World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« EU-127 DF6QC Helgoland Island | トップページ | OC-038 ZL7TからIOTA ZLsへのチャレンジ »

2009年3月14日 (土)

EU-041 IM0QMA Sked 5回目結果報告

本日5回目のSkedをFabrizioと行いました。参加者はJA3UCO,JG1UKWのお二人。いずれもSkypeのキーボードチャットで呼んでこられました。指定時間指定周波数を聞いていましたが、全く聞こえず。UCOさんが14の状況を確認していただきましたが、北部EUは入感しているが、南部EUは感じないとのこと。

確認と督促のメールを送りましたが返信はありませんでした。30分経過して18MHzへ移ろうとした時にFabrizioよりメールが届きました。「14MHzで呼んでいるが何も聞こえない。17mtへQSYするか」とのこと。ビームでJA3UCO局が聞いているのでコールしてくださいとメール返信。しかし、UCOさんも私も全く聞こえず。18MHzへQSYのメールを送付。ここではUKWさんのビームが最も耳がよく、微かに聞こえるが交信に至らず。最後に14MHzへ戻っていただくメールを発信。ここでも入感なしでした。

Fabrizioとは5往復のメールを行いましたが、コンディションが悪すぎることで終わりました。今回の5回目は0局の結果となりましたが、過去の4回で合計8名の交信済を出しております。ご希望者は連絡いただければ幸いです。

« EU-127 DF6QC Helgoland Island | トップページ | OC-038 ZL7TからIOTA ZLsへのチャレンジ »

コメント

JN6RZM 山本さん
こんばんは。

本日は、ありがとうございました。
チャットをしながらFabrizioさんにチャレンジでしたが、もう少しコンデションが良ければコールが確認が出来たかも知れません。
いつもながら緊張する時間でした。
でも、次回を楽しみに・・・(^^♪
これからも宜しくお願いしま~す。 (^^)

宮嶋さん、おしかったですね。この朝にFabrizioからメールが届いていましたので、転送しておきました。明らかに14MHzより18MHzの方がコンディションが良かったようですね。細川さんに偶然ではありますが、Sked時の技を教えてもらいました。いろんな方と交流するのは良いですね。次回もがんばりましょう。でもできなくてもめげずに何度もやるということは精神力も鍛えられます。(笑)

ありがとうございました。18時26分ぐらいに14MHZに戻って,[ CQ CQ~]というIM0QMA FabrizioさんのCQ-CALLがフルで
突然聞こえてきました。すぐにCALLしましたが、相変わらず[ CQ CQ~]が始まりました。相手には届きませんでした。
今回,山本さんのご尽力でスケジュールに参加させて戴きましたが、残念ながら力及ばずでした。昔のことばで、
「力及ばずして倒れることは辞さないが、力尽くさずして挫けることを拒否する」次回スケジュールにも参加させて戴きます。

IM0QMA Fabrizioさんは、スケジュール時間中ずーとCQを叩き続けて下さったと言う事にも、感謝の心で一杯です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512797/44344543

この記事へのトラックバック一覧です: EU-041 IM0QMA Sked 5回目結果報告:

« EU-127 DF6QC Helgoland Island | トップページ | OC-038 ZL7TからIOTA ZLsへのチャレンジ »