World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« OC-127 H44MY 交信のための心得 | トップページ | OC-188 Pangutaran Islandへのチャレンジ »

2009年8月29日 (土)

NA-169 N7RO/p for QSL MGR

昨晩、JK1TCV栗原さんのブログを拝見しておりましたらEU-187 SX9JZのカードコンファームinfoが掲載されていました。なかなか素敵なカードでよく見るとQSL mgrがN7ROと書いてありました。「あれっ、一昨晩にYuri/N3QQからNA-169のQRVinfoをもらいましたが、この局のコールは確かN7RO/Pだった」と思い調べてみました。

QSL MGR:    N7RO/P,  (IOTA   NA169, Aug. 2009).....  N6PYN /KL7,  ( IOTA NA239, July 2009).....    N3QQ/P, ( IOTA NA169, July 2009).....   KL7RRC /P,    KL7RRC, ( IOTA NA233,  & NA039 June 2009).....  SX9JZ , ( IOTA EU187    (May 2009).

なんとなんとQRZ.comに先日のYuri/N3QQが実施したKL7RRC、Merle/N6PYNが実施したNA-239、IOTAコンテスト中のNA-169と今回のNA-169のMGRではないですか。びっくりしました。ここのところのIOTAペディションのQSLmgrを一手に引き受けていることが判明しました。アメリカ西海岸のWA,CA,NMとちょっとエリアは広いですが、IOTAペディショナーがまとまり、行動を始めたと思いました。

さらに調べると1997年のZK1XXP、2004年のFP/VE7SPとお世話になっていることが分かりました。FP/VE7SPのときはN7ROから懇切丁寧な対応をしていただいたことを思い出しました。

Yuri/N3QQがKL7RRCのQSL請求で昨年どおりJAドネータの交信データをまとめて送ってください。N7ROから貴方にまとめて返信するからと2-3日前にご厚意をいただいたばかりですが、既にノーマルな個別対応を実施しておりました。

西海岸の若手IOTAペディショナー(30歳代-40歳はじめ)が繋がり始め、面白い活動を開始しそうですね。データを提供いただきましたJK1TCV栗原さんに御礼を申し上げます。

« OC-127 H44MY 交信のための心得 | トップページ | OC-188 Pangutaran Islandへのチャレンジ »

コメント

いえいえ、どういたしまして。

ところで、肝心のN7RO/P NA-169は、
20mCW、30mCWとも、家のアンテナでは届きませんでした。(悲)

20mはアンテナが高短縮で効率悪い、30mはOC-EU方面に指向性が出ている?DPと、なかなかうまくいきません。
せめて、NA-AF方面に指向性がある、7メガならいけそうな気がしますが、
7CWは出ていなかった?かな。

又次回はがんばりたいです。

日曜日の11時半ころにJE3GUG塩治さんよりメールをいただき、7009で出ているとのお知らせでした。これまた聞こえませんでした。アンテナが、それともフィーダがおかしいのかもしれませんね。
アンテナの整備も定期的にしなければならないようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NA-169 N7RO/p for QSL MGR:

« OC-127 H44MY 交信のための心得 | トップページ | OC-188 Pangutaran Islandへのチャレンジ »