World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« SA-079 PT1R recived | トップページ | 8/23 東京ハムフェアにてIOTA 昼食会 »

2009年8月13日 (木)

AS-077 JN6RZM を使ったクレジット数

平成6年にCW QSOをしたくてアパマンハムにて再開局しましたが、DXCCがそのペースでありました。確か9月にイスラエルの局からWhats ur Island name?と聞かれたことがIOTAを知る契機となりました。当時は「IOTAって何だ? そうか島との交信か、なんとなくDXCCの二番煎じみたい」と思ってしまいました。しかし、平成9年に日本語版IOTAディレクトリを購入してからは1年もたたないうちにIOTAとDXCCに対する意欲が逆転してしまいました。今では、飛ばないアンテナへ設備投資もままならず、IOTAの楽しさを伝えることを楽しんでおります。

そんな中でJG1UKWさんのご友人のJA1NLXさんがご自分のブログでIOTA申請を開始されたことを知り、いつものお節介が働きIOTA申請のサポートを開始しました。いろいろご質問が出てきましたのでRSGB IOTA webにていろいろ調べていましたら、偶然にも「AS-077 JN6RZM」にてIOTAクレジットを受けている局数が分かることを見つけました。

要するに私のJN6RZMにてAS-077の申請してクレジットを受けられた局が世界中で12局ということが分かったのです。JAの皆さんはAS-007本州、AS-076四国、AS-077九州、AS-078北海道に概ね所属されますので、クレジットを受けられるQSLカードならば使われる可能性があるんですね。私は二番煎じを感じながら、イスラエルの局からIOTAリファレンスナンバーを聞かれるくらいなので少しでもDXCCが有利にするため、アドカラーに無理を言って、平成7年に注文したカードに早速「AS-077 Kyushu Island」と印刷してしまいました。

ついでにAS-077でクレジットを受けたJA6リストはRSGB IOTAウェブにて入手できますので、そのリストをエクセルに落とし、そこから同ウェブの検索にコールサインを入力し続けました。出来上がったのが次のリストです。

1 JI6KVR 74 31 JA6GU 10 65 JA6FIO 5
2 JA6UBK 42 31 JA6QZ 10 65 JA6GGD 5
3 JQ6NAW 39 31 JE6IBJ 10 65 JA6GPP 5
4 JA6CM 34 31 JE6JRY 10 65 JA6OKB 5
5 JQ6DAC 30 31 JH6FTJ 10 65 JA6PA 5
6 JR6PGB 30 31 JH6QFJ 10 65 JA6QDU 5
7 JA6AA 22 31 JM6CIP/6 10 65 JA6TL 5
7 JA6ANT 22 38 JA6AYB 9 65 JA6UDI 5
9 JQ6KYV 19 38 JA6BJS 9 65 JG6NGS 5
10 JH6CQY 18 38 JA6WJL 9 65 JP6VCH 5
10 JL6HKJ 18 38 JJ6WZS 9 65 JR6EZE 5
12 JA6BDB 17 42 JA6IP 8 65 JR6OSY 5
12 JH6QIL 17 42 JA6LDD 8 77 JA1BEE/6 4
14 JA6CNL 16 42 JA6WFM 8 77 JA4IOM/6 4
14 JA6EFT 16 42 JR6LLN 8 77 JA6ABG 4
14 JA6YG 16 46 8J6APX 7 77 JA6BLX 4
14 JG6URG 16 46 JA6CXX 7 77 JA6CUH 4
14 JJ6DGP 16 46 JA6RL 7 77 JA6CUX 4
19 JA6BIF 15 46 JA6SIH 7 77 JA6FF 4
20 JA6GCE 14 46 JA6VI 7 77 JA6HKC 4
20 JA6RCH 14 46 JA6ZLI 7 77 JA6PK 4
20 JG6XSG 14 46 JE6KLR 7 77 JE6TSP 4
23 JH6AUS 13 46 JR6AZV 7 77 JF6XGG 4
24 JA6SRB 12 52 JA6AVT 6 77 JH6AXY 4
24 JH6WHN 12 52 JA6CBY 6 77 JH6JTE 4
24 JN6RZM 12 52 JA6JRI 6 77 JH6KZT 4
27 8J6JCS 11 52 JA6LCJ 6 77 JH6RRR 4
27 JA6BSM 11 52 JA6VA 6 77 JK6ISK 4
27 JF1VXB/6 11 52 JA6WFK 6 77 JP6JLH 4
27 JG6FNM 11 52 JA6XMM 6 94 JA6KTY 3
52 JA6YDH 6 94 JF6CHY 3
52 JE6FPP 6 Total

1,018

52 JG6JAV 6
52 JH6RYY 6
52 JJ6BJR 6
52 JL6MSN 6

総勢95局の1018クレジットで、私は24番目でした。当初はCWのみのDXばかりで年間1000局をやっていましたので、ほとんどビューローで送りました。リストを見ますと私が学生時代にお世話になったローカルの2コールのOMさんやらIOTA大流行りの1990年代に開局したDXerが上位に位置しています。しかし、最近はさっぱりコールを聞くこともありません。どうぞ、IOTAでハムライフを復活して欲しいものです。ちなみにIOTAの申請者はほとんどおられません。

なお、AS-077のクレジット率は68.3%です。Totalの1018を割ると1,490局と計算できます。この春に購入しましたIOTAディレクトリの29ページのリスティングには1,450局掲載されていますので、ほぼ一致しここでも5年間未申請者は除外されていることが分かります。

ご自身の利用数を知りたい場合はRSGB IOTAウェブ画面の右側の検索フィールドにコールサインをエントリしてください。スポットデータと日付なしデータが掲載されますので日付なしをクリックすると申請者総数がでてきます。なお、日付なしがない場合は申請者がないと判断できます。ただし、スポットデータに混じっている場合がありますのでご注意ください。(特に近年分)

« SA-079 PT1R recived | トップページ | 8/23 東京ハムフェアにてIOTA 昼食会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AS-077 JN6RZM を使ったクレジット数:

« SA-079 PT1R recived | トップページ | 8/23 東京ハムフェアにてIOTA 昼食会 »