World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« My IOTA DX pedition supporting | トップページ | Comparing 1992 vs 2009 IOTA directory »

2010年1月15日 (金)

2010 IOTA申請完了

1月10日に2010年のIOTA申請を行いましたが、1月15日にカードが戻ってきて完了しました。5泊6日で終わりました。

10日早朝にRSGB IOTA webに登録しておりましたわずか10件ですが、QSOデータをオンラインで送りました。すぐに画面に750JPと申請料がでてきました。また、PDFリストが自動的に出来上がりましたので、A4判に合わせてプリントしました。すぐに「Update submitted」のタイトルにてメールが届きました。

①カード10枚、②PDFリスト1枚、③申請料80円切手10枚、④返信用封筒120円切手添付を定型外封筒に入れて、140円切手を貼って送りました。カード枚数が少ないので、普通郵便にてJA Check Pointを往復させました。

13日に「Application Accepted」のタイトルにて終わったよ(受け付けたよ)メールが届きました。

15日の夜に戻りましたらカード10枚と、申請料の差額である50円切手1枚と、JA CPのJA9IFF/1中嶋さんの心温かいワンポイントメッセージの添え書がありました。総費用1,050円でした。

以上ですが、残念ながら取得できるアワードがなく、更新のみで終わりましたが私は毎年申請するようにしております。そして、新年の新しい目標を設定して1年間IOTA chasingを楽しむようにしております。それが長く楽しむコツと考えております。

また、JA check pointの中嶋さんも1月末に多くの申請が届きますので、可能な限り手間をかけないように配慮して送付しております。なによりも早めに送ると言うことが大切と思います。

I just finished to credit for IOTA 2010 updating. I'm very happy just now. JA CP and my friend Jim-san/JA9IFF operated for IOTA accepted very quickly only 6 days.

« My IOTA DX pedition supporting | トップページ | Comparing 1992 vs 2009 IOTA directory »

コメント

この記事を読まれて、私も更新だけだがIOTA申請をするようにしましたとのメッセージをメールにていただきました。たいへんありがたいですね。IOTAはDXCCのように5-6年で300を超えるようなプログラムとは異なり、1100強を10年以上にわたって楽しめるプログラムと思います。どうぞ、目的、目標を明確にするためにも更新のみであってもチェックポイントへ毎年送付されることをお勧めします。お困りの方はメールにてご質問ください。お手伝いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010 IOTA申請完了:

« My IOTA DX pedition supporting | トップページ | Comparing 1992 vs 2009 IOTA directory »