World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

The first photos from NA-191

4月17日にNA-191 TI7KKよりIOTA peditionを実行したDaniel/DL5YWMよりメールが届きました。現在OA9からOA1へ移動しているようです。そして間もなくドイツへ帰るようですね。

Hi Shu-san,

how are you ?

Please check www.ti7.info for the first photos from NA-191.

We will talke later when I am back at home.

73,
Daniel
OA9/DL5YWM
(soon OA1/DL5YWM)

NA-191からの最初の写真がwebの中に貼られたようです。島のスライドショーと、ペディションに使ったアンテナのスライドショーを見ることができます。なかなかのものです。

Zoli/HA1AG達とも実施前に合流していますが、やはり彼らの第一の目的はDXCCペディではなく、IOTAペディションが目的であるようです。本土から船をチャーターして危険を冒してコストをかけて島へ渡ってくれたようです。

http://www.ti7.info/html/images.html

2009年4月26日 (日)

SA-098 4T6I Isla leona レポートその2

先ほど土曜日に続きZoli/HA1AGよりSkypeコールがありました。

Photo albumが完成したのでJAの皆さんへお伝えくださいとのことです。

www.hg6n.hu/ha1ag/zenphoto Zoli Pitman's Photo Galleryをクリックすれば見ることができます。

私はSA-098のみと思いましたら、2002年 HC8N, 2004 HC8N, 2005 CE8A, 2006 XR4PI, 2007 UE0QDA, 2008 XR7A & XR7W, 2009 4T6Iの豪華写真集でした。じっくりご覧ください。ZoliさんへJA1KEBさんが5wattsのlong wireにて交信されたことも伝えました。

「Photo Albumが完成しました。JAのお友達へご紹介ください。Zoli Pitman's Albumです。JA1KEB 5wattsにびっくりです。Congratulation for his achievement. OA4BHYとCE6TBNがSSB、Reneと私がCWを担当しました。17mを日中の、40mを夜のメインバンドとしました。しかし、40mのJAはBY radarに壊されてしまいました。JAのために30mに移したことは成功でした。それは4313QSOs/3256stnsの数字が示しています。しかしながら30mのOAは珍しいようでDXCCとして呼ぶstnsが多かったようです。私たちはあくまでIOTAペディションを目的でありました。あっ、JA1KEBありましたよ。30mの0708です。よろしくお伝えください。貴方の友人のJE7JISもありました。JO3AXCもXR7オペでもお世話になりました。XR4PIは私の意見として無理です。不可能ですね。危険ですよ。Pupuya Isの写真もありますので見てください。ところで、KM9Dは次はどこへ行きますか。ZLへ戻ると思うのですが。IOTAペディションの基本と最優先は安全な行動です。それを理解できない局が多いです。彼等にとっては単にリストにXマークを付けるだけのことです」

以上がZoliさんとのお話の一部です。Photo Albumのご参考としてください。

2009年4月25日 (土)

SA-098 4T6I Isla leona レポート

4月10日から13日の予定で実施されました表題のメンバーであるZoli/HA1AGより、先ほど連絡がありました。残念ながら4月10日-11日のオペレーションとなり私もmissing QSOの結果となりました。以下Zoli-sanの話した内容です。

木曜日の23日にペルーから戻りました。SA-098より貴方と交信できずたいへん残念です。7メガのBY BIG radarが大きな問題で何も聞こえなくなりました。10メガは強力な信号で数局のJAと交信できました。もっと多くのJAのアクティブがあると思いましたが残念です。写真を送りますがそのアルバムにもあるとおり、JA向けは特別の配慮をしました。完璧と思ったのに残念です。10メガはたいへん良かったのですが、17/20メータはほんのわずかのJAでした。日曜日は海が荒れてしまいました。いまphotoアルバムを作りました。あとコメントを入れたら貴方のブログでご紹介ください。Gou sanへも依頼しますよ。黄色いシャツがOA4BHYです。岩の上で眠っているのが私です。SA-098はもう長いことハムのアクティビティはないと思います。そこに行くことが危険で無益なことと感じました。ところでJARLへ1.5kgのQSLカードのパッケージを送りました。多くのJAへの返信です。

Photoアルバムのwebを見させていただき、一つ一つ評価しました。島というよりは岩ですね。波が荒いのでびっくりです。本当にJA向けにアンテナをセットアップしてくれていました。JAへのパスを見つけたと言ってきましたので是非ともアルバムにその旨を記載してほしいとお願いしました。間もなく完成し、ご紹介できると思います。先般、ブログに乗せるときは日本語で書いてねと言ってきましたので、そのまま貼り付けられなくなりました。余談ですが。

New IOTA DIRECTORY新発売

2009年版のIOTA DIRECTORYが発売を開始しました。45周年記念誌とのことです。

http://www.rsgbshop.org/acatalog/Online_Catalogue_What_s_New_26.html#a19

128ページの製本物ですが、£9.99に£3.00の郵送料で合計£12.99(邦貨で約1,857円)です。webより、クレジットカード番号入力(私の場合は前回分が記録されていましたので簡単でした)にて申し込みました。

私は1997年日本語版より連続して購入しており、IOTAチェイシングのバイブルとして活用しています。前回のIOTA DIRECTORYも128ページにて構成されていますので内容的には大きな変わりはないと思いますが、新しいDIRECTORYに前回分のデータを手書きで写し直すことにより、また新しい発見があります。かなりいろんな情報メモを書き込んでいます。

英文ですから見づらい点はありますが、何度も読んでいるとイメージで理解し面白い発見に気づくことも多いです。ルールの変更や、新しい情報への書き換えがありますので、やはりどうしても入手したくなります。入手したDIRECTORY情報とGoogle EarthのIOTA MAPをIOTAごとにチェックするといろんな情景が見えてくるものです。

前回は申し込んで1週間から10日くらいで届いた記憶があります。

受け付けられましたら次のメッセージがメールで送ってきます。(一部**に置き換え)

Dear Shuji Yamamoto,

Thank you for shopping at Radio Society of Great Britain.
We will shortly process and despatch the following order:

******************************************************
Order Number: SY0002000133**
Order Date:   ** April 2009 13:42 GMT

Ship To:
Shuji Yamamoto
2-23-24-402 Nishijin Sawara Fukuoka
814-0002
Japan
092-844-56**
jn6rzm*nifty.com
JN6RZM



Shopping Cart (Prices in British Pounds)
DESCRIPTION                     QUANTITY        PRICE         COST
----------------------------------------------------------------------
IOTA Directory                         1        £9.99        £9.99
Please Select - Pricing: Non           1                           
Member's Price £9.99                                              
======================================================================
                                             Subtotal:        £9.99
                 Shipping (Worldwide Parcel Delivery):        £3.00
                                                Total:       £12.99


NOTES: 
***************************************************************
Full details of our service and delivery commitments etc can be
found on the Terms and Conditions page of the RSGB online shop.
***************************************************************

RSGB Vouchers
If you have claimed your RSGB voucher online please send the used voucher
to us for our records.  Please mark the voucher "Redemed" and ensure that
any order form is NOT completed, as this may lead to a duplication of your order. 
Thank you for your co-operation.

RCF Donations
If you have made a donation to the Radio Communications Foundation re-claiming
Gift Aid you should retain this e-mail for future reference making note of the
following.

The charity will treat all donations you make (and have made since the 6th
April 2000) until you notify otherwise as Gift Aid Donations.

To be eligible you must pay income tax and/or capital gains tax at least equal
to the tax the charity reclaims on your donations in the tax year. You may
cancel this declaration at any time by notifying the RCF in writing. If your
circumstances change and you no longer pay income tax and or capital gains tax
at the rate the charity reclaims you should cancel your declaration.  If you
pay tax at the higher rate you can claim further tax relief in your
Self-Assessment tax return.

Sincerely,
Radio Society of Great Britain

3 Abbey Court
Fraser Road
Priory Business Park
Bedford
MK44 3WH
United Kingdom
+44 (0) 1234 832700
+44 (0) 1234 831496
sales*rsgb.org.uk

2009年4月21日 (火)

OC-205 P29NI Derekからのメール

月曜日にJK1TCVさんよりドネーションの送金をいただきました。前週にドネをいただいたJO3AXCさんの分がまだwebに掲載されていないので、合わせてよろしくお願いしますとメールを送りましたところ、下記メッセージが戻りました。

「非常にありがとう、シューさん。私たちのフライトはすべてロンドンから出発する4人のチーム・メンバーの構成であります。PNG滞在中の経路がすべて記入されます。私たちのアンテナ(40〜15m)がすべてチェックされ準備しました。私たちは進歩しています! 73 デレク」

ようやく10名のご支援になりました。ありがとうございます。

2009年4月19日 (日)

KM9D ルート

Mike/KM9Dのルートをとりあえずですが、Google EarthのMapにPositioningしてみました。

Track of KM9D --- Last report received 1 days 20 minutes 7 seconds ago
Last location is 626.7 miles northwest of GUADALCANAL, SOLOMON ISLAND
Status: 2009/04/10 06:32 UTC 00-56.99S 156-47.79E aboard 'Don Henry', en passage, bound for Solomon Islands

Track of KM9D --- Last report received 2 hours 25 minutes 56 seconds ago
Last location is 546.8 miles northwest of GUADALCANAL, SOLOMON ISLAND
Status: 2009/04/11 20:50 UTC 01-57.92S 157-23.80E aboard 'Don Henry', en passage, bound for Solomon Islands

Track of KM9D --- Last report received 5 hours 40 minutes 46 seconds ago
Last location is 198.2 miles northeast of GUADALCANAL, SOLOMON ISLAND
Status: 2009/04/16 06:54 UTC 06-35.82S 160-00.39E aboard 'Don Henry', en passage, bound for Solomon Islands

Track of KM9D --- Last report received 6 hours 41 minutes 42 seconds ago
Last location is 172.1 miles northeast of GUADALCANAL, SOLOMON ISLAND
Status: 2009/04/17 06:19 UTC 06-59.08S 160-10.98E aboard 'Don Henry', en passage, bound for Solomon Islands

Track of KM9D --- Last report received 48 minutes 19 seconds ago
Last location is 136.3 miles northeast of GUADALCANAL, SOLOMON ISLAND
Status: 2009/04/18 06:28 UTC 07-31.01S 160-15.81E aboard 'Don Henry', en passage, bound for Solomon Islands

Track of KM9D --- Last report received 6 minutes 24 seconds ago
Last location is 93.4 miles northeast of GUADALCANAL, SOLOMON ISLAND
Status: 2009/04/19 06:17 UTC 08-07.50S 160-07.33E aboard 'Don Henry', en passage, bound for Solomon Islands

Km9d_route      Km9d_route_2    Km9d_route_3 探してみればあるものですね。しかし、慣れないので結構たいへんでした。こうやるとはっきりと彼の航路が見えてきますね。この黄色のピンもファイルに保管され、4/20以降も追加できるようです。こうなれば神頼みのOC-168です。Don Henry号は何処へ向かうか楽しみです。

2009年4月18日 (土)

NA-191 TI7KK その2

すでにご承知の方も多いと思いますが、彼らのウェブのなかにPropagationというコラム(ボタン)があり、TI7側から見た時間別・バンド別の地球Mapをベースとしたデータを掲載しています。

http://www.ti7.info/html/propagation.html

JAとのオープンは18MHz以上のバンドではほとんどなく、14MHzでワンチャンス、10/7MHzではJAの夕方から夜11時くらいまでのようです。今日、明日しかチャンスはないと思いますのでぜひご確認ください。

2009年4月17日 (金)

NA-191 TI7KK

コールサインが決定したとの連絡メールがDaniel/DL5YWMより入りました。朝一番のメールですので、明日土曜日から聞こえるでしょう。

Hi Shu-san,

we are to go to NA-191 tomorrow.
Our callsign will be TI7KK.

73,
Daniel
TI7/DL5YWM
www.ti7.info

2009年4月16日 (木)

OC-285p Stewart Is 急接近/KM9D

Mike/KM9Dは「06-35.82S 160-00.39E」の経緯に移動してきました。そこから急きょ南下してソロモン諸島の首都Honiaraへ向かう可能性もちょっぴりありますが、経路を辿り、そのまま直進すれば表題のOC-285p Stewart Islandに到着しそうです。6時間前の距離は350kmのポジションです。

ここはGoogle-Earthで確認すると人家がありますので、十分に可能性あります。MikeがPositioning Dataを送り続けるということはほぼ間違いないと判断してよいと思います。再び、H44MYまたはH44TOにてこの週末にもでてくるものと思えます。

しかし、あきれるほどタフです。昨年9月からのOC163 H40MY,  OC-192 H44MY, OC-149 H44MY, OC-259 V63MY,  OC-167 V63TOと素晴らしいIOTAペディションのクルージングです。大いに期待したいです。

2009年4月13日 (月)

SA-098 4T6I ZoliからのSkypeコール

先ほど午後9時21分に表題のZoli/HA1AGからSkypeコールがありました。

私の40mについてのクラスタコメントに気づいたとのことでした。それは残念ながら私自身のSpotコメントではなく、私のコールを使った偽コメントでありました。国内はもとより海外からもダーティコメントに対して心配してメール連絡がくるようになりましたが、海外を含め、全て事情を詳細に説明しております。

ところで、Zoliからは無事にちょうど24時間前に島を引き上げたそうです。40mはドラゴンレーダーのbcsによる大きな問題があったそうです。30mは調子がよくJAと交信できたそうです。しかし、ActiveにJAが出ていなかったと言っていました。30mのJAはHUGE signalsで特に、私の友達のJE7JIS, JO3AXC and Gou sanの信号が強かったと言っています。

まずはレポートいたします。

Tnx Zoli

2009年4月12日 (日)

NA-059 NL8F その3

E51COFにてペディションを終え、Dutch harbor/NA-059に戻ってきたTim/NL8Fよりメールをいただきました。

「ヘロー・シュー、私はたった今、ダッチハーバーの自宅に戻りました。残念ながら、まだ設備は輸送の途中です。私のリグ等がここに着く前に受け入れの準備をしなければなりませんが、多分シアトルにあります。特に、私は40Mのためにアンテナを得たいと思います。それは私をバックアップしてくれたE51CGに私の垂直アンテナを託しました。したがって、今のところ、ラジオがここに着く時、私は40Mのみにしばらくの間いるでしょう。私たちはそのときスケジュールをセット・アップすることができます。私は準備ができたらemailするでしょう。よろしく。 ティムNL8F」

とのことです。私はすでにNA-059はCredited済みですが、TimとSkedを希望されます方は既に3名の希望者をいただきました。さらに希望される方はご一報ください。

2009年4月11日 (土)

KM9Dの行動

昨年9月からOC-163 H40MY 、OC-192 H44MY、OC-149 H44MY、OC-259 V63MY、OC-167 V63TOとrare IOTAから出まくりのMikeですが、1か月以上滞在したOC-167を出港して五たび、次を目指して動き始めました。

彼らの動きは、http://www.findu.com/cgi-bin/track.cgi?call=KM9D にて随時把握できることはすでに紹介されていますが、私はこのweb画面のヘッドの部分、①Track of KM9D、②Last report、③Last Location、④Statusを毎回コピーして、テキストファイルに保管しています。

これをGoogle EarthのマップにKMZファイル(IOTA ref. numberをマップ上に落とせます。常にメンテナンスされており、RSGB IOTA webよりダウンロードできます。最新は2009-Mar-07です)を表示します。マウスポインタをマップに当てるとマップの左下に緯度経度が表示されます。この数字を前述のテキストファイルと合わせると見事に彼らの位置が分かります。残念ながら緯度経度を入力すると位置を示してくれるような機能を見つけ使いこなしておりません。ちょうど台風の進路図のイメージが出来上がり、次の寄港地をシミュレーションできるのです。まさに台風の進路予想ですね。

Mike/KM9DはOC-167を出て、OC-284(一昨年Derek/G3KHZとHans/SM6CVXがペディ実施済み)との真中あたりを航行しています。その少し南にOC-192 H4がありますがここは終わったばかりでありますのでいずれもQRVしないと思います。

さらにその少し南にはOC-285p Stewart Island、もう少し先にはOC-179 Duff Islandが横たわっているんです。なんとも言えませんが、この二つの可能性は大いにあると思います。Mikeが発信するposition dataはlong tripの終わりを告げるものではなく次の寄港地を予測させるデータであるからです。通信技術とPCシステムの発達は日進月歩ですね。IOTAを大いに楽しみたいです。

2009年4月10日 (金)

AS-068 RW0BG/p その5

本日4月10日に表題のQSLカードがVictorより届きました。

昨年7月24日の風呂上がりに14MHzCWにて偶然にCQを出しているRW0BG/Pを見つけました。UA0シリーズではサフィックスにB/C/F/I/K/L/Q/X/Zが頭に付き、/Pが付くとIslandからの移動の可能性が高くなります。しかも、B/Q/Kは北極海に接するIOTAの宝庫と言われています。この二つの条件が重なっていたのです。「まさかなー」と思ってコールするとすぐにコールバックがありました。QTH? と聞くと、AS-068 Morzhova Islandと戻ってきました。

ところが調べてみますとMorzhova IslandはAS-068にリスティングされていませんでした。さらに、RW0BGのQRZ.comを拝見するとQSLはNo Direct, Bureau onlyとありました。

前者はRSGBのRoger/G3KMAへ問い合わせると、数日後にAS-068とするよう手続きするとの返事が戻りました。後者は本人へ問い合わせましたが、向こうから私の住所へダイレクトで送付していただけることになりました。本当にいいのかなと思いました。

前回のその4で書いたと思いますが、QSLカードはUA1OMS Printにて作成中だと返事がきました。UA1OMS Print webは注文から発送までの過程が分かるようになっていますが、彼が注文したのはRW0BG/pではなくUE0BFFというカードになっていました。2、3種類注文して、代表コールが載っているのかなと思いました。実は共用カードでした。

さっそく、RSGB IOTA webに登録をしておりましたところ、Island NAMEの欄にマウスポインタを置くと、島名一覧のウインドが開き、見事にMorzhovaを見つけて感激しました。昨年はなかったんですよ。RSGBが追加してくれたんですね。

紆余曲折のカード回収でしたが、たいへん楽しかったです。Victorの厚意に感謝します。なお、2002年3月に21MHzにて交信したQSLカードもあわせて送ってくれました。

Asua

2009年4月 9日 (木)

P29 2009 その4

Hans/SM6CVXよりメッセージが届きました。webの方もメンテナンスされているようです。

Following info for our 2009 P29-expedition
OC-102 Tanga 22 Oct to 26 Oct  P29VCX via SM6CVX
OC-231 Green 27 Oct to 31 Oct P29VLR via SM6CVX
OC-205 Woodlark 2 Nov to 9 Nov P29NI via G3KHZ
Operators SM6CVX Hans(CW),G3KHZ Derek(CW),CT1AGF Luis (SSB,RY),
G3USR Gordon (SSB),M0VTG David (SSB)
1,8 mc to 28 mc  CW/RY/SSB full power
After this SM6CVX Hans will operate from
OC-116 D´Entrecasteaux P29VCX via SM6CVX 11 nov to 13 nov

Any donations welcome.And please qsl with 1 IRC or 2 USD minimum
73 de SM6CVX Hans

昨年、一昨年はこれでごちゃごちゃしてしまいましたが結果として、G3KHZからすべて入手が可能でした。お目当てのOC-205が1週間というのはいいですね。OC-116はHansだけで帰りがけにやる感じですね。

2009年4月 2日 (木)

P29 2009 info その3

本日、第1号ドネーションのご協力をいただきましたのでDerek/G3KHZへ下記のメールを送りました。

Hi dear my friend Derek,

I just received JA3BKP's donation.
If you can, please fill JA3BKP & JN6RZM in your website.
JA friends started to be enjoyable for your P29 2009.

Shu JN6RZM

すぐに、返信が戻りました。

「こんにちは、親愛なるシュー。親切な寄付金をありがとうございます。コールサインは、私たちのウェブサイトへまもなく加えられるでしょう。私は20mおよび30mのローディング・ダイポールアンテナを作るのにたいへん忙しいです。本当にありがとう。73 」

明日の朝には、彼のwebsiteのSponsorsに掲載されるでしょう。たいへん楽しみです。

2009年4月 1日 (水)

NA-191 TI7WGI or TI7/DK6AO info

DanielのメールにはNA-191 TI7の件に関しまして、IOTA friendsへのQSL-serviceはどうしましょうか。私から受け取ったQSO datasよりQSL cardを発行しましょうか、ただしドネーションはDK6AOに入るので、私からは船便で送ります。(笑)とありました。

ちょうど30日に送金するつもりでおりましたが、Danielからの連絡待ちで未送付でありましたので、TI7のwebsiteに登録されているDonateボタンから送金するのでは止めました。そして、私が登録しているPaypalにて、集まった13,000円をDanielのe-mailアドレスへ先ほど送金しました。一昨年の12月末にZoli/HA1AGやJack/F6BUM,Yuri/N3QQ,Derek/G3KHZへ送った方法です。

VISAカードの登録により、その送金データはPaypalによりDaniel/DL5YWMへメールにて連絡されます。Danielはその連絡パスワードを持って金融機関へ行けば、そのお金を受け取ることができるんです。Paypal systemはホームページに掲載されているwebの送金ボタンから送る方法と、ご紹介した方法の2通りあるんですね。間もなくDanielよりメールが来ると思います。

SA-098 4T6I DXpedition Isla La Leona

Daniel/DL5YWMよりメールが届きました。2点要点があります。

第1に、NA-191のコールサインはTI7WGI/P or TI7/DK6AOになるそうです。間もなく開始されますので、その準備に取り掛かるところだそうです。

第2に、彼の友人であるRene/DL2JRM等が行くSA-098はコールサインが4T6Iに決まったそうです。Reneは3日前の3月29日にはBW9/DL2JRMとして台湾のAS-103からQRVしていました。その前はAS-115のトルコから出ていましたね。すごい動きで世界中のIOTAからでていました。現時点の詳細はQRZ.comの4T6Iにて検索してください。

P29 2009 info その2

再びDerek/G3KHZからメールが戻りました。

私が昨年一年間かけて肝臓の治療をしていたことにビックリするとともにほぼ完治して喜びの言葉でありました。

Dave/M0VTGが一昨日にDerekのQTHに来て、40m用のグラウンド・プレーン・アンテナを作り、コイル調整の結果、良いマッチとなり塩水の上でうまくいくのを確信しているようです。今、次のアンテナ30mを作っているそうです。過去のP29からの信号はとても強うですが、さらに強くなりそうですね。彼らは、昨日、ウェブページに写真をもう少し貼り付けたそうです。是非確認してくださいとのことです。

ドネーションのご協力には、たいへんありがたいと言っていました。7ヶ月先ではありますが、ドネーションのお世話を開始させていただきます。是非やりましょう。

ご希望者はメールにてご一報ください。 jn6rzm アットマーク nifty.com です。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »