World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« OC-167 V63TO QSL card | トップページ | SA-079 PT1R recived »

2009年8月 9日 (日)

NA-239 N6PYN/KL7 Merleからのレポート

土日と仕事で出張していました。お昼にJE7JIS狩野さんより8N7IOTA/pのQRVが2時までと連絡があり、急いで帰宅しましたが、間に合いませんでした。

ところで表題のMerle/N6PYNよりレポートが届いていましたのでご紹介します。

Hello Shu,

Very sorry I did not get to work you from NA-239.  Here is a narrative 
of our trip.  Merle N6PYN

7月29日にアルバカーキ(NM)からポートハイデン(AK)へ移動し、そこから船をチャーターし5時間ほどかけてシール島に到着しました。しかしながら、チャーター船では座礁してしまうため、ボートに機材を積んで夜明けを待って上陸しました。テントを張り緯度56.6815N、経緯159.4049Wにステーションアップをしました。40m30m20mとQRVを開始しました。40mはジェネレータハッシュに苦労しましたが、順調にQSOが進みました。ところが夜になった途端、寒くて歯がガタガタ言うほどでした。とうとう寒さで眠れず一晩を過ごしてしまいました。もう一つは野生の熊の出現です。船長は私たちにライフル銃を提供しました。そして、自分たちは船にいました。

翌日、船長は彼らの祖先が眠る村へ行ってくると言いだしました。もちろん私たちを残したままです。私たちは既に寒さと眠気でいっぱいでした。野生の熊から襲われる心配もあり、セキュリティも含めて私たちは島を撤収することにしました。約300QSOs5大陸の結果となりました。シール島は黒く火山の島です。旅行は比較的穏やかに終わりました。

以上のレポートでありました。思ったよりも寒かったようですね。JAからは7月31日午前中の金曜日のみとなったようです。あと1日いてくれればとは思いますが、また近い将来、だれか行ってくれることでしょう。

« OC-167 V63TO QSL card | トップページ | SA-079 PT1R recived »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NA-239 N6PYN/KL7 Merleからのレポート:

« OC-167 V63TO QSL card | トップページ | SA-079 PT1R recived »