World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2017年12月16日 (土)

Club Log Matchingに関する最新情報 (2017-12-16)

昨年2016年6月にClub Log Matchingシステムが稼働し1年半を経過しましたが、巷では最近IOTAを始められましたIOTA chaserの皆様からたくさんヒットしたとのメッセージをいただいております。なんとも羨ましい限りです。1997年から開始し、ログも遡ってしっかりとIOTA QSOを目検証でMatchingしていたため、さらにQSLも100%回収のため私は1件のヒットもいたしません。

 
(その1)
YB4IRなどのログがうまくヒットしないと数件の質問が寄せられています。AA1AA / P_XX-yyyのQSOデータなどが改良されたように報告されましたが、この朝にIOTA teamよりコメントがありました。
 
Gentlemen,
 
Some of you already noticed that Club Log doesn't allow you to upload a QSO record for a callsign that includes an underscore character (such as AA1AA_XX-yyy). Consequently, our current IOTA QSO matching procedure for non-standard log names including an underscore character doesn't work. We are in contact with Club Log to fix this issue. In the meantime, please be patient. We will let everyone know, on this forum, when this problem has been resolved.
 
Thank you,
 
IOTA Team
 
(Google和訳)
紳士、
あなたの中には、Club Logが下線文字(AA1AA_XX-yyyなど)を含むコールサインのQSOレコードをアップロードすることを許可していないことにすでに気付いている人がいます。 したがって、アンダースコア文字を含む非標準のログ名に対する現在のIOTA QSOマッチング手順は機能しません。 この問題を解決するには、Club Logと連絡しています。 その間に、しばらくお待ちください。 この問題が解決されたら、このフォーラムで皆にお知らせします。ありがとうございました。
 
他組織であるClub Logと連絡をとりあって善処中、皆さん紳士としてお待ちくださいとのことです。1月末のクレジット年次締めには十分に間に合いそうです。
 
(その2)
昨年6月に当システムが出来上がったときに多くの局がご自分のコールサインでClub Log Matchingをチェックに取り掛かられました。無意識のうちにAS-077 JN6RZM等とリストに登録されたり、されなかったりという現象の感覚にありました。
 
この度、開局以来のすべてのログを入れ替えられましたOMさんから未だにClub Log Matchingのリストに上がっていることをご存じない局や部分的ログしか入っておらず差し替えたいが要領がわからない局がいないのではないかと不安を提言されました。
 
なお、爾後のログも自動的に追加してほしいとのことでEnd QSO dateに「Forever」と入れて送ったら問題なかったとのことです。
 
(その3)
OC-144 YE4IJとのSkedによるQSOと、そのClub Log Matchingとのやり方がわかって以来、当ブログで情報を流しておりますが、今月に入ってAS-007への新規登録がJA2エリアを中心に4名あり、AS-076、AS-077、AS-078などは変化がありません。
 
移動運用分を追加された局が数局おられました。個別にお願いした局は変化はありませんでした。結果が出るまでずれがあります。AS-017沖縄方面へサービスに行かれる局が多いと思うのですが、ほとんど登録がないですね。
 
登録マニュアルの配布をより多くの局で実施することが大切のようです。マッチングをヒットすることだけで終わるのではなく、過去に移動された局へClub Log Matchingの登録とVE3LYCへのメールを依頼してください。 「ClubLog_upload-jp_r3.pdf」をダウンロード
 
(その4)
焦げ付きになっているIOTA局のQSLをカード回収ではなく、Club Log登録への方向へ進められている成功事例をいただきました。
 
GB0REL(EU-122)のマネジャからのメールです。カードがなさそうなので、Club Log Matching をお願いしました。
 
Morning M** 
I have had to ask for a copy of the log as I only had the cw log on my pc. Once I get it I will upload to clublog. Have a good weekend.
Andrew 
 
時代は紙のQSLカードからClub Log Matchingへ変わっていることを強く感じさせてくれます。すぐに第2弾メールとして、Club Log登録確認後にVE3LYC宛への連絡をしていただくようにお願いするとともにOC-144 YE4IJへの私が送ったメッセージコピーをお送りしました。
 
ぜひ成功していただきたいですね。マネジャのQSLカード管理の負担と請求側のコスト減少につながり、さらに1請求者のみならず、EU-122 GB0RELとQSOした全員にIOTAポイントをプレゼントできます。このやり方は今後、焦げ付き回収のスタンダードになると思います。 Tnx M**-OM

2017年12月15日 (金)

OC-105 DU1UD/8 Mapun Island Cagayan de Sulu Plan

ビッグニュースが入ってきました。IOTA-chasers Forumに表題のOC-105 Mapun Islandのプランが発表されました。2018年の第1 or 第2四半期(2018年1月から6月)の期間だそうです。いよいよDU-IOTA最難関のOC-105の鍵が開かれます。
 
[IOTA-chasers] DU1UD/8 OC-105 & OC-174
 
GM all,
           Dindo DU1UD has announced his intention to activate the
Most-Wanted IOTA in DU, OC-105.
 
He will activate Mapun Island, part of the Cagayan De Sulu Group of Islands
in the Philippines during the ''First or Second quarter of 2018''. This
Group is currently shown as 3.4% (0.3%) claimed by IOTA chasers.
 
He will also make a return visit to the Tawi Tawi Group OC-174 (claimed by
13.4% of chasers) during the same period.
<https://www.m0oxo.com/1333-du1ud-8-oc-105-oc-174.html>
 
Seasons Greetings to all,
 
73
 
Kindest regards, Charles
 
MØOXO QSL Manager Services <http://www.m0oxo.com/qsl-manager.html>
 
私もラストDU-IOTAです。IOTAクレジット率は3.9%(60局)とRSGB IOTA webにあります。
JAからのクレジットは0です。N6VMW/DU8として、1993年2月に実行されて以来となります。25年ぶりですね。DU-IOTA完了される局もたくさんでるでしょう。
 
【追記】
OC-174もクレジット率13.4%とレアです。DindoさんはOC-174 DX8DXにて2013年4月にオンジエアしていますので2回目になります。
 
2017年5-6月に実施されましたOC-119 DU1UD/8はOQRSリクエストのみでClub Log Matchingには登録されていません。

IRC利用に関する体験談 (2017-12-15)

JA3のOMさんよりQSL回収のアドバイスを求められました。その中にEU-126 OH9AA/Pがありました。2017年5月末にSAE+1IRCで送ったが戻らないし、メールの返信もないとのこと。

 
俗にいう「焦げ付き回収」の支援は華やかではありませんが、調べる過程でなぜ回収にいたらなかったとか、どのようなオペレータでどのような運用が行われたかをあらためて認識させてくれます。
 
「あれっ、DL5ME Marioさんのオペではないですか」が調べ始めた第一声。2010年8月に交信したQSLカードを探し出しました。
Eu126_1左側がMarioさんです。2013年には来日され、東京と大阪でIOTA Meetingの囲んでの会が開催されました。
 
Eu126_2「あれれ、ドナーにJN6RZM」と叫んでしまいました。7年前のペディションですがすっかり失念していました。Marioさんは北欧を中心に多くのIOTAペディションを行っていますが、確か、この島はとてもハイコストのために支援を求められたことを思い出しました。
 
MarioさんはJR1DLU/1大堀さんと親しく、ドイツでよくアイボールされています。大堀さんがMarioさんのシャックを訪問されたときにJN6RZM作成のIOTA番号入りマップが大きく拡大され貼ってあったそうです。IOTAマップのソフトや情報入手ができない時代です。
 
これが発展してJA1QXY花崎さんのご努力でQXYウエブに全マップが格納され公開されています。
 
一昨日にDL5ME宛へJA3のOMさんのEU-126回収のお願いを含めて久しぶりにメールを送りました。タイミングよく、OC-179 Duff IslandsのスポンサーにDL5MEが追加されていることに気づきました。ならば、私のメールを見ていると確信していました。
 
この朝に返信が届きました。「確かに6月にJA3のOM局からSAE+1IRCを受け取っています。料金不足のために7月にビューローへ回しました。」とのこと。さらに「賢明なあなたならば事情をお相手へ説明していただけると確信する」とありました。
 
そうだドネーションを送った理由が背後にありました。
 
当ブログの2017年10月23日 (月)発信の「IRCは使えるかの質問」
http://jn6rzm.cocolog-nifty.com/iota/2017/10/irc-4ae4.html  にIRCの使える情報を書きましたが、現実には不足分を手出しで送ってくれている可能性があると理解しました。
 
EUはほぼ使えると思っていましたがIRCを使う場合、必ず本人またはQSLマネジャに事前確認をされることをお勧めします。そうです。「肩身の狭いIRC」になってしまいました。
 
JA3のOMさんとも早くClub Log Matchingへ切り替えて欲しいと願いました。BureauでEU-126のQSLカードを待たれるそうです。Dsc00357
Marioさんから12月10日のご自宅に積もった雪の写真が届きましたので、お返しに南側ベランダから写してMy WX sunny and blue skyとアンテナのこの写真を送りました。

2017年12月14日 (木)

OC-216 VK9AR & OC-234 VK9AR/6 QSL card

IOTA-chasers ForumにVK5CE Craigさんより連絡メッセージがはいりました。

 
Hi everyone
The blank VK9AR OC216 (and VK9AR/6) cards have arrived. I'll be doing them next week. So if you want your cards ready for the January update, please ensure you've done your OQRS by Sunday. That'll be my QSLing cutoff before xmas break
73s Craig VK5CE
 
(Google和訳)
皆さんこんにちは
空のVK9AR OC216(およびVK9AR / 6)カードが到着しました。 私は来週にそれらをやっています。 1月の更新のためにカードを準備したい場合は、日曜日までにOQRSを完了してください。 それは、クリスマス休憩前の私のQSLingカットオフになります
73年代クレイグVK5CE
 
 1月のクレジット締めに間に合うためには17日までにOQRS処理をしてくださいとの連絡です。ご丁寧な連絡でありがたいですね。5USD以上のドナーはすでにリストに含まれているようです。

Club Log Matching登録マニュアルをJA-IOTA局へ配布する

IOTA CP JAのJA9IFF中嶋さん作成の「Club Log Matchingに有効となるIOTA 運⽤ログデータのアップロードマニュアル (rev.3) 」をJA-IOTA局すべてへ配布提供することを考えています。

 
配布のファイルは「ClubLog_upload-jp_r3.pdf」をダウンロード です。
対象はRSGB IOTA webのJA-IOTA 26件のActivation creditedにリストアップされました1,129局1,159件分です。「club_log_jaactivation_credited_stns.txt」をダウンロード 
 
数局にお知らせしましたところ、とても反応が良かったです。
 
①1,129局のメールアドレス調べ(メインはjarl.comになります。QRZ.comは1日100件まで)
②案内文の作成
③VE3LYCへ依頼時のひな型文章
 
メールアドレス調べがたいへんです。メインはjarl.comになります。QRZ.comは1日100件までしか使用できません。本年4月から8月にかけてK3EST BobさんのJCC/JCG支援を体験しました。おそらく1/3の350局くらいしかメールでは届けられないと思います。
 
そして、実行に至るのは100~200件くらいではないかと思います。すでにJI3DST舟木さんやJH7IPR高橋さん、JA8COE高橋さんなどは登録が進んでいます。
世界中にJA-IOTAをアピールできるものと思います。
 
おそらく、JA-IOTAのみならず、JA局が実施した海外IOTAペディション分も登録が進むと思われます。

2017年12月13日 (水)

AS-048 UA0QBO/A と AS- のQSLカード紹介

2016年夏にIOTA-R0 Wanted list 2015/2016を作成スタートしましたが2017年版の締め後にJA8ZO宍戸OMにご参加いただきました。として今回、2018年度版にはじめてメンテナンスをされました。

 
その回答に興味を持ってしまい、カードコピーのお願いをしてみましたところ快くご協力くださいました。コールはあまり見聞きしないコールばかりです。
 
AS-027 4J0KAA     クレジット済み
AS-028 U0CR      手持ち QSLBOXから探した
AS-042 4J0IAP     クレジット済み
AS-048 UA0QBO    手持ち QSLBOXから探した
 
お送りいただきましたAS-028 U0CRのQSLカードです。
25287102_296336850878604_1646179178 
IOTA-R0 Wanted List の「Activation」には次の通りAS-028明細があります。
As028
まちがいなく2行目にありますが、QSLカードは初めてみさせていただきました。珍しいので紹介します。1979年3-4月のQRVです。
 
次にAS-048 UA0QBO/AのQSLカードです。
25323482_296336810878608_1942933569
 
As048
 
過去3回のQRVのみです。UA0QBOのQSLカードをタイプで修正したものです。ネットでも1種類ヒットしますが、コールやQSOデータが消去されたものでした。現物です。
 
IOTA-R0 Wanted List 2017ではAS-048は57局中3局がクレジット済みですが、差し引きの54局が未交信です。この局は1987年から2001年の間、不定期にQRVしていたようです。出会われた局はIOTAの珍局をラッキーにも交信されています。
 
未交信でありましてもこのように情報を集め続けていますと、情報が一歩一歩まとめられて、次の実現に近づくことがあります。また、この記事を見られました方が宝の山から見つけ出したとときどきお声が届きます。ご参考ください。Tnx JA8ZO宍戸OM

OC-179 H40 Taumako Island Duff Islands website open!

本日、午前6時34分にVE3LYC Cezar(チェザル)さんが表題のOC-179 websiteオープンのお知らせをIOTA-chasers Forumへ投稿されました。
 
[IOTA-chasers] H40 OC-179
 
Gentlemen,
 
A simple website for this project is now available at http://oc-179.weebly.com. It will be updated as needed, in order to keep the community informed promptly on any relevant aspects.
 
Cheers,
 
Cezar, VE3LYC
 
今年実施されたOC-098 E51LYC Pukapuka Atollに続いてのプランです。既報のとおりOC-098 E51LYCはClub Log Matchingにも登録済です。
 
余計なお世話ですが、OC-098をQSLカードでIOTAウエブへエントリされている局は一旦デリートしてClub Log Matchingにて登録しなおしした方が、JA CPへの負担低減とQSLカード送付の負担を抑えることができると思います。
 
【追記】
最初のページに書いてある11月21日の文章をGoogle和訳しました。
 
「2017年11月21日
私は、テモトのダフ諸島グループ(OC-179)で最大の太鼓島から2018年5月初旬に少なくとも5日間、全旅行は12日間続くと予想されます。このIOTAグループは、約400回のQSOを行ったBernhard(DL2GCA、H44MS)によって、25年前に一度だけ活性化されました。
 
トロントからソロモン諸島の首都ホニアラへの長距離飛行の後、私はトモト州の首都、ラタに飛ぶ予定です。そこから、私は小さなオープンボートでダフ島に行き、ボートマンはこのプロジェクトの全期間にわたって私と一緒にいます。
 
ダフ諸島は300メートルにもおよぶ急峻な崖の上にあり、世界のすべての地域、特にEUとNAに良好な開口部を提供しているようではありません。必要に応じて、私は2つの場所、西部、すべてのチェイサーにこのIOTA参照を記録する機会を与えるために、Taumako Islandの東側のもう1つ。ダフ、電気、水道、トイレの観光施設はありません。」
 
島の形を調べてみます。
Oc179_1
Taumakoはダフ島最大の島です。この5.7キロメートルの長さ(3.5マイル)の島は、急な斜面を持ち、海抜 400メートル(1,312フィート)の高さまで上昇します。それは、玄武岩の溶岩と、ダフの他の島のようなパイロクロースから構成されています。(ウィキペディアより)
 
Duff Islandsトータルで500人くらいの人口です。島の南西部の海岸に建物を確認できます。おそらくこちらから上陸するでしょう。ここからですとEU-OKでNA-NGになる感じです。島の反対側へ移動してNA-OKから第2ポイントとしてQRVするでしょう。1~2kmの移動。
 
荷物を移動するため、徒歩で山越えかボートで海岸沿い移動になります。JAは方向的には最初になる第1ポイントの方が開いているようです。
この時期に予測をしても仕方がありませんが、電気、水道、ガソリン、発電機、トイレ、食料と5日間過ごすだけでも大変な島のようです。

2017年12月12日 (火)

Club Log Matching list最新版(2017-12-11現在)を確認する その2

YB4IR & YB8RW
YB4IR ImamさんとYB8RW Dinさん関係のClub Log Matchingを調べました。 この2局のuploadedの意義はたいへん大きいと思います。YB3MM、YF1AR に続いての2~4年前のペディションですからIOTA新規参加者増加に期待できます。
 
●OC-161 YB6N
●OC-108 YE5R
●OC-108 YB4IR/5
●OC-272 YB4IR/8
●OC-145 YB4IR/8
●OC-204 YB4IR/P
●OC-106 YB4IR/5
●OC-107 YB4IR/5
●OC-109 YB4IR/5
●OC-122 YB4IR/5
●OC-222 YB4IR/8
●OC-076 YB4IR/8
●OC-157 YB4IR/8
●OC-224 YB4IR/8
●OC-252 YB4IR/7
●OC-269 YB4IR/7  ●YB7AM/P  YC7BAO/P  YC7CPN/P
●OC-249 YB4IR/8
●OC-274 YB4IR/8
●OC-268 YB4IR/7  ●YB7NUS/p, ●YB7KE/p
●OC-166 YB4IR/7
●OC-147 YB4IR/9
●OC-239 YB4IR/9
●OC-186 YB4IR/2
●OC-262 YB4IR/p
●OC-075 YB4IR/5
●OC-143 YB4IR
●OC-237 YB4IR/3
●OC-217 YB4IR/3
●OC-197 YB4IR/3
●OC-274 YB4IR/8
 
QRZ.comに掲載されているYB4IR分ですが、OC-161 YB6NとOC-108 YE5Rを含め同行者分も含んで見事に(一部除く)登録されていました。
 
YB8RW Dinさん分もありますが、行数カットで省略します。ただし、Dinさん分は島名ベースですべて登録されています。2017年11月分は最初からset upです。
 
YB-IOTAは郵便事情がさらに悪化していると聞きます。請求分に対してQSLカードを封書で返信する分まで紛失する確率が高いそうです。むしろ、Club Log MatchingはYB局にとって救いのシステムかもしれません。1年くらいで他のYB-IOTA分もuploadedの可能性が高いと思います。
 
OC-199 VK6YS/P West Lewis Island
2012年5月に実施されました。このときはオーストラリア大陸を南北に縦断するほどの距離を一人運転で往復されるほど元気だったのですが、2年後に寝たきりとなられ、2016年3月に64歳で亡くなられました。
 
QSLカードの入手ができなくなり、VK6NI(ex VK6KHD)へお願いして代行発行をしてくださいました。今回、OC-199のみと思いましたが彼らのクラブチームOZDXが実行したOC-193 VK6CHI、OC-243 VK6BSI、OC-206 VK6DHI、OC-211 VK6IOA、OC-071 VK6LI、OC-266 VK6AN、OC-234 VK6BMと、すべてClub Log Mathingが利用できるようにuploadされていました。
 
たくさんのIOTAサービスをされた局がマネジメントするQSL、またマネジャ発行のQSLやログがご本人がSKとなったら、以後はすべて無しの状態にならないような早めのClub Log対応を考えなければいけません。Mathingの方が永久に利用できるということでしょう。
 
この事例はすでにたくさん発生しているものと思われます。早期の対応が必要でしょう。
 
EU-109 G3KHZ/P Longstone Island
ご存知の通り、10月にAS-140 S21ZDCとAS-127 S21ZASを実施されましたG3KHZ Derekさんの分です。2015年8月に実施されました。この分を含めてG3KHZ等が実施されたP29NI、P29VCXなどはすべてMathingシステムに登録されています。
 
おそらく、1年後くらいにはAS-140とAS-127分もClub Logにuploadされるものと思います。
 
以上3点にしておきますが、時代はすでにClub Log Mathingの時代に突入しましたことは間違いないようです。島の移動へ行かれた局のログアップご依頼を皆様のお近くのご友人にお声がけください。

2017年12月11日 (月)

Club Log Matching list最新版(2017-12-11現在)を確認する

JA9IFF中嶋さんのマニュアルは昨年12月にウエブに掲載されていましたが、2017年12月に第2版にバージョンアップされました。知り合いの局へメールで送りますと、動きませんとの回答。なんとVE3LYCの添付ファイル送付は不要などを盛り込んだ第3版に変更されていました。

 
その知り合い局は「これまでのログから、奄美大島、トカラ列島、大隅諸島、天草諸島、甑島列島、宇治・草垣群島を抜き出してみます。」とのご回答をいただきました。おそらくQSLカード管理の肩の荷が下りるのではないかと思います。
 
もう一方は12月がご多忙のようで正月休みに対応したいとご返事がありました。こちらも種子島や屋久島などと記憶しています。本年3月開催の西日本ハムフェアの講演会時に質問をいただきました。
 
前週12月6日にご本人のAS-007を登録された分が本日追加され掲示されました。同じ日にOC-144 YE4IJもVE3LYC宛へ送ったとありましたのでスケジュールで交信された局へメールにて連絡しましたところ見事にヒットしたとの回答をJA2JRG杉山OMよりいただきました。
 
わからないことが多かったClub Log Mathingの登録方法を少しずつマスターすることができました。ご協力をいただきました皆さんへお礼申し上げます。かなりすっきりしました。(笑い)
 
そこでClub Log Matching Listを検証してみて次のことに気づきました。
①IOTA Ltdの役員であるVE3LYC Cezar(チェザル)さんがこの夏に実行したOC-098 Pukapuka Atollがリストアップされていました。OQRSが5USDでお金が中心かと思いました。しかし、そうではなくやはりClub Log Matchingシステムの運営主体者であったと確信しました。来年予定のOC-179のプランがたいへん楽しみになりました。
 
②YB8RWのみならず、YB4IRの過去ペディション分すべてがClub Log Matching Listに計上されていました。YB8RWはそれぞれ3USDと合わせ送付を表現していないため、一度で3つも4つもIOTAサービスをしますのでとても高価なQSL回収になっていました。11月に訪問のOC-145も島ごとに登録されていました。
 
YB4IRもOQRSで5USDでしたが、すべて計上されていました。YB4IR/5_OC-122等のファイル名が利用できるようにシステム改善されたためでしょう。昨年から協力体制はできていたようです。
 
YB-IOTAのペディショナーのYB3MM、YB4IR、YB8RW、YF1AR(現在YE1AR)の4局がMatchingシステムに登録されました。YB8XMはトライしています。YB9BUは紙ログが多いようです。しかし、YB3MM Adhiさんの力を借りて善処したいと思います。
 
昨年の当ブログでも感想として書きましたがAS-117 Honshu Coastal Islandsは青森県の九六島と山口県の巌流島まで1,052kmも離れているほど広大です。AS-117の将来の分割の可能性はないかもしれませんが、AS-117をもっとClub Log Matchingに登録していただきたいです。

IOTA-R0 Wanted listの2018年への更新と新規募集

2015年夏にIOTA-R0 Wanted list 2015を48局のご協力をいただき作成しました。その後、2016年、2017年と更新してまいりましたが本日データ提供局へ2018年版への更新のお願いを57局へメールでお送りしました。

 
Iota_wanted_list
縦にAS-005からAS-203までのIOTA-R0分の46IOTAを配置し、横にデータ提供局57局を配置し、中央に未交信データ(1)をエントリしただけの単純なリストです。黄色いラインは2017年にWorkedされた未交信(1)に着色したものです。
 
過去にはRRC(Russian Robinson Club)のメンバーを中心にUA9OBA、RZ3EC、RA1ZZ、
RW3RN、UA4WHX、UW0RB、UA3AKO、RG4F、UA9KDF、R7AA、RD0B、R7KFへ提供し、ロシアのペディショナーのNext Plan決定時に役立てていただいております。
 
これをお送りしたためにAS-071 R71RRCとAS-069 RI0Cのウエブに私のコールサインJN6RZMをサポータとして入れてくださいました。
 
現在、JA54名、DS1名、W2名ですが、2018年版への新規募集もいたします。
 
ロシアのペディショナーへニーズを知らせるためのもので、残り1~2件よりも46件の方がデータ的には魅力というます。どうぞご参画ください。12月17日(日)までにjn6rzm@nifty.comへ。

Club Log Matching ヒットした局にお礼を送ろう

JA8ZO宍戸OMよりClub Log MatchingのAS-078 JA8ZOを入れ替えていただきました。多くの方が2016年6月にClub Log Matchingのチェックのため、ヒットしそうな、ヒットして欲しいQSOをClub Logに登録されたものがMatchingシステムに登録されたものを全QSOを登録されたようです。

 
Club Logを調べてみますと、
Log to search: JA8ZO
58,171 QSOs logged between 1961-02-08 14:24Z and 2017-12-07 08:14Z と、1961年からのログ登録でした。ここまで遡って電子ログにされていることに驚きました。私も考えてみたいと思いました。
 
ご質問をいただき、AS-078 JA8ZOを利用した局や局数がわかるのかとのことでした。鋭い質問でしたが、Club Log Matchingに登録してヒットされる局は全くわからないと思います。将来のシステム改定などでできるようになるかもしれません。
 
そこでClub Log Matchingにおいて、「ヒットしたら御礼のメール」を送ることを励行していただきたい提案いたします。すでに実行されている方も多いと思いますが、ヒットされた局側では登録掲載したのみで、やはりお礼が届くと次も登録しようとなると思います。
 
昨年の今頃にClub Log Matchingで30件ヒットした等々と素晴らしいレポートを数局からいただいていましたが、今からでも遅くないと思いますのでお礼のメールを送られるとよいかと思います。ひいてはそれがClub Log Matchingの登録を促進すると思います。
 
皆様、よろしくお願いいたします。

2017年12月10日 (日)

Russian Robinson Club 2017を検証する

Facebookにちょうど1年前に投稿しましたRRC 2016の写真が2016年9月10日に投稿した写真に思い出を追加してくださいとメッセージが届きました。すぐに当ブログを確認すると2016年12月9日に「ロシアからの宝物」というタイトルで掲載していました。

Rrc20162016年9月にロシア近郊のオペルでRRC Meeting開催時の集合写真です。実は2017年はこのなかのRRCメンバーが次のIOTAペディションへ参加されたんです。
 
2017.Mar AS-005 RT9K/9   2016-11発表(AS-054,AS-121,AS-104,AS-068は次年度へ)
2017.Apr AS-071 R71RRC   2017-02-08発表
2017.May SA-034 HD2RRC  2017-04-04発表
2017.May SA-033 HD2RRC/4 2017-04-04発表
2017.Jul AS-114 R24RRC
2017.Jul AS-069 RI0C     2016-12-19発表
2017.Jul AS-044 R24RRC
2017.Aug AS-022 RI0LI  2017-01-23発表
2017.Oct EU-190 RI1F     2017-08-14発表
2017.Nov OC-175 DU9/RZ3FW,DU9/R4WAA 2017-08-04発表
 
2017年はトータル10 IOTAからサービスしていただきました。発表日を書いていますが、IOTA-R0 Wanted list 2016をサポートツールとして提供したため、DX情報ウエブよりも先に私に詳細情報を入手することもありました。Wanted listはとても重要なツールと思います。
 
次は現在発表されています2018年IOTAペディションです。The first stageが上記のAS-005、Second stageがEU-190 RI1F、そしてThird stageがこの分です。first stageのスノーモービルで失敗しましたので、今回はEU-190で使用したオーロラ号の船を予定しています。他のIOTAも加わる可能性が高いです。
 
The DX-pedition «Arctic's Legends» (The first and third stages)
2018.Sep AS-121 RT9K/9
2018.Sep AS-104 RT9K/9
2018.Sep AS-068 RT9K/9
2018.Sep AS-054 RT9K/9
2018.Sep AS-087 RT9K/9
2018.Sep AS-005 RT9K/9
 
IOTA-R0 Wanted list 2016や2017はこの中のメンバーへたくさんお渡ししました。彼らの意思決定に参考になったことは間違いありません。
 
明日、IOTA-R0 Wanted List 2017のチェック依頼をデータ提供局へ送付いたします。また、新規にリストに参加希望局はメールにてご一報ください。
 
R0-IOTA 46件中、JA9IFF中嶋さんとJF1SEK高橋さんが残り3件であがりです。残り40件台も参加されています。残り数を争うものではなく、どのR0-IOTAのニーズが高いかを知らせる資料です。また、そのIOTAのペディションが終了するまで、私の方で得られた情報を提供し続けて交信率を高めるサポートをしています。新規に参加されることに意義があります。

VE3LYCへのClub Log Matching申請時のご注意

さきほどJA9IFF中嶋さんからメールをいただきました。

 
最近、山本さんのブログのおかげで Club Log Matching への申告が
増えてきたと VE3LYC Cezar から連絡が来ましたが、時々 ADIF ログファイル
を添付してメールを送付される方がいて、ログファイルは不要なので
周知徹底してくれないかとの依頼がありました。
当方のブログ・資料は修正してアップしますが、山本さんのブログでも
お知らせしていただけませんでしょうか?
 
よろしくお願いいたします。
とのたいへんうれしい連絡が届きました。頑張りましょう。
 
その中で、VE3LYCへ送るのはこの表の内容のみで、右端のADIFファイルもメール添付で送付される局がおられるそうです。
Ve3lycVE3LYC側はADIFファイルはClub Logを通して確認できますので添付ファイルを送付しないでほしいとのことです。ご協力ください。
 
なお、エクセルなどの表にしてもよいですが、1~2コールサインくらいでしたらメールのテキストで十分だと思います。私はOC-144 YE4IJ Irfanさんには次のようにメールの中だけで添付ファイルは使用しませんでした。
(例)
His e-mail address; ve3lyc( )hotmail.com
Contents;
1) Title "OC-144 YE4IJ Club Log Matching"
2) Data
  Callsign IOTA Ref QSO started      QSO ended         Island name
  YE4IJ    OC-144   2001-02-23 14:11 2017-11-28 14:25  Belitung   
 
  Uploaded ADIF File Name 
  ye4ij.adi(Not sure)
 
確かに1つのメールで添付ファイルが3つも4つも付いてくるとその確認で大変ですしうんざりします。それが複数メールあるともうパニックになりますものね。ご理解、ご協力をお願いいたします。
 
なんだか世界第3位のIOTA大国を皆様の力で作り上げつつあると思います。第2位になりましょう。Tnx JA9IFF.中嶋さん

2017年12月 9日 (土)

Club Log Matching の改善(09/12/2017)

ありがたいですね。2016年6月にClub Log Matchingにおいて、その登録名で枝番などをつけている場合、システムが利用できないと発表されていましたが、下記の内容にそえば利用可能となりました。新しいウエブIOTA-Worldの「IOTA委員会での発表」にも掲載されました。
 
詳細はJA9IFF中嶋さんのウエブをご確認ください。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/ja9iff/iota.html

 
もし、該当局がおられましたら登録した結果や使用点を教えてください。
また、対象のご友人がおられましたならばぜひQSPをお願いいたします。

JA-IOTAのClub Log Matching登録状況 (2017-12-08)

IOTA CP JAのJA9IFF中嶋さんより、JA局のClub Log Matching登録方法のマニュアルを一昨日に改定して提供してくださいました。

 
すでに数名のAS-007在住局が登録してリストアップ待ちとのご一報をいただきました。11月にSkedを行いました固定局のOC-144 YE4IJ Irfanさんへも連絡し、「JA局Sked分を含めてVE3LYCへ送りました」との返事をいただきました。
 
JA3のOMさんからもClub Log Matching促進のご相談をいただきいろいろ考えておりましたが、まずはJA-IOTAでClub Log Matchingに登録する活動を地道にでもよいですからやってみてはと思っています。
 
12月8日現在のClub Log Matching ListのJA-IOTA登録件数です。
 
AS-007 155 JA1 Honshu
AS-117   4 JA1 Honshu coastal
AS-008   1 JA1 North Izu
AS-043   0 JA1 South Izu
AS-041   3 JA4 Oki
AS-076  21 JA5 Shikoku
AS-200   8 JA5 Shikoku coastal
AS-078  35 JA8 Hokkaido
AS-147   1 JA8 Hokkaido coastal
AS-077  30 JA6 Kyushu
AS-012   4 JA6 Kyushu coastal
AS-036   2 JA6 Iki/Tsushima
AS-040   3 JA6 Goto
AS-056   2 JA6 Danjo
AS-037   3 JA6 Koshikijima
AS-067   1 JA6 Uji & Kusagaki
AS-032   1 JA6 Osumi
AS-049   1 JA6 Tokara
AS-023   1 JA6 Amami
AS-017   8 JA6 Okinawa
AS-079   3 JA6 Miyako
AS-024   3 JA6 Yaeyama
AS-047   3 JA6 Daito
AS-031  12 JD1 Chichi/Haha/Muko
AS-030   0 JD1 Kazan
OC-073 Any JD1 Minami Torishima
(2017年12月8日現在)
 
まさに、灯台下暗しではないでしょうか。まだまだ少ないですね。0~3件程度の登録が大多数です。AS-117はわずか4件しか登録されていません。Club Log Matchingという切り口で見るとレアIOTAといえるでしょう。
 
これらの移動運用に行かれた経験のあるご友人にお願いしてClub Log Matching登録を薦めていただきたいです。無駄と思わずぜひ中嶋さんのマニュアルをご紹介ください。
 
①離島運用分のQSLカードの在庫を気にしなくてよい。②万一(SKなど)のことがあってもClub Log Matchingとしてログ証明をIOTAが続く限り提供できる。③長年ハムをやっていて新しくIOTAをやる局への動機づけとなる。
などが大きなメリットではないかと思います。
 
JA-IOTAにてある程度のブーミングを起こせば、世界の大勢がClub Log Matching登録へ向かう確率が高くなると思います。DX情報やQRZ.comのQSL情報に via Club Log MatchingやClub Log Matching OKとなる時代を早期に迎えましょう。
 
世界第3位のIOTA大国のJAからブームを起こしましょう。ご協力ください。
 
【追記】
上記の明細リストを作成しました。テキストファイルです。

«AS-153 AU2WBR Sagar Island plan 2018