World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« SA-098 OA4/HA1AG Isla leona | トップページ | EU-041 IM0QMA Sked 3回目結果報告 »

2009年3月 7日 (土)

OC-167 Kapingamarangi Atoll V63TO その3

東京出張中の3月5日に出てきました。6日の夕方に東京から戻り次第、14040.5 up1にて交信できました。コールはV63TOを使っています。残念ながらJA第1号は逃してしまいました。

近場ですので簡単にと思ったのですが、夜の7MHzCW, 朝の10MHzもパイルがきつく最初に呼ばないとかなりたいへんです。じっくりワッチしていると、JAはお馴染みのKW局が交信していくのが分かります。ところで気になるのは滞在がいつまでかです。過去のMikeのデータを調べてみました。

1. OC-082 E51QMA 2006 10/26 - 11/14 19日 

2. OC-080 E51QMA 2007   5/11 - 5/25 14日

3. OC-178 H40MY 2007 10/8 - 10/16 8日

4. OC-163 H40MY 2008  9/20 -10/16 26日

5. OC-192 H44MY 2008 11/19 - 12/2 14日

6. OC-149 H44MY 2008 12/22 - 12/25 3日

7. OC-259 V63MY 2009 2/13  - 2/22 9日

8. OC-167 V63TO 2009 3/5 - ? ○日

と結構1週間以上はいるケースが多いです。昨年末のOC-149は寄港したついでのオペレーションのような感じですね。平均1週間超の滞在とは言ってもどうなるか分かりません。この週末に終わらせるのが得策です。彼のよくでる周波数を抑えておくことが肝心ですね。クラスタスポットデータを追っているととれない可能性があります。

Mikeのオペレーションの特徴は00分開始の00分終了が多いです。昨晩も7メガは9時にでてきました。ちょうど9時に風呂にはいりましたので風呂上がりは当然パイルでダメでした。この朝も6時過ぎに10117.2に出てきました。00時になるとQSYするパターンです。ご参考ください。

« SA-098 OA4/HA1AG Isla leona | トップページ | EU-041 IM0QMA Sked 3回目結果報告 »

コメント

JA第2号を逃がしました。

大堀さん、14と10MHzにて2QSOしました。すでにSASEを投かんしました。回収は第1号を狙います。(笑)

昨晩の7MHzを聞きました。
今回はハイスピードのキーイングのように感じましたが、HW?。
W5BOSとかVE3EXYも出来ていました。ear

JN6RZM 山本さん
こんばんは。

V63TO・・・OC-167. (^^)v
18MHz-SSB/CWと21MHz-CWでQSOが何とか出来ました。
あのパイルの中でも、V63TOはFB WKD QRP 73 ES GLと打ち返してくれましたよ。
18MHzの時は、すごいパイルだったのでQRPを付けず打ち込むと、QRP ? と打たれコールにQRPを付けて打ち込みました。 (^^)v
今回もひょっとしたらQRPでQSL Cardが来るかも。 ?
私も、明日には投函で~す。
本日は、ありがうございました。

杉原さん、お久しぶりです。
なるほど、SWLではどんな局が交信できるかも付録で分かるわけですね。OC-167はクラスタスポットでは取れませんね。出てくるまで焦らしたから、OC-167 Rareが伝わっていたためか、出始めると信じられないくらいJA/EU/NAがごちゃまぜでした。21040で見つけた時にコンディションが悪いせいか、Mike自身が「次は24911」とアナウンスしながらレポートを送っているのが印象的でした。残念ながら外出のため、24MHzは聞けないままでした。明日もチャレンジです。IOTAオセアニア251番目です。残りは22とProvisionalの21です。今後、厳しいですね。

宮嶋さん、こんばんは。
おめでとうございます。日本に最も近くて、最もレアなOC-167でした。13年前にIOTAディレクトリを購入して、P29/H4等と並んでV6もなかなか出てきませんでした。V6もこれで終了です。喜びよりは「抜け落ちる髪の毛」のように少なくなるオセアニアに感傷にふけっています。(笑)

今晩は。
私も今日の07時半過ぎに10メガCWで発見しましたが、すごいパイルでなかなか拾ってもらえませんでした。
そのうち18メガCWにQSYするというアナウンスがあり、指定された18.085を即ワッチ。
数局先を越されましたが、何とか、コールバックがあり、QSOできました。
宮嶋さんと同じように、FB WID QRPと打ってきました。
そのうち今度はSSBにQSYするというアナウンスがあり、聞いてみましたが、ちょっと弱く
しばらく様子を見ていました。そのうち信号が上がってきたので、15分くらい呼んだでしょうか、
コールバックがあり、QSOできました。
18メガのCWとSSBでゲット出来て、まずは一安心でした。

各局、無事に交信終了された様でおめでとうございます。
当方は、一応40mから12mまでのCWと17m SSBが出来ました。
次にOC-260へ行ってくれるとうれしいのだけど。 どうなりますか?

栗原さん、おめでとうございます。日曜日の朝も18085で大サービスしていましたが、なぜかとどきませんでした。もともと専用のアンテナではないのですが、CQを何回も出しているのにこの近さで届かないというのはちょっぴりさびしいでした。夕方に再チャレンジです。

中嶋さん、キーワードはDon Henryです。つまり彼らがどこに戻るかと思います。昨年9月からの航海がいつまで続くかもポイントですが、いろいろ調べたら彼らがアメリカ本土コロラドに戻っている時のDon Henry号の停泊地はHawaiiのようです。

そこで、OC-167からHawaiiに線引きするとOC-011に寄港する可能性もあります。OC-260はそこから北西の日本寄りになりますので、少し帰路から外れ厳しいかなと考えます。

それよりも、OC-167の滞在期間次第で3月の動向が決まりそうな気がしますね。Google Earth上で、シミュレーションして楽しんでおります。ハイ

おはようございます。
今朝もHFハイバンドをチェックしていましたら、
21260SSBで、JANさんがラグチューをしていました。
しばらく聞いていて、通常のペディモードになったので、コール10回ほど。
コールバックがあり、2バンド目のSSBをゲットです
今のJA、VKのパイルを受けています。(10時現在)
21メガはあとCWが出来れば万々歳です。HI
あと数日は運用するのでしょうから、がんばっていただきたいですね。

おはようございます。私もV63TOと2バンドで交信できました。レアだとは知らずに交信したのですが、後で皆さんのブログなどを見て回ったら、あちこちにレアだと書いてありました。もちろん、RZMさんのブログにも書いてありますね…。

KEBさん、おめでとうございます。実はOC-167はまだJAからはお一人もRSGB IOTA creditを受けられていないんです。そのため、第1号交信を狙っておりましたが、残念ながら5日の出張中にスタートし、逃してしまいました。1050ほどあるIOTAすべての交信は不可能と思いますが、Creditedの数が多くなるほど新しいIOTAの交信が難しくなります。私はそのため、ひとつひとつのIOTAを調べまくり、そこに誘導するくらいの気概で楽しんであります。
OC-167 Kapingamarangi Atollのことをしゃべらせたら、30分から1時間くらいは講演できるくらい情報を蓄積しております。1IOTA自体の付加価値を高めてQSLカード回収までを楽しんでおります。
KEBさんもリストの整理やRSGB IOTA webの利用、申請などに一歩踏み出されると新しいIOTA worldを得られ、さらに楽しめると確信いたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512797/44266898

この記事へのトラックバック一覧です: OC-167 Kapingamarangi Atoll V63TO その3:

« SA-098 OA4/HA1AG Isla leona | トップページ | EU-041 IM0QMA Sked 3回目結果報告 »