World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« P29 2009 | トップページ | QSL CARD BY IT9EJW »

2009年10月24日 (土)

Mike/KM9D 次は何処へ行くの? No.2

9月24日の記事にこの様に書いております。

「2008年9月から丁度一年間で7つのIOTAからQRVしています。それらはクレジット率もやは   りOC-149を除いて  RareなIOTAから意識して出ていることが分かります。ならば残りのIOTA-H4を比較しますと、

 OC-168 13.1%

 OC-158 16.0%

 OC-285p 0.0%

 OC-100 50.7% H40MY にて運用実績あり

 OC-065 31.5% H40MY にて運用実績あり

 OC-179 7.0%

 OC-178 16.4% H40MY にて2007.10に運用実績あり

 の結果となりました。  確率で言えば、上記の青色分が次の目的地になる可能性がたいへん高いということが消去法により手に取るように分かります。このまま続ければ、つい数年前まで難関のH4でしたが、Mike次第で一気に終わってしまう可能性もでてきました。取らぬ狸の皮算用かしら。」

 と、書いていますが、一時英国へ帰ったXYLのJanをHoniaraで迎えて、OC-149 Vella Lavella Islandsの中のLiapari Islandに10日ほど滞在し、少しばかりH44MYにてQRVしました。そして今週末にTrack of KM9DのウェブではSorry, no position parsed for KM9Dとなりました。どうも旅立ったようです。一時帰国のJanを迎えて再び動き始めがOC-149でしたのでこのまま終わりになる可能性は低いと思います。OC-168/158/285pのH44シリーズから出てくる確率がかなり高いのではないかと予想しております。

Mike/KM9D Derek/G3KHZとHans/SM6CVXと14040の取り合いのようにRare IOTAから出てきてガチンコすると面白いですけどね。

« P29 2009 | トップページ | QSL CARD BY IT9EJW »

コメント

山本さん,いつも鋭い分析をありがとうございます。参考にさせて戴いております。OC-158は2003年8月にあのUA4WHX-Vladさんが【H44VV】で運用していましたのでJA-Needsは少ないのではないでしょうか。
個人的にはOC-168/OC-179/OC-285pのどこかから出てくれればいいのですが.........。コンディションも良くなってきています。今も28468KhzでHC8Aが超強力入感ですね。28MhzでこれだけBANDがOPENしたのは久しぶりです。Mike/Janの楽しみなミステリーツアーですね。

細川さん、おはようございます。
多分、OC-168から出てくる可能性が最も高いと予測しております。今日は以前購入したAPH-3のメンテナンスを今から行います。マンションの工事のため、日曜日と平日夜と早朝のみのQRVです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mike/KM9D 次は何処へ行くの? No.2:

« P29 2009 | トップページ | QSL CARD BY IT9EJW »