentioned in an earlier posting.
 
73 & GL,
Rick - K 6 V V A * The Locust
 
IOTA Ltdの役員になるかもしれないと思うほど数年前までご活躍のK6VVA Rickの久々の投稿です。NA-207ペディションのヘルパーさんと思われ、たくさんの問い合わせが届き、たまらず発信したようです。
 
いずれにせよ、間もなく運用を開始しそうです。

2018年7月19日 (木)

H44R (OC-168) & H40D (OC-179) QSL card printed

2018年4月から5月にかけてVE3LYCにより実施されました表題のQSLカードができあがり、明日、イタリアから発送されるそうです。
 
 
H44R/P OC-158を含む3種類です。1週間くらいで到着して、発送作業を開始するでしょう。早いところは8月初めに届くと思われます。楽しみです。
 
私は到着すればH4-IOTAを完成し、IOTAオセアニアの274番目と275番目のCFMになります。IOTAオセアニアの残りはProvisionalの7IOTAを含めて19個です。両手両足の指で残りを数えられるところまできました。しかし、残りの多くは上陸禁止の島がたくさん残っています。
 
東アジアを含む近場のIOTAも数をこなしていますが、APA-4ではほぼ限界にきています。遠くのIOTAはコンディションの回復次第です。

NA-128 CK2I Ile aux Grues IOTA Contest 2018

ADXOのIOTA Contest 2018参加局一覧に表題のNA-128 CK2Iの情報が掲載されていました。https://www.ng3k.com/Misc/iotai2018.html

 
CK2I   Canada NA-128 Ile aux Grues LotW VE2EBK By NA128 Contest Group; Quebec; Multi-1; QRV Jul 27-29; FT8 prior to contest to test antennas
 
この中にIOTA Contest 2017のYouTubeが掲載されていました。とても分かりやすく、毎年VE2のメンバーが集まってコンテストに参加されているようです。
 
このアドレスです。このVideoを見るだけでNA-128と交信できそうな気分になります。

2018年7月18日 (水)

Working NA-207 from JA/BY/VK/ZL

2018年7月17日 日本時間13:15にK9AJ Mikeより下記メッセージがIOTA-chasers Forumを通して発信されました。
 
[IOTA-chasers] working NA-207 from JA/BY/VK/ZL
 
Hello All,
 
Communications from NA-207 are via Iridium sat phone.
 
We have a "helper" who has our sat phone number and will relay your
comments to us.
 
Post on IOTA-chasers & if relevant, your comments will be relayed to us.
 
We are especially looking for the difficult paths:  JA/BY/VK/ZL.
 
73....Mike & Bruce
 
 
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
Groups.io Links: You receive all messages sent to this group.
View/Reply Online (#17390): https://groups.io/g/IOTA-chasers/message/17390
Mute This Topic: https://groups.io/mt/23539028/913649
Group Owner: IOTA-chasers+owner@groups.io
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 
ご承知の通り、7月19日より23日までの4泊5日に手NA-207 K9AJ/VY0とKD6WW/VY0が運用されます。「多くのJA/BY/VK/ZL局と交信したい」ということです。
 
米国内にヘルパーがおり、持参するサテライト電話にて連絡ができます。そこで、JA/BY/VK/ZLからはIOTA-chasers Forumへ連絡を入れてください。ヘルパーより転送されますとのことです。
 
Mikeはおそらく、BYをHLと勘違いしているようです。ZLは現在IOTA申請をされている局はZL4ASのみです。
 
前述の通り、K9AJへVY0-IOTA Wanted Listを作成し、数回のやりとりを行いました。しかし、私のアパマンアンテナでは、この大役(?)をこなすのは厳しいですね。(笑い)
IOTA-chasers Forum登録局はJAでわずか7局、VKは5~6局だと思います。JAのビーム利用の皆様にもっとIOTA-chasers Forumに登録していただきたいと思います。
 
K9AJ Mikeのご厚意を生かしましょう。JAがリーダーシップをとりたいです。

IOTA Contestの未交信IOTA on ADXO

いよいよ2018年のIOTAコンテストが10日後の7月28日、日本時間午後9時から29日午後9時まで開催されます。IOTAを始めた2000年前後はIOTA数を増やす絶好のコンテストでした。1997~2002年くらいまでは世界中のNew IOTAを得る機会でした。
 
現在は2010年のEU-132 SN1Aと交信して以来、8年間New IOTAを得られていません。ADXOのIOTAリストを久しぶりにチェックしてみました。
 
次の11局10 IOTAが未交信でした。
 
1)M1K England EU-011 St Agnes M1KTA M1KTA By M1KTA; QRP
2)MX5A England EU-011 St Mary's LotW G3WVG By G3WVG; DXpedition; QSL also OK via Club Log
3)IJ7V Italy         EU-073 San Pietro IK7IMO IK7IMO By IK7IMO; SSB
4)II7P Italy         EU-091 Pedagne IK7LMX Buro IK7FPX By IK7FPX IK7LMX 5)I7PHH IK7XNF IK7QMJ 9A3A; low power
5)EJ6KP Ireland EU-121 Aranmore LotW EI6KP By G3SHF G0SYP         M0DCG M1PTR EI6KP (M5KJM); DXpedition; QSL also OK via EI Buro or G Buro
 
6)IM0/I0PNM Sardinia EU-165 San Pietro I0PNM I0PNM By I0PNM;
  low power, SSB, 24 hours
7)VB1M Canada NA-126 Bon Portage (Outer) VA1YL VE1FA By VA1CHP
  VY2OX VA2MM VA1YL VE1FA VO1NO VE1BAB VE1RSM VE1GPY; Dxpedition, Multi- 
  1, high power, mixed mode, 24 hours
8)W4UC    USA    NA-142 Santa Rosa W4UC Direct W4UC By
  WX4US KK4WTW N9UY K4LO; Multi-1, low power
9)ZV5O Brazil SA-047 Mel PY5ZD PY5ZD By PY5ZD PY5FO PY5IN 11)PY5HC PY5QW PY5LF; DXpedition
10)ZV8FF Brazil SA-072 Canarias ZV8FF ZV8FF By ZV8FF;
  DXpedition, SSB, low power
 
11)PS1S Brazil SA-077 Santana PS1S Buro OPDX By PU4ALZ
  PY2VTC PY2ZA; WLOTA L-0714, ARLHS BRA-062, DIB-RJ-06; QRV Jul 26-30; 80-
  10m; CW SSB + digital (incl FT8)
 
ビームでしたら可能性は高いと思いますが、アパマンアンテナではコンディション次第でしょう。意外とLow Powerが多いですが、EU/NAはちょうどJAのフィールドデーコンテストのような感覚があります。島に遊びに来たついでで無線をするような感じです。
 
3番目のIJ7Vはコンテストの日曜日の朝に14MHzSSBで数回聞きましたが逃しています。
7番目のVB1M NA-126には先日NA-121 VE1FA/KL7からQRVしたFred夫妻が参加予定です。北米IOTAの推進役になってくれるとありがたいですね。
 
9、10、11番目のPY'sの3つはPY1-7エリアの未交信残りがエントリしています。3つ出来たら素晴らしいですが、毎年、取らぬ狸の皮算用です。コンディションが許してくれればチャンスがあるかもしれません。
 
7月28日までにまだ参加登録がありますのでコンディションの管理など、整理をしておきたいと思います。

2018年7月17日 (火)

NA-008 VY0ERC IARU Contest参加

7月15日にJA2のG-OMよりメールをいただきました。
 
「昨晩(14日土曜)、IARU Contest中に14284でUN1HQをコールするVY0ERCを発見。信号は57くらいだったそうです。その後探されたそうで見つけることはできず。クラスターでは14130の下の方にその後出ていた」そうです。日曜日も探してみるとのことでしたが結果的に見つけられなかったそうです。
 
G-OMのアンテナはマンション14階のベランダから(約40メータハイ)、6.4メータの釣り竿に直径2mmのアルミ線をヘリカル状に巻かれたアパマンアンテナだそうです。これで本年1月に5 Band DXCCを取得されたそうです。素晴らしいですね。
 
NA-008 VY0ERCはご報告の通りVE3KTBの運用で7月21日(土)までの予定です。クラスターデータを分析されて探してみる価値はありそうです。
 
ただし、7月1日から15日までのクラスターデータではアジアからのレポートはありませんので、ワンチャンスだったのでしょう。(Tnx G-OM)

2018年7月16日 (月)

OC-153 P29RR Daru Island QRVing その4

この朝にIOTA-chasers Forumに「OC-153 P29RR Daru Island until 16th July」のタイトルで投稿しました。FT8のみ、7月16日までの運用です。
 
P29RR also ZL1BOQ Roly says he is in OC-153 Daru Island until Monday.
His next plan OC-049 A35RR from 15th Aug for 2 weeks.
But I am not sure because P29RR has not information on DX news.
IOTA Validation team are inquiring for P29RR now.
Probsbly,we understand this weekend his operation is OC-153 or not.
 
Shu JN6RZM
 
世界中で交信された局の中でもRolyさん自身が「OC-153 Daru Islandから運用」と言っていること、すでにIOTA Validation Teamが動いていることを知らないこともあると思い投稿しました。また、この昼過ぎくらいまで交信のチャンスがあると判断しました。
 
K3EST Bobさんが木曜日に旅行から戻られるとのこと。週末にはOC-153の判断がされると思います。
 
【追記】
DX-World.netなどに「8月15日から2週間ほどA35RR OC-049を運用」と投稿されましたね。QRZ.comのP29RRにOC-153 Daru IslandからQRVしていることを追加修正すればよいのですが。

2018年7月15日 (日)

OC-153 P29RR Daru Island QRVing その3

P29RRがOC-153となるためのバトルの開始です。
昨夕にJA2FGLさんが「IOTA OC-153」とクラスターに上げていただきました。おそらく多くの局にOC-153と交信していただきたいと思われたからでしょう。
 
JA2FGL  14074.0  P29RR  06:18 14 Jul  IOTA OC-153     Papua New Guinea
VK8NSB  14074.0  P29RR  06:37 14 Jul  Not OC-153 - Main Papua New Guinea
 
ところがVK8NSBが20分後に「OC-153ではありません。Main Islandです」とクラスターに上げてこられました。判断材料がQRZ.comのP29RRを見て、OC-153の臭いすら感じなかったためでしょう。
 
IOTA Validation TeamのK3EST Bobさんから1618JSTと1619JSTに2通のメール返信がありました。P29RRの件です。博多で一杯飲んだ甲斐がありました。(笑い)
 
最初のメールは「私たちが知る限りではP29RRはOC-153ではありません。彼はOC-153と言っているようですが、彼はOC-034にいるようです。今、旅行中です。木曜日に戻ったらP29RRへ連絡してみます」とのメールでした。私が送ったメールを十分に読まれていないようでした。
 
2回目のメールはP29RR Rolyさん宛、Cc:JN6RZMでした。ご挨拶に続き①運用開始日時、②運用終了日時、③島の名前、④島の看板の宿泊領収書などの地元のランドマークを示すあなたの操作の写真を求めていました。
 
Daru Island上陸し運用している写真を返信メールの添付ファイルで送付すれば完璧に承認されます。この証明をIOTA Validation Teamが取得するシステムが素晴らしいと思います。私はこのサポートを何度も体験していますが、そのたびにIOTAプログラムの素晴らしさを感じています。
 
P29RR RolyさんがBobさんへ証明する写真を送ればIOTA Validation Teamは正式にOC-153 P29RR Daru Islandを認定します。
 
【追記1】
いろいろな局がIOTAの島から運用してきます。IOTAに詳しい人ならばあらかじめQRZ.comにOC-153 Daru Islandなどと掲載されます。Rolyさんは途中で気づかれたようですね。この後もA35RRにて8月15日から運用するそうです。OC-049と書かれていますので少しはIOTAを知っておられるようです。
 
本年5月15日のK3EST Bobさんとの博多で一杯ではお酒の勢いもありましたが、世界のトップコンテスターを相手に、IOTAに関して徹底的にお話をしました。OC/AS/NAのペディショナー名やそのご家族のお話しまでしました。
 
W5BOSやN3QQ、N6JV、N6VRなどなどカルフォルニアやNM、TXのIOTAチェイサーともお世話になっているお話をしました。今回、奥様と旅行中のところを邪魔する私のメールにもすぐに動いてくださって感謝しております。
 
【追記2】
不可解なP29RR資料を見つけました。
P29rrFrom P29RR to Radio JA7ESW at 11:12UTC on Oct 30 2017 40m FT8とあります。
摘要に Wewak(QTH) PNG, IOTA OC-153とあります。
 
昨年2017年10月30日のQSO分ですが、Wewakとあり、IOTAはOC-153と書いてありました。RolyさんがWewakをOC-153と勘違いしているともとれます。
 
いずれにせよ、P29RRがK3ESTにどのような資料を提出するかでしょう。ややOC-153よりと思うのはDaru Islandという島名を発信しているところでしょう。
 
紙のQSLも届いているようです。2018年5月報告分です。
Scanimg140これにはOC-153の記載はありません。

2018年7月14日 (土)

OC-153 P29RR Daru Island QRVing その2

7月14日午前10時30分過ぎにP29RR Rolyさんからのメッセージがもどりました。
 
Hi Shu,
The name of the Island is DARU ISLAND.
Hope this helps you.
73,
Roly – P29RR  (ZL1BQD)
 
OC-153 Daru Islandです。間違いなくOC-153にいるようです。Daru IslandはSM6CVX HansがP29CVXjまたはP29CVX/Pにて何回もサービスをしました。G3KHZとともにP29-IOTAペディションのレアを実施しましたが、Hansはいつも帰りがけにDaru Islandに寄って1か月くらいサービスをしていました。7年くらい前だったと思います。
 
K3EST BobさんにQSPしてバトンタッチします。OC-153 P29RR Daru Islandとして証明手続きを進めてもらいます。OC-034とOC-153との区分が明確になると思います。
 
Daru_1本来のP29RRのQTHはニューギニア島の北側のWewakです。OC-153 Daru Islandは南側です。OC-034でしばらくオンジエアし、数日QRTしてOC-153へ移動したのではないかと読み取れます。
 
Daru_2Daru Islandには立派な滑走路や街並みを確認できます。
 
クラスターレポート確認で最初のレポートは、
P29RR         18/07/03 1151Z   7074.0 weak but readable               W9BWR
でした。
 
そして、7月3日より切れ間なく連日ともに運用されています。つまり、7月3日から本日14日までOC-153 Daru Islandからの運用と推察できます。FT8の装備が簡易でSettingがeasyならば話は別です。
 
気になる方は別のバンドでもう一度交信してください。
 
【追記】
滞在日程をもう一度問い合わせました。すぐに返事をいただきました。
 
Hi Shu,
I am QRV for 2 more days then QRT.
Then I go back to my home in ZL.
 
Then in two more weeks time (8th AUG) I will be QRV Tonga, A35RR.
Not so rare IOTA, OC-049.
 
73
Roly – ZL1BQD
 
本日14日から2日程度の16日(月)までのようです。一度ZLへ戻り、その後は8月8日から2週間ばかりOC-049 A35RRにてQRVするとのこと。FT8 onlyのようですが、未交信の皆さん、頑張ってください。私自身が未交信ならすぐにSkedを組むのですが。

IOTAフィールドチェック最終回

この朝にJI3DST舟木さんから当ブログのコメントに「本日から2日間、KANHAMです。iotaブースを出展します。」との書き込みをいただきました。7月14~15日は関西ハムフェスティバルがいつもの池田市民会館にて開催されます。

IOTA CP JAのウエブでは2018年2月28日付けでこのように案内されています。
 
「1998年より継続しておりました、ハムフェア・関ハムでのQSLカードのフィールドチェックを本年をもって終了することにいたします。 ハムフェア以降は、Club Log MatchingによるQSLカードの提出を必要としない方法と従来通りのQSLカード送付によるチェックの方法のいずれか又は組合せに集約いたします。 これはClub Log Matchingへの移行を促進する意図でもあります。 ご了承願います。(22/02/2018)」
 
DXCCのフィールドチェックと同様に1997年12月IOTA CP JAが設置に伴いJA3AER荒川さんがRSGB IOTA Committeeと交渉されそのご努力により、関西ハムと東京ハムフェアにおいてIOTAフィールドチェックを実現されました。
 
1997年5月に購入しました日本語版IOTA Directoryに触発され、その年の12月に初めてIOTA申請をするにあたり、当時CP JAを担当されていました英国のG3ALI RayさんへQSLカード150枚余りを送付直前にRSGB IOTA CP JAにJA9IFF中嶋さんが任命されました。
 
私とG3ALI Rayさんとのお付き合いはIOTAmemという管理プログラムを購入するのみで終わりました。
 
中嶋さんや舟木さんもご存じなかったと聞きましたが、JA3AER荒川さんのご尽力により、CP JAの設置はもちろんのこと、大阪、東京でフィールドチェック実施の許可を取り付けられたそうです。これは世界中でこの2か所のみとの条件だったそうです。
 
そのため、名古屋や福岡では偶然にフィールドチェックは行われなかったことになりました。しかしながら、福岡に住む私の場合はフィールドチェックとは全く縁がありませんでした。むしろ郵送で十分という感覚でした。
 
関西ハムでのフィールドチェックは本日、7月14~15日が最終回、東京ハムフェアでも次回が最終回になるそうです。CP JAのウエブにもありますとおり、関西ハムでの二日目の7月15日午前中はClub Log Matchingの活用方法の勉強会になっています。
 
IOTA Ltd本部としてもフィールドチェックの廃止はもちろんのこと、QSLカード送付とチェックによるCP担当者の負担を減らす方策に進まれたと思います。
 
また、21年間もJA9IFF中嶋さんやJI3DST舟木さんなどは手弁当で会場設営費用なども負担されたとの噂を聞きます。本当にご苦労様でした。
 
2019年以降のブース設営に関しましては、多くの皆様のご意見をいただかれて考えられるのではないかと思います。

2018年7月13日 (金)

OC-153 P29RR QRVing

JA6のS-OMから夕方にメールが届きました。
「P29RRがFT8でQRVしています。本人からのメールではOC-153とのことでした。クラスターにあまり上がらないので報告します。」
とのことでした。クラスターに上がっていることは存じ上げていました。
 
QRZ.comのP29RRを確認するとZL1BQDがパプアニューギニアのWewakからオンジエアしています。WewakはOC-034ニューギニア島であり、どこを見てもOC-153の痕跡はありませんでした。クラスターは次の通りでした。これもOC-153の臭いすらありません。
 
Callsigns     YY/MM/DD UTC     FREQ   Remarks                         Reporter
=================================================================================
P29RR         18/07/13 0248Z  21074.0 FT8                             JF2DKK   
P29RR         18/07/12 1211Z   7076.2 FT8 CQing no takers             AD1C      
P29RR         18/07/12 1126Z   7074.5                                 K3MRK    
P29RR         18/07/12 1025Z   7074.0                                 WD8JP    
P29RR         18/07/12 0609Z  14074.0                                 OM3LK    
P29RR         18/07/12 0552Z  14074.0 CN85QN QI16 FT8                 KG7ULE   
P29RR         18/07/12 0552Z  14074.0 CN85QN<>QI16 FT8                KG7ULE   
P29RR         18/07/11 1512Z   7076.4 OK!                             R9FC      
P29RR         18/07/11 1045Z   7074.0 FT8                             K3BR      
P29RR         18/07/11 0708Z  14074.9 FT8 CQ                          UA6CT    
P29RR         18/07/10 1252Z   7074.0 FT8 tnx                         HL1VAU   
P29RR         18/07/10 1251Z  14074.0 FT8 tnx                         HL1VAU   
P29RR         18/07/10 1009Z  14074.0 FT8                             JF2DKK   
P29RR         18/07/09 2054Z  10136.0 FT8 tks                         JG0CQK   
P29RR         18/07/09 1625Z  14074.0 FT8..tnx                        OH5C      
P29RR         18/07/09 1555Z  14074.0 FT8                             SQ8N      
P29RR         18/07/09 1346Z  14074.0 FT8                             US7VF    
P29RR         18/07/09 1305Z  14074.6 FT8                             R9UW      
P29RR         18/07/09 1225Z  14074.0                                 HL1VAU   
P29RR         18/07/09 1116Z   7074.0 FT8                             HL2WA    
P29RR         18/07/09 0657Z  14074.0 FT8                             N6GD      
P29RR         18/07/09 0559Z  14074.0 FT8 -10                         WW7B      
P29RR         18/07/09 0549Z  14074.0 CQ FT8 -16                      F1BBI    
P29RR         18/07/09 0534Z  14076.2 FT8                             K6QQQ    
P29RR         18/07/09 0425Z  14074.0 tnx QSO                         UA4CDM   
P29RR         18/07/08 1519Z   7074.0 FT8                             HL1VAU   
P29RR         18/07/08 1039Z   7074.0 FT8      OC153                  HS0ZIV   
P29RR         18/07/08 0954Z   7074.0 TU 73 FT8                       W0PE      
P29RR         18/07/08 0843Z   7074.0 FT8                             WR4K      
P29RR         18/07/07 1012Z  10136.0 FT8                             JA5XAE   
P29RR         18/07/07 0929Z  14074.0 FT8                             HL1VAU   
P29RR         18/07/07 0810Z  14074.0 Thank you                       K7QDX    
P29RR         18/07/07 0733Z  14074.0                                 LZ2ZM    
P29RR         18/07/07 0733Z  14074.0 FT8 - good sig Roly!            VK7YUM   
P29RR         18/07/06 2226Z  14074.0 FT8                             JR0AMD-# 
P29RR         18/07/06 1727Z   7076.0 You need to stay on for more t  W9MNC    
P29RR         18/07/06 1552Z   7076.2 FT8                             RW9WT    
P29RR         18/07/06 1102Z   7074.0 strong in ky tks all my best    W9BWR    
P29RR         18/07/05 2207Z  14074.0 FT8, CQ EU                      HL2WA    
P29RR         18/07/05 1206Z   7074.0 FT8                             K9EL      
P29RR         18/07/05 1129Z   7074.0 -07 in ky usa                   W9BWR    
P29RR         18/07/05 1029Z   7074.0 FT8, tnx QSO                    HL2WA    
P29RR         18/07/05 1004Z   7076.7 FT8 +2277 split TU              K2KA      
P29RR         18/07/05 0938Z   7076.3 FT8                             W9MO      
P29RR         18/07/05 0933Z   7074.0                                 W5TN      
P29RR         18/07/04 1043Z   3567.0 FT8                             JA0CRI   
P29RR         18/07/04 0545Z  14074.0 hrd FT8 -15                     F1BBI    
P29RR         18/07/03 2229Z  14074.0 FT8 tnx qso 73                  JG0CQK-9 
P29RR         18/07/03 1434Z   7074.5 FT8 LoTW PNG                    NA6L      
P29RR         18/07/03 1151Z   7074.0 weak but readable               W9BWR    
Searched until 18/06/03 , if you need more search please set "Search before" and search again .
 
これから判断できるのは、普段はOC-034にいて、数日間のOC-153ツアーに来ていると予想されます。ほぼFT8のオペレーションです。
 
ちなみにOC-153はIOTAクレジット率14.6%とレアです。過去にはP29VCX(SM6CVX)による長期運用とP29DXの2回のみというPast Activationでした。G3KHZ DerekさんとSM6CVX Hansさんのペアで毎年P29-IOTAサービスをしてくれていました。
 
特にSM6CVXはこのOC-153のDaru Islandが大好きで一人残って何回もサービスしていたと記憶しています。もう7~8年くらい前のことです。
 
この様なケースは黙ったままですと、永久にOC-153としてクレジットされません。従いまして最低でも島名をヒヤリングしたほうが良いと思います。OC-153としてクレジットを受け付けられる島は次の通りです。
 
Aibinio Badu Baiabe Bobo; Bristow Daru Dawari Gebaro Goaribari Kiwai Magabu 
Magobu Meamibu Mibu Morigio Naviu Neabo Nikira Orope Purutu Wabuda Wamuda Wapumba Wariura  Yule
 
以上ですが、このIOTA Directoryに掲載されていない島でも条件が整えば追加できます。
島名が分かればK3EST Bobさんの登場です。
 
BobさんがOC-153の〇〇Island滞在、或いは上陸の証明などを明確にしていただけます。
P29RRがOC-034から、或いはOC-153から出ている日程時間などは不明ですが、OC-153を未クレジットならばFT8で交信を急がれることをお勧めします。
 
OC-034はP29RR、OC-153はP29RR/Pなどと指導していただけるとよりベターですね。

2018年7月12日 (木)

NA-212 VE1FA/KL7 Round Island 終了

DX-World.netにて紹介されました案内は次の通りです。おそらくVE7FAがタイプしたものと思われます。

 
OPERATION (DURING JULY 5-10, 2018) WILL BE SSB (100W) AROUND 7150 AND 14260 +/- QRM. WILL ANNOUNCE WHEN ACTIVE ON DX SUMMIT. ANTENNAS WILL HAVE CLEAR OCEAN SHOT TO SOUTH, EAST, BUT WILL BE BLOCKED TO WEST. ROUND IS.(AK) IS 58.6 DEGS N.LAT.,160 DEGS W.LONG. QSL TO VE1FA. NO ELECTRONIC QSLS, PLEASE.
 
実際にはこのレポートが一番最初と思われます。
18/07/07 0132Z  14260.0 IOTA NA-121 4x4 Tnx ATNi        K6VVA-#
 
そして、最後は、
18/07/10 0135Z  14256.0                                 VE3EXY 
この分がラストと思われます。
 
予定は4泊5日でしたが、運用は開始が遅れたようでちょうど3日間の運用だったことになります。残念ながら60レポートの内の1/3は「探している」「聞こえない」「情報は?」を書き込んだものでクラスターレポートの本来の意味をなさないものでした。
 
DX Newsにあるとおり、VE/Wがメインでアジアからは2~3局しか交信できていないようですが、皆様いかがでしたでしょうか。西側に該当するJAは厳しかったのでしょうか。できたレポートはJA8COE高橋さんのみです。JAでも他におられるかもしれません。
 
私のような アパマンアンテナでかつ、JA6エリアでは交信は夢のまた夢でした。
 
しかしながら、Round Islandを調べてみますと、旅行会社を通じで訪問した方のレポートを見つけたり、研究レベルの訪問から観光レベルの訪問も可能になっている感じがしました。VE1FAご夫妻が使用した建物やいろいろなことをメールで質問しました。
 
今はコンディションが悪いですので数年後に必ず実施していただける環境整備にトライしてみたいと思っています。他のSummit Islandなども併せて調べつつあります。VE1FA Fredさんからメールが戻りましたら、当ブログでお知らせします。
 
また行ってくださいという内容ではなく、島への上陸条件、上陸方法、運用の環境などを問い合わせました。
 
最後にIOTA-KL7 Wanted List 2018のNA-121のJA8COE欄のみ黄色マーカーを付けてFredさんへ添付ファイルにて送りました。ご了解ください。
 
【追記1】
IOTA-KL7 Wanted listの63局中、交信できた方がおられましたらご一報ください。褒めてあげます。(笑い) 黄色マーカーをリストにつけます。
 
【追記2】
JA3FGJ平林さんからのレポートです。VE1FA/KL7はJAで10局くらいできたようですとのこと。やはりこのコンディションでは大型アンテナでないと厳しいでしたね。10年計画くらいで「アパマンアンテナでも簡単に交信できるNA-121」を企画提案してみます。
 
2007年のNA-234 KL7DX Chuginadak Islandをあれだけ支援して逃してしまい、今回の10年ぶりのNA-234 KL7RRC/P Chuginadak Islandを再び逃しました。併せて支援します。「頑張れアパマンハム」で行きましょう。

OC-073 JG1RHN/JD1 Minamitorishima

2018年7月11日夕方に5B4AHJ AlanさんからIOTA-chasers Forumを通して次の書き込みがありました。JG1RHN/JD1の情報を求めています。
 
Hi all,
I am looking to confirm whether or not JG1RHN/JD1, who was spotted and
worked on 7th July, and also worked on 21 May, is on Minami Torishima, as
claimed in the spots.
Can anyone help, please? Info is required for Club Log.
​Thanks,​
 
73
Alan 5B4AHJ
Twitter @5B4AHJ
 
調べてみましたが南鳥島のようです。しかし、確信が得られません。連絡先などどなたかご存知ないでしょうか。
 
IOTA-chasers Forumは10年程前にIslands On The Webというウエブがありましたが、諸般の事情で閉鎖してしまいました。だれでも書き込めるために崩壊したという噂でした。それを受け、2010年10月にK0AP DraganさんがこのIOTA-chasersを立ち上げました。
 
会員登録制にしてあります。会費無料です。自由に書き込めます。JAではJA1EY、JA1BPA、JI3DST、JO1CRA、JA9IFFなどが参加登録されています。本日現在379会員です。JAは5~6局程度で1%程度の少数民族(?)です。ここから参加できます。
 
毎日のように会員が書き込んだIOTA情報がメールで転送されます。IOTA情報を確実に素早く世界的ペースで入手できます。デメリットは上記崩壊の原因になった個人的な挨拶や個人同士の情報伝達も多く、公的範囲利用を超えてしまうことでしょう。
 
世界第3位のIOTA申請者数のJAがまだまだEU/NA中心のIOTAプログラムに割り込めていない登録者数と思います。積極的な参加登録をお勧めします。
 
【追記1】
JA9IFF中嶋さんがAlan宛へご返事をしてくださいましたが、OC-073からのQRVであることの照明でした。続いての質問です。
 
Thanks very much, Jim.
Any info on when he arrived and when he will leave?
73
Alan 5B4AHJ
Twitter @5B4AHJ
 
分かる方がおられましたらお教えください。
 
【追記2】
Facebookにこんな記事と写真が報告されました。
GpdxJA9IFF中嶋さんがIOTA-chasers Forumにて知らせていただいた記事を確認し、ポルトガルのGPDXのFacebookに転載されていました。南鳥島になると興味が高いことがわかります。
 
【追記3】
細野さんからいただいた8月15日ころまでを伝えました。再びAlanからのメッセージです。
 
Thank you Shu-san.
I have updated the Club Log exception to end on 15 August 2018.
BTW, I haven't worked JG1RHN/JD1 myself. (Not needed on 17m).
73
Alan 5B4AHJ
Twitter @5B4AHJ
 
Club Logに何故と思いながら調べてみました。なんとDX情報コラムがあるんですね。
Jd1文字が小さくてすみません。下部の7~8行のみテキストでどうぞ。
Comments added by Club Log administrators
To help other Club Log users, administrators may add information or other comments to this record.
 
Added by 5B4AHJ (Alan Jubb) on 2018-07-13 09:47:23
JG1RHN/JD1 was QRV from Minami Torishima from circa May-August 2018 (tnx JA9IFF, JN6RZM).
 
QSL required, please.
 
中嶋さんと私のコールがあります。本当はJH1OCCさんです。しかし、JA局が情報をお伝えしようとしていることが評価されていることが分かります。JAからもどしどし質問をだしたり、回答をしたり積極的に行動したいものです。Tnx 5B4AHJ
 
【追記4】
さきほどチェックしていましたら425DXnews#1419に掲載されていました。
JD1_mt - JG1RHN/JD1 is active from Minami Torishima (OC-073) until around 15
         August. QSL is likely to be via the JARL bureau. [TNX JN6RZM]
 
ただし、ダイレクトの送付先など詳細は私もまだわかっていません。

«Russian Robinson Club 25 Years Award