World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« Jackの健康とAS-185 QSL supporting | トップページ | K7A  KL7 2009 »

2009年9月20日 (日)

Philippine's IOTA friend

2005年11月にOC-175 DX0STとOC-207 DX0TICを実行してくれましたGil/4F2KWTより久しぶりに返信メールがありました。JI1FGX/DU9上野さんとのOC-235との調整におけるOC-235クレジットの有無を問い合わせたメールへの返信です。

シュー、JN6RZM、電子メールを送ってくれてありがとう。長い長い時間でした本当に久しぶりですね。メールをいただき私は嬉しいです。ハムはまだ活発にやっていますよ。今、FT5GAと1回目の交信をしたところです。他のバンドでも一生懸命探しているところです。ところで、あなたの友達はミンダナオの海岸の島OC-235へ行くんですか? 最も容易に行けるのはダバオの沖合のサマール島ですよ。そこには電気もあるし行楽地であり彼らをきっとを持っています。では。73、ギル、4F2KWT

Gilには随分無理を言って二つのrare IOTAへJun/4F3BAのペアで行っていただきました。もちろん、30人ほどのJAのご支援をいただいたからこそ実施されたのです。つぎはOC-188 Pangtaran IslandsとOC-105 Cagayan de Suluを狙いましたが、彼の仕事が忙しくなり、音信不通になりつつありました。Junさんは日本語ができ、フィリピン歌手として日本にもときどききていると聞いています。IOTA-DUのsupportingで役者がそろい始めました。

« Jackの健康とAS-185 QSL supporting | トップページ | K7A  KL7 2009 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512797/46263459

この記事へのトラックバック一覧です: Philippine's IOTA friend:

« Jackの健康とAS-185 QSL supporting | トップページ | K7A  KL7 2009 »