World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« No stamp IRCs | トップページ | AS-117 8N7IOTA/P »

2009年7月19日 (日)

11年前のIOTA contest

1998年のログをめくっておりましたが、当時のIOTAコンテストの状況を見てみました。

7月25日2104JSTから開始し26日2020に終了してています。わずか22局です。

1. 2104 6M0HZ    14CW 001/003

2. 2110 K9QVB    14CW 002/006

3. 2118 RZ0ZWA/P   7CW 003/075AS095

4. 2123 VE7ZO         7CW 004/012NA036

5. 2127 JM1PXG/1   7CW 005/017AS043

6. 2145 BD7JA/7    14SSB 006/051AS129

7. 2223 N6HR/7        7CW 007/060NA065

8. 2241 JH1UUT/7  14SSB 008/034AS117

9. 2304 BO2YA       21CW  009/081AS102

10 1004 RZ0LWA    21CW  010/199AS066

11 1133 FK8VHN/P 21SSB 011/218OC033

12 1150 JG6URG/4 21CW 012/625AS117

13 1218 BO0K        21SSB 013/881AS102

14 1224 KH6GMP   21SSB 014/084OC019

15 1257 V73UX      21SSB 015/270OC028

16 1558 YC7XV      21SSB 016/386OC088

17 1604 4F9EAQ     21SSB 017/098OC130

18 1639 VE7QCR    14SSB 018/702NA051

19 1708 9V8BG      21SSB 019/068AS019

20 1907 YC8NLF    21SSB 020/285OC146

21 1914 VK6NU      14SSB 021/136OC001

22 2020 ZX5J        14SSB 022/2901SA026

特徴だけをあげますと、当時のログにはIOTA cfm192/wkd223と書いてあります。そのため、純粋なコンテスト参加ではなく、IOTAハンティングが目的だったようです。JAは本州がAS-007でありますとおりIOTA nrが付きますが、冒頭の2局はありません。マルチは付きませんが交信数としてカウントされます。もちろんJA同士でもOKです。このリストで見る限りCWよりはSSBの方が珍しいところを稼げるようです。

残念ながらアメリカ西海岸までは届いていますが、EUが一局もありません。もともとIOTAの発祥地であるイギリスを中心に発展したIOTAはEUのフィールドデーコンテストのような感じです。従って、多くが移動運用のため、JAからはビームがあってそこそこ稼げるという感じでしょうか。これ以降のログを確認しますと日曜日の早朝にEUと交信した記録が残っています。しかし、現在のコンディションではいかがなものでしょうね。いずれにせよ25日土曜日の1900JSTより開始です。

追加情報として、このIOTAコンテストの前後にも珍しいIOTA局がでてくる傾向があります。コンテスト開始前は、AS-136 BI4C, AS-137 BI5Z, AS-095 UE0ZZZ, AS-045 HL5FUA, AS-026 6K98WIFが。終了後には、AS-059 UA0IAS/0, AS-080 HL0Y/3, AS-090 HL50C/2, NA-150 KL7/W6IXPなどがコンテストの余韻を残してQRVしていました。

« No stamp IRCs | トップページ | AS-117 8N7IOTA/P »

コメント

21.00JST 開始かと思います。

大堀さん、ナイスフォローをありがとうございました。
まあ、辛抱の時期ですね。今日もNA-064 F9IE/Bernardから珍しくメールが届きましたが、残念ながらEUは全く聞こえませんでした。でもいつか交信できることを目標に頑張ります。

山本さん,こんにちは。私の1998-IOTA-TESTでは[GM0GAV/P EU-010,RZ0ZWA/P AS-095,N6HR/7 NA-065]としかQSOしていませんね。どうしてかな?と調べましたら RIGが故障した時でした。多分送信がうまくいかなくなって途中断念したことを思い出しました。その後8月8日に 『IC-746』を購入していますので相当悪かったようですね。山本さんブログをみて,昔の事を思い出しました。ありがとうございます。

細川さん、今晩は。 午後から珍しく仕事でありました。1998年はJN6RZMにて開局し4年目でした。IOTAを始めて1年と少しのところでした。リグはFT840の100wattsに初代APA-4でした。今とほぼ同じ装置です。そうするとやはりコンディションが悪いんでしょうね。もう少しEUが聞こえると面白いのですが。やはり我慢の時ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11年前のIOTA contest:

« No stamp IRCs | トップページ | AS-117 8N7IOTA/P »