World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« P29 2009 その4 | トップページ | KM9Dの行動 »

2009年4月10日 (金)

AS-068 RW0BG/p その5

本日4月10日に表題のQSLカードがVictorより届きました。

昨年7月24日の風呂上がりに14MHzCWにて偶然にCQを出しているRW0BG/Pを見つけました。UA0シリーズではサフィックスにB/C/F/I/K/L/Q/X/Zが頭に付き、/Pが付くとIslandからの移動の可能性が高くなります。しかも、B/Q/Kは北極海に接するIOTAの宝庫と言われています。この二つの条件が重なっていたのです。「まさかなー」と思ってコールするとすぐにコールバックがありました。QTH? と聞くと、AS-068 Morzhova Islandと戻ってきました。

ところが調べてみますとMorzhova IslandはAS-068にリスティングされていませんでした。さらに、RW0BGのQRZ.comを拝見するとQSLはNo Direct, Bureau onlyとありました。

前者はRSGBのRoger/G3KMAへ問い合わせると、数日後にAS-068とするよう手続きするとの返事が戻りました。後者は本人へ問い合わせましたが、向こうから私の住所へダイレクトで送付していただけることになりました。本当にいいのかなと思いました。

前回のその4で書いたと思いますが、QSLカードはUA1OMS Printにて作成中だと返事がきました。UA1OMS Print webは注文から発送までの過程が分かるようになっていますが、彼が注文したのはRW0BG/pではなくUE0BFFというカードになっていました。2、3種類注文して、代表コールが載っているのかなと思いました。実は共用カードでした。

さっそく、RSGB IOTA webに登録をしておりましたところ、Island NAMEの欄にマウスポインタを置くと、島名一覧のウインドが開き、見事にMorzhovaを見つけて感激しました。昨年はなかったんですよ。RSGBが追加してくれたんですね。

紆余曲折のカード回収でしたが、たいへん楽しかったです。Victorの厚意に感謝します。なお、2002年3月に21MHzにて交信したQSLカードもあわせて送ってくれました。

Asua

« P29 2009 その4 | トップページ | KM9Dの行動 »

コメント

QSLを見ますと、6月30日から7月30日にかけて、いろいろな
ところからQRVだったようですね。
そのうち、IOTAは、
AS-068が7月24日のみ、
AS-005が7月29日と30日でしたから
非常に運が良かったです。私も初めからダイレクトで出しました。
QSLには「TXN FOR SUPPRT!」と嬉しい文字が書かれていました。

大堀さん、フォローをありがとうございます。UA0はR0Bを5/12、R0Qを2/10、R0Kを2/7、残りはR0CのAS-094を残して、21件もまだ残しております。Victorが毎年、R0BのIOTAを廻ってくれるとありがたいですね。そのように交渉中です。情報を入手したらブログで提供します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AS-068 RW0BG/p その5:

« P29 2009 その4 | トップページ | KM9Dの行動 »