World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2017年3月29日 (水)

YB9BUからのQSLカード到着情報 via JARL

昨日、JA7のT-OMからいただきましたメールの中に「本日、JARLからYB9BUマネジメントのQSLカードが届いた」とのメッセージをいただきました。

 
5.YB9AY/7 OC-252 2002 Oct via YB9BU
> たった今JARLからのQSLに入っていました。
> いつこちらからJARL経由で送ったかは不明です。verified YB9BUの
> 丸い判子押してあります。本人か他人かは不明ですが、ロストもあるが
> Bureauも動いている感じですがマグレか?(機能的にはそれ程????)
 
YB9BU KadekさんからのQSLカード回収に関しては、昨年1月にYB3MM Adhiさんから「昨年(2015)12月にYB9BUの自宅訪問時にノートが記入されており、SASE請求分受領とQSL発行処理分がきちんと記載されていました」と報告いただきました。
 
続いて「もし、請求されるならば連絡いただければ電話を入れて到着の確認ができる」と言ってくださいました。ただし、郵便事故分はどうしようもないと言われていました。
 
YBのビューローは数年(3年or5年)に一度くらい発送される。また、ジャカルタ周辺の住んでいる局が利用していると聞いたことがあります。YB9BUを訪問したハムがジャカルタのビューローへ運んだ可能性があります。また、YB1GJMさんはORARIの役員で、よく東京のJARLを訪問しています。YBビューローに貯まったQSLカードJA分を運んでくれたのかもしれません。
 
YB3MM Adhiさん等がYB9BUへ訪問するとき前にQSLカードのみvia YB3MMへ送り、YB9BUへ渡してもらい、QSLカードを持ち帰ってもらい、YB3MMへPayPal送金で受けていただくように交渉しても良いかもしれません。
 
①ニーズがあるのか、②YB3MMがYB9BUへ訪問する機会があるとともに引き受けてくれるかがポイントです。不可能ではありません。

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info(2017 Mar 29)

いよいよチームメンバーは10日後に現地近くの空港に入りますが、UA3AKO等は天候と氷の状態により乗り物の調達でたいへん多忙の状況でしょう。本日現在の2週間予測天候を検証しました。

 
R71rrc_wx_mar_29 あくまでも2週間先の予測に基づく予報ですが、最低・最高気温が4月7日までマイナス10度台でしたが、4月8日以降は0~+1度と氷が解ける最低・最高温度に変わっていました。
 
氷が固いと中型バスくらいのキャタピラ付きの車で移動できますが、氷が薄いと小型化し、スノーモービルへと変わり、さらに場所によっては海岸沿いを行けずに山越えになるようです。そのために運用期間が4月7日から17日の期間の5~7日運用と表現して発表しています。
 
2週間先の天気予報は戻る時点の氷の状態も考慮しないといけませんので4月17日を逆算して4月3日の2週間予報で結論付けることになると思います。天候と氷の状態では5日の運用もキープできなくなる場合もあるかもしれません。
 
海に張った氷を見たことも体験したこともありませんが、網走のオホーツク海の立ち入り禁止の標識を読んでみると如何に一歩判断を誤ると危険であるかを察知できるようです。
 
PhotoOC-123 A35JP/Pの次はAS-071 R71RRC Arakamchechen Islandのサポートです。

OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island (2017 Mar 29) Real QRT

2017年3月28日に6日間の運用を終了し、間違いなくQRTされました。

 
Callsigns     YY/MM/DD UTC     FREQ   Remarks                         Reporter
=================================================================================
A35JP/P       17/03/28 1022Z   7005.1 OC-123 NOW QRT                  W4FOA    
A35JP/P       17/03/28 1010Z   7005.0 Heard in NV and PA              W3LPL    
A35JP/P       17/03/28 0957Z   7005.1 IOTA OC-123 (LAST DAY) QSX UP2  W4FOA   
A35JP/P       17/03/28 0949Z   7005.0 UP 2                            JA0NFP-# 
A35JP/P       17/03/28 0949Z   7005.0 up 2                            K4WM      
A35JP/P       17/03/28 0949Z   7005.0 CQ up2 OC-123                   JK1KSB-# 
A35JP/P       17/03/28 0922Z   7005.0 UP                              N4ASF    
A35JP/P       17/03/28 0922Z   7005.0 up 2                            NB3R      
A35JP/P       17/03/28 0918Z   7005.0 OC-123 up                       ZL1TM    
A35JP/P       17/03/28 0917Z   7005.0 up                              ZL1TM    
A35JP/P       17/03/28 0908Z   7005.0 Heard in NV                     W3LPL    
A35JP/P       17/03/28 0832Z  10105.0 IOTA OC-123 Niuafo'ou Island C  JN6RZM   
A35JP/P       17/03/28 0831Z  10105.0 Heard in NH and WA              W3LPL    
A35JP/P       17/03/28 0749Z  14025.0 UP 1 OC-123                     JA9AVU   
A35JP/P       17/03/28 0735Z  14025.0 tks 73                          SM1IUX   
A35JP/P       17/03/28 0706Z  14025.0 tu cw up1                       JG3RXZ-# 
A35JP/P       17/03/28 0655Z  14025.0 OC-123                          JA1JXT-# 
A35JP/P       17/03/28 0655Z  14025.0 OC-123 TNX                      DS4DRE   
A35JP/P       17/03/28 0649Z  14025.0 CQ                              JH1BNC   
A35JP/P       17/03/28 0036Z  14005.0 correct call                    UA9OBW   
A35JP/P       17/03/27 2350Z  21007.0 Heard in AZ                     W3LPL    
A35JP/P       17/03/27 2345Z  14005.1 Heard in WA                     W3LPL
 
トンガ海軍の軍艦に同乗されたためにご本人の予定よりトンガ海軍の都合に合わせられました。昨日になって急に一日延びたようです。そのため仕事はなく、朝も少しサービスされ、島内を散策されたと思います。
 
日本時間8時過ぎに5回目のお電話をいただきましたので、すぐに当ブログに掲載するとともにIOTA-chasers Forumへも一日延期のレポートを発信しました。夕方は予定通り0700UTCよりサービスを開始されました。EU/NAへもサービスが少しできたようです。
 
今回は田村さんのご厚意により、現地からの情報キャッチと当ブログによる情報発信役を担うことができ、貴重な体験をしました。たいへんでしたがとても楽しかったです。私のアパマンアンテナがしょぼいので大役を果たせていない面もありますが、田村さんには本当に感謝いたします。
 
なお、田村さんはOC-049に3月31日に帰港されますので、メールによる連絡が可能となります。OQRS稼働の予定をお聞きしお知らせしたいと思います。次はAS-071 R71RRC Arakamchechen Islandのサポートです。

2017年3月28日 (火)

OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island (2017 Mar 28) 5回目の電話

既に終了と判断しましたが、2017年3月28日午前8時19分に田村さんから私の携帯電話に5回目の電話が入ってきてOC-123の滞在が1日延びるとのご報告をいただきました。次のとおり要点をお知らせします。

 
①3月28日(火)も滞在してサービスします。0700UTCあたりから。
②29日(水)朝に撤収してOC-123を離れます。
③OC-191には寄港しません。OC-064 Vava'uに数時間寄港するが運用はしない。
④31日(金)夕方にOC-049に帰港します。
 
⑤27日(月)はEUがあまり開かなかった。
⑥総交信数は1200超です。
⑦電源の関係でPCが使用できない。ノートに記入している。
 
以上でした。
 
一日延びました。今日の昼間にでられるかは聞き損いましたが、この朝にレポートが上がっていないので、恐らく0700UTCからでしょう。できるだけ遠くのEU/NAへのサービスを考慮されていると思います。
 

OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island (2017 Mar 28) 終了?

2017年3月23日に始まりましたOC-123 A35JP/Pの運用の3月28日のクラスターレポートです。おそらく最終運用です。

 
Callsigns     YY/MM/DD UTC     FREQ   Remarks                         Reporter
===============================================================================
A35JP/P       17/03/27 0854Z  14025.0 only 539 QSB on 3 el            RL8C      
A35JP/P       17/03/27 0830Z  14025.0 up 2                            JH0IEY-# 
A35JP/P       17/03/27 0816Z  14025.0 tnx qso  up 2 7                 OK1XC    
A35JP/P       17/03/27 0816Z  14025.0 tnx qso, up 2,7                 OK1XC    
A35JP/P       17/03/27 0802Z  14025.0 OC-123                          CT1DKS   
A35JP/P       17/03/27 0730Z  14025.0 QSX 14028.00 OC-123 CW          LY5W      
A35JP/P       17/03/27 0715Z  14025.0 UP2                             RV0CG    
A35JP/P       17/03/27 0701Z  14025.0 cq OC-123 UP                    JA8COE   
A35JP/P       17/03/27 0700Z  14025.0                                 JH1CZL-# 
A35JP/P       17/03/27 0659Z  14025.0 Heard in NV                     W3LPL    
A35JP/P       17/03/27 0658Z  14025.0 cq oc-123                       JA8COE 
 
ほぼ予定通り0700UTCに14025でオンジエアを開始され、しばらくしてup2にかわりました。残念ながら私のアパマンアンテナでは339+QRNで呼ぶに至らずという感じでした。
 
信号は上がらず、運用も途切れ途切れの様相でした。どうも電源供給がうまくいっていない感じを受けました。OC-123を翌日に出向するためにぎりぎりまで運用されたと思います。
 
4回目の電話で変更がある場合、5回目の電話を入れるということでしたが、電話はありませんでしたので、本日OC-123を出立し、OC-191へは寄らずOC-049へ直帰されたと判断します。
 
インドネシアのIOTAチェイシングで経験しましたが、行き先の島でFacebookを通してやりとりする方法を体験しました。今回はOC-123と直接に普通電話で一方通行で直接情報交換をする体験をしました。日本とトンガの国際電話料金をしらべましたが、いろいろありました。
 
Tonga_telephone_feeこの様な料金表を見つけましたが、どの電話会社を通すか等、金額の違いはあります。しかし、1分間で80円から300円。一般的に150円/分くらいのようです。田村さんからは4回電話をいただきましたが、トータルで1000円から2000円でしょう。
 
OC-123 Niuafo'ou Islandは南海の孤島と思っていましたが、海外の協力により、電話が通じています。インターネット環境もまもなく利用できる体制になるでしょう。
 
南の島へのIOTAペディションにおいて、本国に情報受信者兼PR担当を設けておき、毎日電話連絡をして、ウエブで運用情報を流す方法をとると良いと思いました。
 
今回の電話の質ですが、会話に時差がありました。慣れないと会話しづらい感じを受けました。無線のPhoneで話すように一方がしゃべって、どうぞ。他方がしゃべって、どうぞという会話方法が良いと思いました。
 
こんなことを一生懸命にやっているとXYLから「電話で簡単につながるところと、なぜ必死に無線で繋ごうとしているか、訳わからない」と言われてしまいました。(笑い)
 
田村さんとは約2年ほど定期的にメール交換をさせていただきました。ひとつひとつのメールが財産です。無事の帰還を祈ります。戻られましたら、電話の件など詳しく教えていただくつもりです。
 
単なるレポート交換だけの無線ではありません。いかに技術が進み時代が変わろうとも、そこには多くの情報の交流による面白さの追求というロマンがあると、XYLへお話ししました。

2017年3月27日 (月)

AS-071 R71RRC Arakamchechen Island info(2017 Mar 27)

OC-123 A35JP/Pがまだ終わっていませんが、表題のAS-071 R71RRCの開始予定の4月7日まで10日後となりました。先日、氷の厚さが現地に入る方法に大きく影響することが分かりました。日本からは可能な限り暑いほうが行き易い、渡り易いという発想ですが今回はより寒い方が海の上に張った氷の厚さで到達する日にちが変わるようです。帰路の日程にも影響します。

 
彼らのウエブの中に天気予報が掲載してありましたので天気状況を調べました。
As071_wx 
初期画面をクリックするとこの画面がでてきます。
As071_wx_1①右上の翻訳ボタンを押下すると可能な限り日本語に変わります。②2週間を押下すると2週間予報がでてきます。
 
天気がとても良いですね。しかも最高気温と最低気温があまり上がっていません。自然界では予報はあくまでも予測ですが、4月7日から9日までは「天気は晴れで気温は上がらず」の状態であることが分かります。
 
さて、最も肝心の画面左上の「Yanrakynnot」はAS-071 Arakamchechen Islandまでどのくらい離れているのかを見極めなければ正確性に欠けます。Googlemap russiaにこの地名を放り込みました。
 As071_wx_2
Yanrakynnotはロシア本土の海側に位置し、Arakamchechen Islandの真向かいにありました。距離は10kmです。天気予報はかなりの精度であることが分かります。
 
Airportがあるプロビデニアからぐるっと海側の平坦地では82kmです。飛行機の到着が4月7日、宿泊する場合とすぐに旅立ちする場合でかわりますが、早ければ4月9日(日)頃からオンジエアできるでしょう。
 
UA3AKO Victorさんに質問したいですが、現地についての判断となるでしょう。ウエブにタイムリーに書き込まれると思います。特に帰りの天候も重要ですので詳しく対応する必要があると思います。
 
 
なお、ドネーション送金済みの方はOQRSでの送金は不要です。自動的にQSLカードを発行してくれます。

OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island (2017 Mar 27) LAST DAY

2017年3月26日(日)は朝から夜まで発電機とバッテリーの不調をなんとかカバーし、長時間の運用を実行され安心しました。

 
A35JP/P       17/03/26 0734Z  14025.0 up - 2                          DJ5VB    
A35JP/P       17/03/26 0708Z  14025.0 UP EU*OC-123*thx for atno&iota  F4HAU    
A35JP/P       17/03/26 0703Z  14025.0 up2.9 - OC-123 Niuafo'ou isl.   PA1MR    
A35JP/P       17/03/26 0641Z  14025.0 up 2.7                          HB9ICC   
A35JP/P       17/03/26 0638Z  14025.0 QSX 14027.0  UP 2.00            F4FQY    
A35JP/P       17/03/26 0630Z  14025.0                                 R3RT      
A35JP/P       17/03/26 0625Z  14025.0 up 2                            JA0DIN-# 
A35JP/P       17/03/26 0556Z  14025.0 up                              OH7MP    
A35JP/P       17/03/26 0550Z  14025.0 tnx QSO                         OH7MP    
A35JP/P       17/03/26 0525Z  21005.0                                 JA8RJE   
A35JP/P       17/03/26 0301Z  21005.0 UP2                             DS4DRE   
A35JP/P       17/03/26 0258Z  21005.0 Slippery fingers. 21005         NM7G      
A35JP/P       17/03/26 0248Z  21005.0 UP2                             JA0LFV   
A35JP/P       17/03/26 0035Z  21005.0 up 2                            JA0DIN-# 
A35JP         17/03/26 0031Z  21005.0 Heard in AZ                     W3LPL    
A35JP/P       17/03/25 2323Z  21005.1 up 1                            W5GZ      
A35JP/P       17/03/25 2321Z  21005.1 QSX 21007.02 OC123              WD8PKF   
A35JP/P       17/03/25 2321Z  21005.0 QSX 21007.02 OC123              WD8PKF   
A35JP/P       17/03/25 2311Z  21005.1 IOTA OC-123 rare                AD1C      
A35JP/P       17/03/25 2311Z  21005.0 IOTA OC-123 rare                AD1C      
A35JP/P       17/03/25 2310Z  21005.0 Heard in NV                     W3LPL    
A35JP/P       17/03/25 2217Z  18071.0 UP TNX OP JA0RQV                JJ0NSL-# 
A35JP/P       17/03/25 2207Z  18071.0 QSX 18073.06  OC123             AA1QD    
A35JP/P       17/03/25 2205Z  18071.0 Heard in PA and KS              W3LPL    
A35JP/P       17/03/25 2154Z  18071.0 Rare OC-123 up 2                W4DKS    
A35JP/P       17/03/25 2143Z  18071.0 Masa-san is back!               N6TQ      
A35JP/P       17/03/25 2140Z  18071.0 up 2                            JA0DIN-# 
A35JP/P       17/03/25 2116Z  18071.0 TNX! Weak but workable in PA    K3MSB-#   
A35JP/P       17/03/25 2115Z  18071.0 IOTA OC-123 Rare!               K0AP      
A35JP/P       17/03/25 2106Z  18071.0                                 NE8Z      
A35JP/P       17/03/25 2105Z  18071.0 Heard in CO                     W3LPL    
A35JP/P       17/03/25 2032Z  21007.0 Niaufo'ou Isl OC-123            K6EE-#   
A35JP/P       17/03/25 2026Z  21007.0 UP 2                            K4AWM    
A35JP/P       17/03/25 2022Z  21007.0 cq                              K6EE-#   
A35JP/P       17/03/25 2021Z  21007.0 Heard in WA                     W3LPL    
A35JP/P       17/03/25 1953Z  21005.0 Heard in AZ                     W3LPL    
A35JP/P       17/03/25 1711Z   3503.0                                 ZL2IFB
 
80mの運用は怪しいです。NA方面、東海岸のレポートも多く、安心しました。50ワットくらいにパワーダウンされての運用ですから素晴らしい成果と思います。私も風呂、飯、トイレ、野暮用以外は朝からほとんどワッチをしておりました。
 
JAの友人からどのような状態で入感しているという情報はたいへんありがたいと思いました。逆に私のアパマンアンテナがいかにショボイかもわかります。アパマンアンテナのJA局3局が見事に交信されました。さすが3局のテクニックと思いました。
 
今回のクラスターレポートの大きな特徴は「島名のNiuafo'ou Islandを書く局が少ない」でした。覚えずらい島名といえますが、トンガは王国として欧米の影響を受けずに現地語を尊重して使用しているためと聞いたことがあります。K0AP Draganさんのレポートもあり、安心しますね。
 
昨日に田村さんより4回目のお電話をいただきましたが、基本的に本日27日が最終日になるそうです。0700UTCの少し前から2000UTCくらいまででしょう。最終日で少し遅くまで頑張られるかもしれません。28日は朝から片付けです。OC-191へは寄港せず、OC-049へ直帰です。変更が発生する場合は5回目の電話があると思います。
 
ログサーチはOC-049またはJAに戻られてからになります。
 
【追記】
上記のレポート群の中に少し怪しいレポートがあります。この辺りは昔からCWのPirateが出てくることで有名な地域でした。80mは最初からでる予定はありませんし、0630-1200UTC以外の交信はPirateの可能性もありますのでご注意ください。(ただし25日遅くと26日は除く)

2017年3月26日 (日)

After RT9K/9 Message on QRZ.com

RT9K/9(IOTA AS-054,AS-121,AS-104,AS-068)がAS-005のみの運用に終わりましたが、本日帰着後の初めてのメッセージがQRZ.comに掲載されました。

 
The first stage of our expedition has finished. Unfortunately we were not completely lucky. 3100 km were covered on the snowmobiles. Only 700 km left to the Nordensheld Archiplelago. But it was impossible to go these last 700 by the ice situation. Sad. The plan of our expedition keeps alive. We decided to continue the expedition in the summer of 2018. the QSL card is already printed by the AS-005 activity. It can be ordered via the ClubLog.
We moved the North Asian IOTA expedition to 2108 , but continue the 2017 plan. On the September, 23th we leave for Victoria Isl. EU-190 as RI1F . Planned arrival to the island is in 3-4 days. So the activity start is about Sept, 26-27th. See you on the air guys!
 
たいへん残念ですが、あと700kmを残して引き返したことを悲しんでいます。2018年夏に実行することを決定したようです。ドナーの皆さんにはドネーションを繰り越すということでご理解いただければ幸いです。AS-005のQSLカードはOQRSでリクエストしてくださいとあります。
 
また、新たに企画された本年9月23日からのEU-190P Victoria Island RI1Fに力を注ぎたいようです。
 
来年の3月くらいには恐らく新しいプランが発表されるでしょう。AS-005 Dickson Islandの向かいにあるDicksonへ集結して、そこからスノーモービルで向かうという方法にするでしょう。
As005_front
AS-005 Dickson Island QSL card Front
 
As005_backBackです。
 
なお、OQRSの画面はRT9K/9のQRZ.comのBiographyの中段の5番目にあります。テキストフィールドから申し込んでください。
 
Log to search: RT9K/9/AS-005
764 QSOs logged between 2017-03-07 13:18Z and 2017-03-09 09:06Z
 
私もドナーの皆様への転送料を保管しておりますので、UA9KDFとしっかり連絡を取り合うつもりです。1年4か月ほどですが、お待ちください。

OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island (2017 Mar 26) 4回目の電話

2017年3月26日午前11時10分に自宅の電話が3回なりましたが、トンガからの電話とわかりましたが、うまくつながりませんでした。11時14分に携帯電話にかかり4回目のお話しができました。(11時14分から19分まで)要点は次の通りです。

 
①持参した発電機が不調のため、リグ100ワットの出力を50ワットに落として運用している。
②バッテリを充電して発電機のサポートとして使用するがへたっているようで下がり気味。
 使い分けて運用していますとのことです。
③OC-123からの撤収は28日火曜日朝とのこと。そのため、27日(月)の夜までの運用となります。若干28日の可能性も残っているそうです。
④OC-191の件は聞けませんでしたが、行く可能性は無いように感じました。
⑤変更があれば5回目の電話をいれるとのことです。ブログで速報します。
 
以上、速報です。
トンガからの電話は時差があり会話にずれがありなかなか難儀します。
 
【追記】
田村さんより10MHzのみしか交信されていませんが、もっと呼んでくださいと言われました。電話後に21005 up2でCQを出されました。弱かったのですが、QSBの谷間の信号が上がったタイミングにコールバックをいただきました。1QSOのみで譲ってと書きましたがお許しください。

OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island (2017 Mar 26) 第3日まとめ

2017年3月25日の状況は次の通りでした。

 
Callsigns     YY/MM/DD UTC     FREQ   Remarks                         Reporter
=================================================================================
A35JP/P       17/03/25 2032Z  21007.0 Niaufo'ou Isl OC-123            K6EE-#   
A35JP/P       17/03/25 2026Z  21007.0 UP 2                            K4AWM    
A35JP/P       17/03/25 2022Z  21007.0 cq                              K6EE-#   
A35JP/P       17/03/25 2021Z  21007.0 Heard in WA                     W3LPL    
A35JP/P       17/03/25 1953Z  21005.0 Heard in AZ                     W3LPL    
A35JP/P       17/03/25 1711Z   3503.0                                 ZL2IFB    
A35JP/P       17/03/25 1108Z  10105.0 Tnx up 2.2                      N4TTE    
A35JP/P       17/03/25 1103Z  10105.0                                 K4BBH    
A35JP/P       17/03/25 1101Z  10105.0 up 2.2                          VK5GR    
A35JP/P       17/03/25 1048Z  10105.0 Great Op                        K3LB      
A35JP/P       17/03/25 1046Z  10105.0 up 2.1                          NM9C      
A35JP/P       17/03/25 1040Z  10105.0 IOTA OC-123 CQ (Loud)           W4FOA    
A35JP/P       17/03/25 1040Z  10105.0 Heard in CO and AZ              W3LPL    
A35JP/P       17/03/25 1031Z   7007.0 OC-123                          K3TN      
A35JP/P       17/03/25 1027Z   7007.0 IOTA OC123                      W3UR      
A35JP/P       17/03/25 1026Z   7007.0 Heard in NV and KS              W3LPL    
A35JP/P       17/03/25 0952Z  14002.0 up2                             RK0SA    
A35JP/P       17/03/25 0938Z  14002.0 UP TNX QSO 73'                  I3VBM    
A35JP/P       17/03/25 0937Z  14002.0 up-2                            JA2FGE   
A35JP/P       17/03/25 0933Z  14002.0 tnx QSO up 2.5                  UA9CGL   
A35JP/P       17/03/25 0930Z  14002.0 QSX 14004  OC123                LB8DC    
A35JP/P       17/03/25 0822Z  14004.5 very good ears                  IZ2AMW   
A35JP/P       17/03/25 0820Z  14002.0 NOW JA OK UP OC-123             JJ1KZZ-# 
A35JP/P       17/03/25 0807Z  14005.0 tnx QSO                         UA9URT   
A35JP/P       17/03/25 0806Z  14005.4                                 SM4EMO   
A35JP/P       17/03/25 0744Z  14002.0                                 9A5M      
A35JP/P       17/03/25 0742Z  14002.0 Heard in KS                     W3LPL    
A35JP/P       17/03/25 0740Z  14002.0 tnx Masa, GL!                   OK1FZM   
A35JP/P       17/03/25 0740Z  14002.0 tnx Masa  GL!                   OK1FZM   
A35JP/P       17/03/25 0735Z  14002.0 QRZ EU EU up                    JA2LMA-# 
A35JP/P       17/03/25 0731Z  14002.0 SRI CORRECT UP 2                M0BZH    
A35JP/P       17/03/25 0731Z  18070.0 IOTA OC123                      M0BZH    
A35JP/P       17/03/25 0720Z  14002.0 tnx vy 73 de Micke              HB9EBC   
A35JP/P       17/03/25 0719Z  14002.2 up OC-123 good copy bud...      DJ6OI    
A35JP/P       17/03/25 0716Z  14002.0 005.5 wrkg JA mostly            IK5ORP   
A35JP/P       17/03/25 0703Z  14002.0 up2.4 thru JA-pile              DL1AP    
A35JP/P       17/03/25 0648Z  14002.0 cq 1up                          JL8LTI-# 
A35JP/P       17/03/25 0647Z  14002.0 up2 good signal OC-123          EA3NT
 
予定の0700zより少し早めに14002からスタートされました。一昨日はEU onlyで終わった14MHzでしたが昨日はEU/JA指定なしでどちらもピックアップされていました。
 
G0JHC Neil(EUからのレポーター)からもメッセージをいただき、一昨日も昨日もEUへはLPではなく、SPで入っているとのご指摘でした。とても強い信号とスマートなオペレーションを評価されていました。100ワットonly No ampと伝えるとさらに驚いていました。
 
25日の後半戦は7/10MHzでNAを中心にサービスされました。
 
26日(日)はフルデーの運用予定です。すでに21007でNA向けにサービス開始です。
WPX SSB Contestにおいて25日夕方にA31MM中村さんが21MHzSSBで強く入っていましたので本日には18/21MHzの運用も期待できると思います。田村さんは24MHzもよく出てありましたのでコンディション次第で運用があるかもしれません。
 
27日(月)は平日運用で0700UTCからの運用予定です。
28日と29日はOC-123から出てくるのではないかと思われますが、正式に確認できていません。31日(金)夕方にOC-049に帰港予定のスケジュールです。
 
【追記】
OC-123 A35JP/Pへ昨年9月に計画されたときのドナーへ連絡しようといろいろ調べておりましたら、次の情報を見つけました。2015年11月のOC-049 A35JPとOC-064 A35JP/Pのレポートです。アンテナの写真が参考になると思います。今回のOC-123も同じアンテナと思います。
 
 
ドナーの皆様へOC-123 A35JP/Pが出ているよと言うメールは止めることにしました。皆さん、すごいタワーとアンテナの局ばかりで、私のようなアパマンハムからお知らせすることを控えました。(笑い)

2017年3月25日 (土)

JAからのロシアIOTAペディション支援がすごいです

RT9K/9は目的のAS-054 AS-121 AS-104 AS-068を延期してAS-005のみの運用で引き上げましたがその後に再計画する旨を発表しています。4月にはAS-071 R71RRC、7月にはAS-069 RI0CちAS-022 RI0LIとAS-070 RA70AAと続きます。すべてRussian Robinson Clubの主宰です。

 
本日現在のドネーション支援状況を調べてみました。一般的に本国ロシアのドナーとJAのドナー数を比較してみました。
 
①RT9K/9               Russia 17 vs Japan 53
②AS-071 R71RRC  Russia 23 vs Japan 25
③AS-069 RI0C       Russia 38 vs Japan 23
④AS-022 RI0LI       Russia 11 vs Japan 5
と、いうドナーの数です。
 
ドネーションは二つの効果があります。現在のペディションへの資金支援と次回ペディション実行の計画です。JAの支援はかなり高い水準であることがわかります。YB-IOTAの時もこのようにしてYB-IOTA祭りに育っていきました。ロシアIOTA祭りにもかなり火が付き始めましたことは間違いないと言えるでしょう。

NA-041 Alexander Archipelago とのSked参加を募集します

2017年3月8日から20日までNA-041 Prince of Wales IslandよりKL7/VE7ACNにてMikeがサービスしてくれました。2015年夏にIOTA-KL7 Wanted Listを作成しまし、2015年、2016年と更新し2017年版のリストでは56名のデータ協力をいただいております。

 
その中でNA-041の未交信は12名でしたが、今回のKL7/VE7ACNにより10名がQSO済みで終わりました。直後にKL7NCとKL3Aの2局をご紹介いただきました。すぐに調べましたところ両局ともに過去のActivationリストには入っておらず特にKL3AはQRZ.comに4エレ八木の写真を掲載してありました。しかもCWが好きとのことでした。
 
残念ながらメールアドレスが不明でありました。Google検索等で探し出してはSked依頼のメールを送りましたがエラー続きでしたが一作軸に送りましたメールは無事に届いたようでした。この朝にKL3A Craigよりメールがもどり、現在旅行中で4月1日に戻るとのこと。Skedも協力する旨が書かれてありました。
 
私もNA-041は2003年10月にKL7XLとスケジュールを組んで一発で交信完了しました。しかもQSLカードはダイレクトで先方から送ってくださいました。NA-041の固定局でしたがその後アメリカ本土にQSYされました。
 
Na041NA-041はカナダのバンクーバー島の北西部に続いて位置しています。42もの島がNA-041として存在します。大きな町や大学まであります。個定局も多いのですが、IOTAの意識が低かったり、アンテナが寒冷地の厳しさのために大型アンテナを上げても冬期に降ろしてそのままにしているケースなどがありました。
 
IOTA-KL7 Wanted Listご協力局の中で未交信は数名になってしまいましたので、それ以外でNA-041との交信を希望される局がおられましたならばどうぞSkedにご参加をお申し出ください。新しくIOTAを始められる方も歓迎です。

OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island (2017 Mar 25) 第2日まとめ

2017年3月24日のOC-123 A35JP/Pのクラスターデータは次の通りです。

 
   YY/MM/DD UTC     FREQ   Remarks                         Reporter
=================================================================================
A35JP/P       17/03/24 1133Z   7002.0 QRT? CW                         BG3UPA   
A35JP/P       17/03/24 1115Z   7002.1                                 K8PX      
A35JP/P       17/03/24 1102Z   7002.0 IOTA OC-123 Loud now UP 2-3     W4FOA    
A35JP/P       17/03/24 1057Z   7002.0 CQ up 1 FB sig TU               K2KA      
A35JP/P       17/03/24 1054Z   7002.0 OC-123 up 1                     K4KKL    
A35JP/P       17/03/24 1053Z   7002.0 up Fb sig                       JG3KCX-# 
A35JP/P       17/03/24 1046Z   7002.0 Heard in WA                     W3LPL    
A35JP         17/03/24 1041Z   7002.0 Heard in CA and UT              W3LPL    
A35JP/P       17/03/24 1040Z   7004.0 Heard in AZ and VA              W3LPL    
A35JP/P       17/03/24 1014Z  10102.0 IOTA OC-123 UP2 (Gd sig)        W4FOA    
A35JP/P       17/03/24 1003Z  10102.0 IOTA OC123 UP2-3                JJ4KIH-9 
A35JP/P       17/03/24 0953Z  10102.0 IOTA OC123 UP2-3                JJ4KIH   
A35JP/P       17/03/24 0959Z  10102.0 IOTA OC-123 Niuafo'ou Island u  JN6RZM   
A35JP/P       17/03/24 0958Z  10102.0 up 2.1                          NS9I      
A35JP/P       17/03/24 0944Z  10102.0 up2 OC-123                      EA8TL    
A35JP/P       17/03/24 0940Z  10102.0 Heard in PA and AZ              W3LPL    
A35JP/P       17/03/24 0931Z  14010.0 QSY to hre                      JA0DIN-# 
A35JP/P       17/03/24 0913Z  14180.0 OC-123                          JE3AGN-# 
A35JP/P       17/03/24 0913Z  14180.0                                 JA0DIN-# 
A35JP/P       17/03/24 0842Z  14002.0 NIIILLLLLL                      RY6A      
A35JP/P       17/03/24 0842Z  14002.0 rare island OC-123              SP8AWL   
A35JP/P       17/03/24 0825Z  14002.0 tu new band                     OZ6CM    
A35JP/P       17/03/24 0809Z  14002.0 up3....                         SP1IKK   
A35JP/P       17/03/24 0806Z  14002.0 )C-123  & UP                    SP3HLM   
A35JP/P       17/03/24 0747Z  14002.0 Heard in NV                     W3LPL    
A35JP/P       17/03/24 0734Z  14002.0 IOTA OC-123 up                  OE6IMD   
A35JP/P       17/03/24 0718Z  14002.0 up 1,3 oc-123                   IK5HHA   
A35JP/P       17/03/24 0713Z  14002.0 up 1 eu                         OE2VEL   
A35JP/P       17/03/24 0636Z  14002.0 UP, OC-123                      JH4DYP-# 
A35JP/P       17/03/24 0629Z  14002.0 Heard in NV                     W3LPL    
A35JP/P       17/03/24 0625Z  10110.0 up 2 oc-123                     ZL4TT    
A35JP/P       17/03/24 0624Z  10000.0 tnx QSO                         R7HL      
A35JP/P       17/03/24 0623Z  10110.0 up now                          VK3BY    
A35JP/P       17/03/24 0622Z  10110.0 TNX!                            R8DX      
A35JP/P       17/03/24 0622Z  10110.0 tnx QSO                         RA6BX    
A35JP/P       17/03/24 0617Z  10110.0 599 plus, tnx qso               VK4FW    
A35JP/P       17/03/24 0614Z  10110.0 Tnx..Booming                    IZ7DJS   
A35JP/P       17/03/24 0612Z  10110.0 Heard in CA and WA              W3LPL 
 
田村さんは0700UTCからと言われていましたが、夕食が早く終わられたものと思います。個人的に4回目の電話はありませんでした。なお、食事は自炊でたいへんです。
25日(土)も0700UTCからの予定と聞いていますが、昨日の様に少し早めに出てこられる可能性は十分にあります。
 
26日(日)はAll Dayです。今晩は少し遅めまで、日曜日の朝は早めのQRVで周波数もバラエティにサービスされるものと予想できます。
 
昨日のJA0DINさんは地元のご友人と思われます。14002はEU onlyで終わりました。OE6IMDとのQSOがポイントでした。律儀な方でドナーを大切にされています。2015年11月のOC-064運用時は7023/14005/14021/21007/24902を使用されていました。
 
バンドの上の方です。10105は私のリクエストです。昨晩の10102は西日本に強く、東日本は弱かったようです。しっかりクラスターデータを追えばQSY時にチャンスが到来しそうです。
 
この朝にG0JHC Neilより08z台にできたとメッセージが入っていました。LPでEU全般に届いていたようです。
 
なお、28日(火)以降のスケジュール情報は入手できていません。
 
【追記】
3月25日は、
A35JP/P       17/03/25 1108Z  10105.0 Tnx up 2.2     N4TTE がラストレポートでした。
 
現地時間の夜中の1時過ぎでした。
明日26日は現地も日曜日でフルデーのサービスをされます。朝はおそらく早くからサービスされる可能性が高いと思います。未交信の方は早起きされる価値があると思います。

2017年3月24日 (金)

OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island (2017 Mar 24) 第1日まとめ

2017年3月23日 日本時間15時45分頃からOC-123 A35JP/Pはオンジエアを開始しました。2015年11月のOC-064 A35JP/Pのときにお声掛けして田村さんと親しくお付き合いをさせていただくことになりました。今回もお話を続ける中で当ブログを介してアナウンス役を仰せつかりました。

昨日は島に到着との第一回のお電話を1344JSTにいただき、ウォーキングから戻った直後の1545JSTに2回目のお電話があり、10105と14170、14005でテストをしました。18MHzも進められましたが、しませんでした。その後、パイルの中を運よく1643JSTに10105のup3で交信できました。
 
島に着いて、歓迎会後のために1時間程度でQRTされると言われていました。1718JSTにQRTされました。10105のup1-3で1時間10分程度でした。JA国内がかなり強く入っていました。1630JSTくらいにはすごいパイルとなり一部潰しあいの状態がありました。
 
多くがJAとの交信でした。一部R0、VKというコールバックを確認しました。
 
1813JSTに入浴直前に3回目のお電話をいただき、「JN6RZMログイン」のご報告でした。発電機の調子が悪く、バッテリーでの運用でした。以後もそうなるかは不明です。ソーラーパネルからのノイズがあり時々受信できない場合があるそうです。
 
以上、第一日のまとめです。
 
24日(金)、25日(土)はお仕事のために0700UTCからの運用で、金曜日は1100UTCくらいまで、土曜日は翌日がお休みのために夜遅く(JST+4時間)されると思われます。26日(日)は前日の土曜日遅くに何時までされるか不明ですが、早朝から夜遅くまででられます。
 
27日(月)もお仕事で、0700UTCからになると思います。主に7/10/14MHzがMainの運用となり、日曜日の昼間に14/18/21MHzに上がってこられるのではないかと予想します。
 
4回目の電話があれば、28-29日のOC-191の寄港と運用を確認したいと思います。OC-191へ上陸させる荷物が届いていなければOC-191はキャンセルとなり、28-29日もOC-123に滞在する可能性も残っています。
 
第一日目の感想として、JAからは10MHzのダイポールを上げれば日曜、月曜の終盤の夕方には簡単に交信可能と感じました。パイルも少なくなると思います。0800UTCには599++で受信できていました。
 
なお、Club LogのログサーチにヒットするA35JP/Pは2015年11月のOC-064の分です。OC-049或いは日本に戻ってからのuploadになります。
 
どうぞ、すでに交信終了されました局は努めて1QSOで収めていただき、諸外国を含む未交信局へ時間と周波数を譲ってくださいますようにお願いいたします。
 

2017年3月23日 (木)

OC-123 A35JP/P Niuafo'ou Island (2017 Mar 23) 無事到着

2017年3月23日の日本時間13時44分に田村さんよりOC-123 Niuafo'ou Islandに無事に到着したと衛星電話を介して私の自宅電話に連絡をいただきました。外出から戻って10分後のことです。今から島の歓迎会に参加されます。

 
電話回線も近くの電話局のインバーターノイズがあるとのことでサービスに影響しそうと言われていました。リグ設置場所とは異なる場所からの電話でした。
 
日本時間本日16時(現地時間20時)過ぎからオンジエアしたいとのことです。
 
Oc123_map_mar_17昨日Google Earthからコピーしたマップです。東側のFutuという村(黄色円)が港になっています。そこから北側にあるSapa ataという村に道を確認できます。(赤い線)
Sapa ata村の北側には滑走路があります。南側には学校もありますのでここが中心地と思われます。ここからお電話をいただいたと思えます。
 
他のマップを調べますと島の湖を巻くように道が一周していますが、Googleマップでは赤い線の部分だけでした。
 
公共建物には電気が通じているようです。田村さんは発電機、ガソリン、飲料水、食品などなどすべてを運びこまれています。いよいよサービス開始です。
 
【追記】
日本時間の15時45分にOC-123から2回目のお電話がありました。リグのすぐ横から出てこられました。10105と14005でテストをしてくださいましたが無感状態でした。14005をワッチしたまま別の作業をしていまして一段落ついたので、10105を聞くとパイルになっていました。なんとかQRXしてくださって私の信号を拾い上げでいただけました。
 
今日は1時間ほどしか運用できないと言われていました。明日から10105等に毎晩でてこられると思います。
 
なお、ネットは使えそうにないと言われていました。運用中のログサーチなどはできないと思います。
 
【追追記】
3月23日の18時13分に3回目の電話を田村さんからいただきました。無事にJN6RZMをログインしたとのお電話をいただきました。パイルに被されたためにQRXを数回打ってくださり拾い上げて何とか0723UTCに完了しましたが、その後も物凄いパイルになってしまいました。
 
OC-049で購入した発電機の調子が不安定でバッテリーを使用して運用しているそうです。さらにソーラーパネルのノイズが発生しているために受信が不安定になるそうです。島に滞在される間にも調整できるか不明です。
 
3月24日(金)、25日(土)と27日(月)は0700UTC以降の運用となり、26日(日)のみFull Dayの運用です。恐らくOC-191は寄港せず、OC-123運用が29日(水)まで延びる可能性があります。残念ですが、風呂に入りがけの電話で聞き損いました。
 
最初のテスト運用で18MHzへQSYと言われましたが、私のアンテナが18MHzは調子が今一つのため、14/10MHzのみとなりましたが、7/10/14/18或いは21MHzでのQRVとなるでしょう。WPX SSB Contestと重なりますのでほとんどCW運用になります。
 
最後は家内が電話を受けてくれましたが、トンガ王国の王様からの電話と言ったらびっくりしていました。もちろん王様はジョークです。一日に3回もお電話をいただき恐縮しています。時代は変わったものです。(Tnx Tamura-san)
 
2007年3月にOC-123 A33Aをミスってしまいましたがちょうど10年後に無事ログインできました。皆様へのお願いですが、可能な限り1QSOで留めていただき、諸外国にも交信したい局がたくさんいますので、どうぞそちらへ回してくださいますようお願いいたします。

«UA4WHXのQSLカードリスト