World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2017年5月27日 (土)

SA-033/SA-034 HD2RRC交信のご参考 その3

2017年5月27日、日本時間午前8時過ぎのHD2RRCのクラスターレポートは次の通りです。

 
Callsigns     YY/MM/DD UTC     FREQ   Remarks                         Reporter
=================================================================================
HD2RRC        17/05/26 1416Z  14000.0 Oggi !                          SM5BFJ   
HD2RRC        17/05/26 1326Z  10108.5 When SA-033 ?                   I1YDT    
HD2RRC        17/05/26 1053Z  10108.5                                 K4RO      
HD2RRC        17/05/26 1038Z  10108.5 SA034                           HS0ZIV   
HD2RRC        17/05/26 1019Z  10108.5 SA-033                          HL2WA    
HD2RRC        17/05/26 0931Z  10108.5 SIMPLEX TU                      K1MAA    
HD2RRC        17/05/26 0925Z  10108.0 strong in MI                    W8YV      
HD2RRC        17/05/26 0854Z  10108.5 via RZ3FW SA-034                DL2JIM   
HD2RRC        17/05/26 0849Z  10108.6                                 JH1CZL-# 
HD2RRC        17/05/26 0644Z  14018.0 SA034                           UX1UA    
 
最新の10県ですが、上二つは交信レポートではなく、問い合わせ書き込みと思われます。
ならば、1053zが最終となります。1953JSTですから昨日の午後8時にQRTしたことになります。現地時間は14時間遅れですので、現地時間は5月26日午前6時です。
 
アンテナ撤収などを勘案するとすでにSA-034 Puna Islandを出発してSA-033 Salango Islandへ向かっていることが分かります。間もなく、SA-033 HD2RRC/4でオンジエアを開始するでしょう。今日からのWPX CW Contestが重なりますので、10MHzCWと14MHzSSBが中心になるでしょう。
 
コンテストが終了した月曜日朝からは14MHzCWと7MHzCWが中心になると思います。
 
【追記】
IOTA-chasers ForumにSA-033 HD2RRC/4はどうなった? との質問に応えたW4FOAのコメントを転記します。
 
I spoke with the RW4 op this morning and asked about 80 meters. He said no 80 and that "tonight" is the last night on Puna. I took it to mean that last night was the last night before they moved on to the next island.
He said they were working only 40 meters and up.
73
Tony W4FOA
 
DXCC 80mのニーズに対する回答のようです。SA-034 Puna Islandでは40mバンド以上での運用ですと答えています。IOTAペディションに80m運用のリクエストがあるようです。コンテスト中は7SSB、10CW、14SSBが中心になるでしょう。

AN-017 FT3YL QRV

昨晩11時過ぎにIOTA-chasers Forumに次の書き込みがありました。
 
[IOTA-chasers] FT3YL AN-017 QRV
 
FT3YL is now active on 20m JT65 (approx. 14.076 MHz) from IOTA AN-017.  Check his sunset time (approx. 04:30 Z), since he seems to be on the air at that time, and check his qrz.com page for details. 
 
73, Rob KD7H
 
アメリカ ワシントン州の親日家のKD7H Robさんからの書き込みです。JT65でAN-017が動いているとの報告です。さっそくその存在を下記URLで調べてみました。
 
 
Show logbookを確認すると20mのみの運用のようです。
 
IOTAとして調べますと、AN-017 Group Name: Adelie Land groupで、20.5%のクレジット率です。Past Activationは、.
FB8YC、FB8YD、FB8YE、FB8YF、FB8YH、FB8YI、FB8YJ、FB8YK、FB8YY、FT4YD、FT5YB、FT5YE、FT5YF、FT5YG、FT5YI、FT8YA
 
FB8のプリフィックスからFT5に変ってからも出ているようです。いよいよJT65利用の時代到来を強く感じます。
 
位置はオーストラリアのタスマニア島のほぼ真南です。
 
【追記】
425DXnewsからの情報です。2018年2月までの滞在予定です。
 
till  Feb   2018 FT3YL: Dumont d'Urville Station (AN-017), Antarctica  1347
 
FT_ant - Francois, F4HLT is now  active as FT3YL  from the  Dumont d'Urville
         Station on  Petrels Island (AN-017), Antarctica [425DXN 1337].  For
         the time being he operates JT65 on 20, 15 and 10 metres; he expects
         to work  PSK31  and  SSB  later on.  His licence  is valid  until 1
         February 2018. He is QRV in his spare time, mainly between 9 and 11
         UTC. QSL via F6KPQ, Club Log's OQRS and LoTW. [TNX F5NQL]

2017年5月26日 (金)

K3EST Bobさんとのお付き合い(2017 May 26)

JARLが発行するJCC完全制覇のWACAまであと24市残りというK3EST Bobさんの支援を開始しましたが、Workedレベルで8つ減って残り16市となりました。今週はこの16市を私流に調べつくしてSked依頼のメールを送らせていただきました。

 
今日の午後にBobさんと調整が済みまして、明日5月27日に3局とSkedを行うことになりました。愛知県愛西市在住局と岐阜県本巣市在住局2局とJH2RMU村山さんからご紹介いただきました三重県四日市在住局です。この局は明日は自宅からチャレンジされ成功を確認して三重県いなべ市へ移動運用を実施していただくこととなりました。
 
①5月27日午前8時14045、②5月27日午前10時14045、③5月27日午後7時7007の3回Skedを実施します。ご協力をいただいた局ならびにこれからご協力をいただく局へすべて聞いていただけるようにご案内しました。
 
いままでのIOTAの固定局探しやペディション局の動向調べなどのスキルを利用し、JCCの局探しをしています。JAの現状を垣間見るように調べては依頼文を送り、断られても負けずに次を探し、素晴らしい出会いを見つけたり多くの体験をさせていただいています。
 
現時点で目途が立たない市は①鹿児島県西之表市、②岐阜県下呂市、③滋賀県湖南市、④兵庫県南あわじ市の4つまでに進捗しました。
 
明朝のSkedはBobさんは1回目ですべて終わらせると豪語されていました。それなりの設備ですからね。楽しみです。皆さんもお手すきでしたらぜひワッチなさってみてください。レベルが違いすぎますが、IOTAを通しての交流がK3ESTのWACA取得支援に進展しました。ますます交流を深めたいと思います。
 
【追記】
この朝にK3EST Bobさんより「2番目は無し」との連絡がきました。②5月27日午前10時14045はキャンセルです。よろしくお願いします。

SA-033/SA-034 HD2RRC交信のご参考 その2

2017年5月26日(金)の日本時間午前5時現在でのSA-034 HD2RRC Puna Islandの状況報告です。この時点でまだSA-034に滞在しているようです。日本時間と現地は+14時間です。おそらく、あと12時間以内にSA-034を終了し、SA-033 Salango Islandへ向かうと期待しています。

 
その理由は27日からの週末を迎えるためです。ここ数日のクラスターデータを見ますと、7CW、10CW、14CWがメインで大半です。14SSBの14265が数時間あるのみの運用です。Salango Islandは人を寄せ付けないような台形の切り立った島ですが、唯一の砂浜があります。次を再確認してください。
 
早くて日本時間の26日夜、遅くても27日朝には出てくるでしょう。一昨晩は夕方からの10MHzCWにて多くのJAが交信していましたが昨晩はちょいと出でした。28日(日)の夕方にJAサービスの可能性が高いと予測しています。
 
 
皆様のところに強い信号が入りますように。南米本土側から見た島の写真です。
手前の白い部分にキャンプを張ると思います。アンテナは山の上に立てると予想しています。
 
【追記】
SA-034 HD2RRC Puna Island 10MHzでJAにも届いています。SA-033と間違ったレポートもありますが、昨日から継続してオンジエアしていますので5月26日1800JST時点ではまだSA-034です。SA-033の場合は/4が末尾に付けられます。向こうは午前4時になりますので数時間後にQRTしてSA-033へ向かうものと思われます。

2017年5月25日 (木)

SA-033/SA-034 HD2RRC交信のご参考

良いアンテナをお持ちの場合はあまり関係のない記事になるかもしれません。2009年4月に次のような失敗をしてしまいましたのでご紹介いたします。

 
現在でも親しく情報交換を続けさせていただいておりますHA1AG Zoliさんが2009年4月10-13日にペルーへ行って、SA-098 4T6I Isla Leonaにて運用するとの連絡がきました。Zoliさんもぜひ1IOTAをプレゼントしたいと言ってこられましたので30mCWなら確実に交信できるとお願いしました。
 
最終的なスケジュールは、2009年4月10-11日 SA-098からQRV、4月12-13日 Mainlandと発表がありました。結果はこのURLの通りとなりました。
 
最初はSA-098から30mで強力な信号を送り込んできました。しかしながら、見事に交信に至らず。DXCC上では30mのペルーはとても珍しく猛パイルとなってしまいました。次の南米本土からの30mCWはコールする局が減って交信できました。なんと、逆に運用すべきでした。
 
今回のHD2RRCの運用は昨年実施されましたSA-034 HC2GRC/P Puna Islandから先に運用されました。RZ3FW YanさんかHC2AO Alexyさんが上記のSA-098 4T6Iの件を知っていたのか否かはわかりませんが、SA-034から開始したことはIOTAのアパマンハムにはありがたいことになります。
 
DXCC上のニーズを先に満たして次に本丸のIOTA SA-033を行っていただくと言うことになります。ちなみにSA-034は24.6%、SA-033は18.8%のクレジット率です。
 
昨晩5月24日の30mは予想通り1815JSTから1945JSTの連続運用と強力な信号で多くのJAへサービスされていました。私の信号も1905JSTに拾い上げてくれました。週末にかけてSA-033 HD2RRC/4をぜひとも交信したいところです。ご参考ください。

2017年5月24日 (水)

OC-098 E51LYC Pukapuka Atoll (24 May 2017) Club Log uploaded

5月24日(水)にラロトンガに到着し、E51LYCがいきなりログアップロードされました。

 
Log to search: E51LYC
5,612 QSOs logged between 2017-05-12 00:00Z and 2017-05-23 12:26Z
 
20mCWと30mCWにて交信に成功しましたが、30mCWのみヒットしました。OQRSは5USDになっていました。6000を超えるQSO数と発表されていましたが、5,612 QSOsになりました。
 
 

SA-034 HD2RRC Puna Island Start

SA-033 HD2RRC/4 Salango IslandとSA-034 HD2RRC/P Puna Islandを5月21-30日の予定でRZ3FWとHC2AOの二人でいくプランでした。SA-034 Pna Islandは昨年2016年4月にR7AAとHC2AOで実施されていました。当初はSA-033からと思われましたがSA-034からスタートです。

 
予定より1日半ほど遅れた22日21z(23日06JST)過ぎにオンジエアを開始しました。HC2AO Alexyの道案内により訪問しやすいSA-034 Puna Islandが先になったのかもしれません。さらに免許の場所がPuna Islandになったようで/Pが外れてしまいました。
 
アジアからの5月24日0230UTCまでのクラスターレポートです。
Callsigns     YY/MM/DD UTC     FREQ   Remarks                         Reporter
=================================================================================
HD2RRC        17/05/23 2149Z  14009.0 TNX QSO UP 1 CW                 BD4WN    
HD2RRC        17/05/23 2143Z  14009.0 up1                             JE1FQV-# 
HD2RRC        17/05/23 1832Z  14014.0 CQ CQ SA-034                    JH4DYP-# 
HD2RRC        17/05/23 1433Z  14040.0 CQCQ, 539                       JP1DJV-# 
HD2RRC        17/05/23 1235Z  10115.0 up1 599 nw empty                JR1WYW-# 
HD2RRC        17/05/23 1159Z  10115.0 SA-034                          JA1WPX-# 
HD2RRC        17/05/23 1120Z  10115.0 Sa-034 Puna Island              UA0CID   
HD2RRC        17/05/23 1103Z  10115.0 PSE now 20m for z17             RV9CX    
HD2RRC        17/05/23 1016Z   7008.0 UP1                             JJ1KZZ-# 
HD2RRC        17/05/23 1016Z   7008.0 UP1 TNX                         JA2ATE-# 
HD2RRC        17/05/23 0901Z   7008.0 up                              JA0EOK-# 
HD2RRC        17/05/23 0852Z   7008.0 IOTA SA-034 simplex             UA0CID   
HD2RRC        17/05/23 0848Z   7008.0 SA-034 Puna Island              JF2RDG   
HD2RRC        17/05/23 0800Z  10116.0 CQ                              UA0CID   
HD2RRC        17/05/23 0758Z  10110.0 CQ                              UA0CID   
HD2RRC        17/05/23 0503Z  10110.0 IOTA SA-034 Up1                 JF6XQJ
 
ReporterのQRZ.comにはビッグアンテナの写真がほとんど掲載されています。
 
5月21-30日のプランですので、SA-033 HD2RRC/4 Salang Islandは次の週末の26-28日がメインとなると思います。SA-034は今日くらいまでではないかと予測できます。

ここまでやりましょう K3EST BobさんのWACA取得支援

IOTA LtdのValidation Team役員になられた関係でK3EST Bobさんとのお付き合いが深まってしまいました。今年の初めまではIOTA Wanted List作成時のご協力者でした。メンテナンス時にいつも「私のJCCは後何件」といつもレポートをいただいていました。

 
遡ると今年の1月には後39件だと言われていました。
JA8のN-OMが4月中旬に待望の南米IOTAの交信にJT65で成功され、SA-008 LU1XWPがいつからClub Log Matchingが使えるかをK3EST Bobさんに問い合わせました。
 
その4月にも数回Bobさんとやり取りをしましたが出てくる言葉は「福岡県大川市が欲しい」でした。総務省の無線局検索で大川市の免許局44局を抽出し、JARL会員、jarl.com登録、QRZ.com登録並びに免許クラスを調べました。結果として連絡を貰えたのはゼロでした。
 
そんな折に熊本県山鹿市在住のJE6HCL佐治さんのHPを見つけ、山鹿市から大川市への距離を調べたりしましたが思い切って厚かましく依頼させていただきました。一発回答、即行動、しかもご本人が直接に連絡され、見事に交信にいたりました。
 
その後は大分県佐伯市在住のJE6RIJ臼井さんに豊後高田市と宮崎県日向市へ行ってくださいました。この朝にはJE6RIJのブログにK3EST Bobさんから日本語でお礼のコメントを書き込んでいただき、臼井さんとご一緒に感激、感動、そして感謝状態でした。
 
 
鹿児島県が24市のうち7市も残っていましたのでJH6QIL楠本さんへ依頼しましたところ、「なんちゃって移動隊」という名称のグループで支援していただけることになりました。なんと、数か月前にK3ESTよりメンバーのJK6SEW久保さんへ依頼があったそうです。
 
久保さんも前の週末の土曜日に伊佐市、日曜日にいちき串木野市へ移動され無事に終了されました。つぎは南九州市を準備されています。JE6HCL佐治さんも日曜日に人吉市とえびの市へご足労をいただき無事ミッション完了。こういうのは一気にやるべきですとの言葉をいただきました。
 
それに触発され、昨日、24件から16件になったBobさんの未交信市のリストをエクセルで作成し、メールアドレス抽出と依頼作業を行いました。
 
①総務省の無線局検索を使用してその市に存在する免許局を調べる。
②JARL会員、jarl.com登録の有無を調べる。
 
Bobさんが求められる「西之表」をこの方法で調べましたが22局ですくないので「中種子町」、「南種子町」を含めてみました。3市町で49局。JARL会員は9名、jarl.comも6名でしたのですぐにメール発信しました。残念ながら種子島から離れて九州や関東在住ばかり。
 
墓参りに年1回ほど車に積んで帰省するがWhipでは無理でしょうという回答もありました。実はK3ESTの信号は届きますし、交信できるんです。ハイ
 
総務省の無線局検索では時間がかかるうえ、協力的なHF運用局からのメールバックは難しいと感じましたので、
①QRZ.com検索
を実施しました。
 
QRZ.comのCallsignをテキストフィールドにエントリする前に「by Callsign」を「by Name/Addr」へ切り替えて「Nishinoomote」「tainai」や「minamiawaji」などと入れてみました。見事に数局ほどヒットしてきました。Bobさんはこの方法はご存じなかったようです。
 
7市を見つけることができましたが、うち2市の局はメールアドレスがありません。jarl.com登録有無も確認しました。残りの5市の局には即時メールを送りました。この朝までに3市から協力するとのご返事をいただきました。嬉しいですね。愛知県愛西市、高知県室戸と四万十市です。
 
新潟県胎内市は2局いましたが、1局のみでメールを送った後に免許が50MHzのみであることが分かりもう一局JA0XIRはメールアドレスが見つかりません。
 
三重県いなべ市のJA2XDJさんもメールアドレスがありません。QRZ.comでは郡ですが、郵便番号チェックでいなべ市であることが確認できました。
 
続いてJ-Clusterを利用することにしました。http://sale.qrv.jp/j-cluster/search.asp
便利ですね。この画面で市町村番号を入れるだけで過去の1000クラスターデータを抽出できることを見つけ出しました。その中で「固定局」あるいは「頻繁に移動している局」を見つけることができました。
 
西之表は中種子町在住のJA6FQT局が盛んに/6で移動運用を西之表市から出ていることがわかりました。ところが現時点でJARL会員でありながらjarl.com登録がなく連絡方法が見つかっていません。
 
この記事を書いている間にも昨日に依頼を出しました局からの返信メールが届いてきました。Bobさん、喜ぶでしょうね。
8年くらい前にHA1AG ZoliさんのJCCを支援しましたが、このような交流が次のIOTAにつながると信じて楽しんでおります。読まれました内容で皆様のお知恵を借りれる場合がありましたならばどうぞご指導、アドバイスをお願いいたします。

2017年5月23日 (火)

OC-098 E51LYC Pukapuka Atoll (23 May 2017) 

OC-098 E51LYCのペディションは終わったようですね。まだわかりませんが。

昨日のお昼前にDX-WOrld.netに「OC-098 E51LYCへの不正操作」に関するメッセージが掲載されました。夜になって再度確認すると新しいメッセージに変っており前者の記事が削除されたものかと思いました。
 
この朝に再度OC-098 E51LYCのウエブを確認すると5月20日付けでPA3EXXにより同じ記事が掲載されていました。大きな問題として善処すると思われます。
 
 
このメッセージを貼り付けようと思いましたが、あまりにも大きな問題であるため、ウエブ運用側のVE3LYCやPA3EXXの判断でメッセージが削除される可能性もありますので転載はいたしません。ウエブをご確認ください。
 
①E51近辺局の遠隔システムを経由して特定のエリアの多数の局が交信している。
②特定のエリアの局が遠方の局の代返による交信をしている。
と、言うものです。すべて明確に分かっているのでIOTAプログラム違反のためにログインしないと書いてあります。
 
②の代返は10数年前から有名で、久しぶりに昔のノートを取り出して被代返局のコールサインを確認しました。
①の遠隔システムはIOTAプログラムには100km以内の運用と定義されていますが、だれがどこで100km以内を証明するのか不明であり、いずれ不正が発生するのではないかと危惧していました。
 
一生懸命にOC-098へペディションへ行ったVE3LYCもとんだ発見をしてしまい傷心の気持ちでいるのではないかと拝察します。
 

2017年5月22日 (月)

OC-098 E51LYC Pukapuka Atoll (22 May 2017) 残り2日 CW有利

OC-098 E51LYCの運用も今日を含め、残り二日になりました。

昨年のIOTA Ltd設立によりVE3LYCとPA3EXXがその役員に就任されました。お二人ともにIOTAチェイシングで古くから情報交換、意見交換をした仲です。
 
初っ端は私のアパマンアンテナAPA-4では大苦戦しましたが、1週間前の5月15日に14CWと続いて10CWで交信できました。7CWや18CWでもサービスしていましたがとても3回目のQSOをする気にはなりませんでした。14SSBではでていることはわかりますがコール確認はできない状態でした。
 
その様な中、5月18日に同じようにダイポールやGP利用で苦しんでおられる局の支援のためにPA3EXXと現地サポーターのE51ANDへサポート依頼を工夫してだしてみました。JA little pistol memberを助けてというタイトルです。すぐにE51AND Andyさんから返信をいただけました。
 
土曜日はうまくいかず、日曜日の日本時間午前11時50分を狙って2回目のメールをE51ANDへ送りました。すぐにE51LYCへ相談してくださり、06-07zのベストコンディション時ではなく、夕方にJN6RZMを聞くとの回答でした。しかも、日曜と月曜の二日です。厚かましい私の行為を受け入れていただけました。
 
JA側のSked希望者にはJA little pistol memberという形容詞を付けたことを詫びるとともにSkedの要領を伝え、また06-07z時にも積極的に指定を守りながらコールしていただくようお願いしました。
 
現実には1500-1600JST(06-07z)にE51LYCが出てきてEU指定にてサービスを始めましたが長く続かずEUとのパスが弱く苦しんでいることが分かりました。果敢に14CWでチャレンジされた2局のlittle pistol memberが交信成功のご報告メールをいただきました。やった。
 
夕方のSkedの時間にはE51LYCは出てこないのではと思っていましたが見事に14040に出てきました。579で完全コピーできます。SSBのみのlittle pistol局がおられましたので、15分後の14260に大きな期待をしましたが、14SSBはまったく聞こえず。CWとSSBの差を強く感じました。
 
2016-2017年の私のIOTA newはほぼ10MHzCWと14MHzCWです。当然、2アマ以上の資格取得が必要です。そして、10MHzのアンテナを持たないと言われる局もおられましたが、ぜひ簡易のダイポールアンテナを作って10MHzQRVを実現していただきたいです。
 
CWに関しましては、JA局で流暢にSSBで英語を喋っている局は少ないと思います。さらにはCWで英語を流暢に使っているJAは少ないと思います。ペディション局が長々とCWでやっていることは滅多にありません。その多くが①コールサインと②RSTレポートのみの交換です。
 
私もリグのF1キーに「JN6RZM」、F2キーに「599 BK」、そしてF3キーに「CFM TU」を登録して大半のQSOをこなしています。F1とF2までで終わるケースがほとんどです。
 
どうぞ、このコンディションの悪い時期のIOTAチェイシングは上級資格の取得、10MHzアンテナの準備、CWで相手のコールサインを取れるようになる。これだけで大きく広がると思います。CWとIOTAが私のハムライフ継続の重要なキーワードです。
 
本日もE51LYCのサポートを行います。未交信局がおられましたらご一報ください。
なお、E51ANDによるとOC-098 E51LYCは「He will QRT around 12:00 on May 23rd.」と報告をいただきました。
 
この朝のDX-World.netにはOC-098 E51LYCとの交信で遠隔システムの不正利用が発覚したとあります。遠隔システムは使う人の心によりどうしてもこうなりますよね。今までもたくさん不正利用があったのでしょう。これからも不正利用は永遠のテーマとして残っていくと思われます。ぜひご参考下さい。

2017年5月21日 (日)

OC-098 E51LYC Pukapuka Atoll (21 May 2017) 残り3日

E51AND Andyさんが0300UTCにE51LYCと定期にSkedをもっているといわれていましたので、昨日の提案プランに何も変化がなかったと、0250UTCに短文メールを送りましたら、今日、明日のJA little pistol membersとの予定を送ってきました。

 
それとは別に土曜日の朝に配信されました425DXnews #1359では次の運用時間帯で行うと発表されていました。
 
Cezar's operating plan for the next few days:
05.00 UTC to 06.00 UTC   20m to Europe
06.00 UTC to 06.30 UTC   30m (but if the band is  completely  dead, he  will
                         return to 20m)
06.30 UTC to 08.30 UTC   20m to Europe
08.30 UTC to 12.00 UTC   30m/40m
12.00 UTC to 14.00 UTC   sleep
14.00 UTC to 16.00 UTC   30m/40m
 
話を戻しますが、さきほどいただいたAndy E51ANDによると「He will QRT around 12:00 on May 23rd.」と報告していました。
 
今日の日曜日が最後のヤマと思いますが、かなりコンディションが落ちているように感じます。

IOTAを通したSked支援3テーマの紹介

この早朝にK3EST Bobさんより御礼のメールが届きました。K3ESTというコールはたいへん有名でグローバルコールサインと言っても良いでしょう。私も最初は20年くらい前のコンテストで「おっ、PA(ペンシルベニア)かな?」と思った記憶が残っています。

 
数年前にJAの仲間で作っていますIOTA Wanted List作成に協力していただいてからじわりじわりとお話しできるようになりました。そしてこの4月に福岡県大川市のJCC支援から激しくなってきました。IOTA LtdのValidation Team役員であることも絡んでいます。
 
昨晩、日向市JCC Sked(by JE6RIJ)に成功されました。そして今日は、熊本県人吉市、宮崎県えびの市(by JE6HCL)、そして鹿児島のなんちゃって移動隊メンバーによる鹿児島県伊佐市(JK6SEW)と、正直、Bobさんもびっくりでしょうね。すべて成功されるでしょう。
 
二つ目はOC-098 E51LYCとのSkedですが、前の記事にご報告した通りです。この朝のQRVがなくせっかくの週末の日曜日が勿体ないところです。おそらくコンディションが悪く、思うように局数を伸ばせないのではないかと心配しています。E51ANDへ再度報告します。
 
三つ目のテーマは英国の新進IOTAチェイサーであるG0JHC Neilさんへの支援です。AS-008 式根島移動のJI5RPT/1小柳ご兄弟へ連絡し、時間・周波数等を伝えましたが、残念ながら昨晩のWest EU方面のパスは存在しなかったようです。この朝10時に終了されました。
 
NeilさんにはJI3DST舟木さんが毎年のようにAS-008へ行かれていますので、調整してもらうように依頼することを伝えました。
 
DXCCでは私のようなアパマンハムが海外のペディション等の担当局にメールアポイントをとること自体はたいへん厳しいですが、IOTAを通すととても素直に大OM様とも情報交換をできる不思議な雰囲気があります。
 
K3EST Bobさんは本日の3つのSkedが成功されますと残り17JCCと激減されます。WACA取得時にはぜひお祝いをしたいです。ちなみに残り17件の内訳は、新潟(佐渡、胎内)、岐阜(本巣、下呂)、愛知(愛西)、三重(いなべ)、滋賀(湖南)、兵庫(南あわじ)、高知(室戸、四万十)、大分(宇佐)、鹿児島(西之表、垂水、曽於、いちき串木野、志布志、南九州)です。
 
皆様、いろいろ交流して楽しみましょう。
 
E51LYCはいつも利用する周波数でCQを出すはずです。特に14040は要チェックでしょう。

2017年5月20日 (土)

OC-098 E51LYC Pukapuka Atoll (20 May 2017) 残り4日

OC-098 E51LYCのサポート役のE51AND Andyさんへメールを送りましたところ、希望の06-07zはCezarもEUサービスに重点を置いているのでその前後にお願いしたい。20日の03zのスケジュール時に伝えるとのことでした。

 
20日早朝に09zで依頼しましたが、それでもLittle pistol memberのアンテナではとてもコピーしづらいので06-07zのEUサービス時の隙間を狙ってチャレンジしてくださるように参加者にお願いしました。
 
この朝は21040と21260でJAを拾っていましたが、私のアパマンアンテナではやはりコールバックがコピーできず呼ぶことができませんでした。
 
1500-1600JST(06-07z)は残念ながらEUサービスを重点的に行うどころかクラスターレポートには全くあがりませんでした。最後の週末のベストタイムにオンジエアがなく、たいへん残念に思いました。
 
1800JST(09z)には依頼しました14040と14260にもE51LYCのQRVはありませんでした。今日、明日の二日間にお願いしましたが、伝わる伝わらないというレベルではなく、オンジエア自体がありませんでしたので、これ以降と明日日曜日に期待するしかありません。
 
【追記】
1900JST(10z)過ぎに7MHzCWでサービスを開始しました。残念ながらJN6RZM→E51AND→E51LYCと伝わっていないか、伝わったが受け入れられていないようです。明日に期待しましょう。
 
いずれにせよ、私のアンテナの場合は1500-1600JST(06-07z)の14MHzと2030JST(1130z)過ぎの10MHzCWで信号がコピーできるようになりました。この朝の21MHzもなんとかコピーできてもリターンが分からない状態でした。ご参考ください。

2017年5月19日 (金)

OC-267 VK9MAV Marion Reef plan

VK5MAV Andyさんのプランでは5月15-25日の6日間でしたがさきほどIOTA-chasers Forumに投稿がありましたので転載します。

 
Well, gentlemen...
 
I've finally received a long-awaited call from the skipper that I've been included in the ship's role for the journey to Marion Reef.
The dates are indicated from the 8th to the 18th of June - but it's not entirely clear, these days tare when he ship is coming / going or I have to arrive / depart on these dates.
But in any way you can (and have to) to wait for me on the air between these dates for 5-6 days.
I'm not at all sure whether to get out with OC-160, as planned earlier.
In general, the whole situation is like "Take the bags - the train departs!", But perhaps because I am strictly limited to the time frame of leave, permit, etc.
And they live there and all this is just part of the daily worries.
 
Well, as a cherry on the cake -
1. All this has sharply increased in cost.
2. I'm not as happy as I should - just "burned out" slightly. But I believe it won't reflect on the activity.
3. The ship made a test trip Marion reef a week ago. The reef is almost invisible - a high tides plus it has been well-worn by Debbie cyclone. All this will make my stay there bit more "interesting - perhaps all 6 days will be to be spent sitting on the upper platform of the weather station. And the "eagle position" included ... :-)
Not the Scarborough reef, of course, but the motives are present.
 
What to do with antennas - somehow I will not put my mind to it. There will be no special place to stretch them ...
 
Alas, although I threatened IOTA society to do 2 expeditions a year - this year will have to confine to one. "Everything is expensive in the bazaar ..."
BUT.
For 2018, the plan is almost complete - it includes 2 islands. Not super rare - but rare enough. If, of course, no one else will  run across my path ...
 
See you all on air from there !
Cheers.
Andy vk5mav/vk9mav
 
当初、予定の船が壊れて修理に入ったりして遅れているようですが、6月8-18日の間の6日間に変ったようです。そのために費用が変化したいへんのようですね。OC-160へ寄る予定も完全に中止のようです。昨年のOC-214に続いて中止/延期の危機がありますね。
 
どなたかアドバイザーになってほしいです。

OC-098 E51LYC Pukapuka Atoll (17 May 2017) 残り5日

表題のOC-098 E51LYCの運用も残り5日となりました。日本時間5月19日午前6時現在のクラスターデータを再び分析してみました。

 
--------件数  割合
7CW     40  6.4%
7SSB     4  0.6%
10CW    58  9.3%
14CW   234  37.7%
14SSB  138   22.2%
18CW      93   15.0%
18SSB     9    1.4%
21CW      30     4.8%
21SSB     14      2.3%
24CW        1      0.2%
             621 100.0%
 
クラスターデータ総数は621件、バンド・モード別の件数と割合です。5月12日から18日までの中で圧倒的に14MHz運用がメインと言ってよいでしょう。
 
この朝までに数名の方からJAへのサービス要望をいただきました。E51LYCのウエブでは島に渡ったVE3LYC自身が書き込みせず、PA3EXX JohanとE51AND AndyがNEWSを書き込んでいます。この朝も5月18日付け最新ニュースが掲載されています。
 
その中に、「To date he has about 4500 QSOs in the log and is at the mid point of his DXpedition.  He will be active until the morning of May 24th (Zulu).」とE51ANDによる代理レポートが掲載されています。すでに4,500 QSOs、5月24日のUTCの午前中までの運用と書いています。
 
PA3EXXとE51AND宛へ「JAのリトルピストル局がたくさん望んでいます。この週末に14MHzCWと14MHzSSBにて06-07UTCにJAサービスをお願いするようお伝えください」とメールをいまから入れます。0000UTCに発信します。
 
理由はJAビッグガンはこのバンド・モードでほとんど交信を終了している。14CWの信号が弱く交信成功が確認できていない。メール依頼された局がすべて14MHz運用可能と判断しました。
 
さて、E51LYCに伝わって、実行されるか。神頼みです。
 
【追記】
14時51分にE51AND Andyさんからメッセージが届きました。朝方にメールでお願いした時間帯はCezarがEU中心で考えているために0530zあるいは0900zにてお願いしたいと言ってきました。明日の朝に未交信の3名からご意見をお聞きして時間をきめます。
 
コールサインもお伝えしますのでスケジュールで実施できます。追加希望を受けていますのでご一報ください。ただし、14MHz or 14MHzSSB、土曜と日曜の2回実施予定です。Andyさんは明日の0300zにCezarさんとSkedを持っているそうです。

«OC-098 E51LYC Pukapuka Atoll (17 May 2017) 半分終了