World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« IOTA meeting in Sendai その6 | トップページ | IOTA DIRECTORYの現在と過去 その2 »

2008年8月21日 (木)

IOTA DIRECTORYの現在と過去

G3KMAのwebでも最近までワードファイルにて掲示されていましたが、最近削除されました。今週初めにある方からEU-055 LA4CM Karmoy Islandが申請できないとの問い合わせをいただきました。すぐに調べてみますとRSGB websiteにて確かに島名が掲載されていません。製本されたIOTA DIRECTORYを調べてみますと、EU-055の島々の最後に(Note: not Eigeroya, Karmoy,........)とありました。メールにて連絡をいれると、翌日には御礼とIOTA DIRECTORY購入のメールが届きました。

私も2007年4月に購入しました。RSGBのwebsiteより直接申し込んで10日程度で到着しました。画面にあるPaypalボタンより簡単に送金可能です。19euro(約3千円)でクレジットカード決済です。英語版ですが、一生懸命意欲を持って読めばIOTAの奥の深さがよく分かります。IOTAの面白さ、その付加価値は自ら作るということが大切と思います。

1997年日本語版には1995年も日本語版を発行し、飛ぶように提供できたとあります。国内で1000冊だそうです。つまり十数年経過した現在でも75%が未申請のままであることが分かります。①取り敢えず購入した②ルールが今一つわからない③細かい質問ができずそのまま④申請書の書き方とカード送付が面倒などが大半の申請に対するハードルでありました。偶然ですが、私はこのハードルを意識せずにクリアしていました。その根本となるのが、奈良DXクラブのJA3UCO細川さんが書かれた記事が大きく強い支えとなりました。今でも私のIOTA chasingの座右の銘です。

« IOTA meeting in Sendai その6 | トップページ | IOTA DIRECTORYの現在と過去 その2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IOTA DIRECTORYの現在と過去:

« IOTA meeting in Sendai その6 | トップページ | IOTA DIRECTORYの現在と過去 その2 »