World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« IOTA meeting in Sendai その5 | トップページ | NA-234 KL7DX youtube掲載 »

2008年8月12日 (火)

VO2A Cezarからのメール

この朝7時にCezarより下記のメールが届いていました。カナダ東部ノバスコティアのハリファックス空港から飛行機待ちの間に送ったようです。音声ファイルも合わせて送ってくれました。JF4VZT澤山さん、JA1SKE片柳さんのスムーズなCWオペレーションがいきなり飛び込んできたのにはびっくりでした。JA3FGJさんなども....。

「vo2a1210zaug_9_0820mcw.wma」をダウンロード 

私とよほど交信したかったようですが、前週は土日の仕事のため残業状態でした。でも、開局して15年間でZone2は一度も聞いたことはない程度のベランダアンテナでは「竹やりでB29を落とす」ようなものでした。

Dear Shu-san, How are you? I am currently on the Halifax airport waiting for my flight
connection to Ottawa, where a friend will come to pick me up by car (180 km from
Kingston). The original return schedule is out the window with all these delays, etc.

I thought that I heard you once in the pile-up from NA-194, called you twice, but I could not copy your reply. I corresponded to Gou-san and Nob-san over the last days. This is my  first IOTA operation ever and it was a difficult one. Logistics, long waiting here and there, very cold temperatures at night, mosquitos and black flies (we could not use any insect repellant because the smell would have altered dogs abilities and we were in the polar and black bear territory!), etc. However, I stayed firm on my desire to offer new
ones for chasers all over the worlds. It was easy to work NA and EU for many hours during the day, but JA and far east Asia has a rather short time window. VK and ZL stations had an even shorter window. As such, despite numerous stations from EU who continuously ignored my directional calls I continued to call JA ans AS and many stations made it into the log. I know that our signals were not always very strong, but these were the conditions we had and it also depended on the DX station conditions to be able to pull us out of the mud. I think that I logged approx 100 stations from Asia from each island, most  of them from JA. Please find attached the recording of our signals received from Koji-san, JA1CQK, the JA station who logged us first, from each island! During our stay on  Finger Hill Is. (NA-194) I only slept 3 hours, and only because of the fact that we had above us the Northern Lights which killed the bands abruptly. On Paul Is. I slept 3 hours the first night and 5 hours the second night, because the bands died on me. Unfortunately,  last night on Paul Is. I got bitten horibly badly by a black fly (despite the fact that I  was convinced that I killed them all) and I had a very bad reaction to it. My entire left cheek got huge and impared my vision. It was terrible. I am a little better, but it will probably take a few more days. Ken (G3OCA) managed unfortunately to kill his rig. I think that his battery connecter sparked and he actually killed the fuse, but since he didn`t have any spare, there was no point even checking. Then, he left from Paul Is. approx 30 hours before me due to numerous complications related to his return. Best wishes and 73,
Cezar, VE3LYC

ほぼ無事に戻れたようですね。交信できた方、ご参考に掲載しました。

« IOTA meeting in Sendai その5 | トップページ | NA-234 KL7DX youtube掲載 »

コメント

貴重な録音ですね。この録音の少し前に[JR0DLU大堀さん][JA8MS斉藤さん]がQSOされていますね。私はこの録音に登場される[JA3FGJ平林さん]の少し後でQSO出来ました。順番待ちですね。この録音を聞く限り、「3エリアのほうがもう少し強く入っていたかな」という感触です。最初 14SSBに出ていた時は全くNGでしたが、W4DKSが[now QSY to CW 14.061 for JA]とスポットを流してくれたので、スムーズに聞きに行く事が出来ました。その時には大堀さんは既に呼んでおられましたが.....。NA-194、8/8は仕事があり、聞く事する出来ませんでしたが、何とか一矢を報いてホットしています。

細川さん、お久しぶりです。
1件交信をおめでとうございます。Cezarからは是非交信したいと度々メールをいただいていましたが、開局15年でまだZone2を聞いたこともありませんし、当然交信できていないので、全く諦めておりました。(笑)
KL7DXもどうも逃がしたようです。ただし、電子申請によるカード回収に関しては交渉中です。XR7Wも花崎さんのところに着いたようで、間もなく届くとは思います。先日EU-135 SD2Oが届いて、今年初めてのcfm 1upというお粗末さであります。秋にはマンションの大規模工事のためアンテナを撤去せざるを得なくなりそうです。

話のレベルがかなり格差を感じました。(笑)

山本さん、体調はいかがですか。
テープを聴いてお恥ずかしいかぎりです。何度もCALL BACKがあったのに全然聞こえてませんね。JA8MSさん、JA1SKE片柳さん、JA3UCO細川さんのときは分かりましたが自分のときは全然分かりませんでした。この後、再CALLし、やっとQSO出来ました。NA-194はチャンスに恵まれず、1度だけ、聞きましたがとても呼べる状態ではありませんでした。KL7DXもMikeのVO2,もちろんSA-037,YO5IOTAも出来なかったので、あきらめていただけに大変嬉しいです。CezarのJAを根気よく拾ってくれるオペレーションがなかったら、無理だったでしょう。これも山本さんのメールなどでの、普段からの親交を深めていたから子粗朶と思います。有難うございました。

澤山さん、お久しぶりですね。
仕事supermanの澤山さんと思っておりましたら、私も体制が変わりここのところ忙しくなりました。現在の副作用の影響は頭と顔ですがいよいよ終わりが近づいたかなと思っております。頭がすっきりとし始めて、メール返信の気力も湧かなかった数週間前までとは大きく変わりました。来年の1月26日まで48回のインターフェロンがまだ続きます。
花崎さんのwebにもCezarからほぼ同様の記事が掲載されました。大きく違うところはドネーションを希望しているところですね。私は最初に依頼されましたが、到底交信できるところではないので断りました。
予定の1.5倍の滞在のため、さらにコストはアップしていると考えられます。
何も考えずにただ交信して返信料のみでカードを回収するだけが一番良いのは分かっていますが、運用側は長続きしないのも分かりますね。

自分の信号をこうして聞いてみると感激します。私の所で聞こえたVO2Aの信号は
ここで聞こえる位にプラスしてリグの内部雑音が乗っていて、最初のcallbackは
「きついなー」という感じ。2回目のときは自分のcallが「JA1...」と
きたので間違いないなという程度でした、この録音をきいてみると
タイミングがあっていて、恥をかかなくてよかった(笑)
CWだからできたけど、SSBではとても無理な所です。
自分の信号があんなに明瞭度良く届いていたなんてとても信じられません。

片柳さん、まずはおめでとうございます。素晴らしい、かつユニークなコメントをありがとうございました。思わず笑ってしまいました。このブログの再再再復活は片柳さんの一言でした。「毎朝の楽しみが一つない」というご発言だったと思います。感激しましたよ。早速再開を決意しました。間違いなく見ておられるとわかりさらに感激しました。またのコメントをお願いします。

私は大いなる勘違いをしてしまいました。
Cezarのmailをちゃんとよめばいいのに録音だけを
聞いてコメントしてしまいました。
この録音はJA1CQKさんが録音したものを、Cezarに送って、
それが上記のadressにあるよ  ということですよね。
どう考えても私の信号があんなに強くzone2に飛んでいく
はずはないもの。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VO2A Cezarからのメール:

« IOTA meeting in Sendai その5 | トップページ | NA-234 KL7DX youtube掲載 »