World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2010 IOTA申請完了 | トップページ | Flag Counter for IOTA chasing »

2010年1月16日 (土)

Comparing 1992 vs 2009 IOTA directory

3年ほど前にJG1UKW/宮嶋さんより1992年と1995年版のIOTA DIRECTORYをお借りしました。宮嶋さんはその頃よりIOTAを申請されたため、「山本さんの役に立つならば差し上げます」と宅急便で送っていただけました。私は1997年日本語版から購入しましたので、本当にありがたくお預かりさせていただいております。1995年版は製本物ですが、1992年版はガリ版刷りにちかく背表紙を黒のクリップで挟み込んだお粗末(?)な装丁です。

2000年にIOTAルールに基づき、5年ごとの見直しにより30件くらいの新しいIOTAが分割により誕生しました。日本ではAS-147のHokkaido's coastal groupがありました。残念ながら期待した2005年は5年ごとの見直しがされたのでしょうが、島名の整備やweb化のために0件でありました。そして、2010年を迎えましたがはたして今年は実行されるでしょうか、たいへん楽しみですね。

そのデータ分析を下記の通り行いました。

  1992 1997 97-92 2009 09-97
  IOTAs Provision s.total IOTAs Provision s.total I&D IOTAs Provision s.total I&D
AF 61 72 133 75 58 133 0 100 16 116 -17
AN 17 33 50 18 32 50 0 18 32 50 0
AS 97 96 193 124 73 197 4 175 22 197 0
EU 157 15 172 169 1 170 -2 188 0 188 18
NA 170 71 241 208 33 241 0 235 11 246 5
OC 163 110 273 216 64 280 7 273 22 295 15
SA 55 43 98 84 13 97 -1 95 4 99 2
Total 720 440 1,160 894 274 1,168 8 1,084 107 1,191 23

5年ごとの見直しは1995年、2000年、2005年、そして2010年となりますが、それをまたいだデータとその差異をとってみました。ASの2009-1997の増減が0でしたのであれっと思いましたが、AS-052沖ノ鳥島など3つの削除があった分を分割で増やしてプラマイ0としたことがうかがえました。AFは大幅な見直しがなされ、増えるどころか逆に削減されていました。その分EUが増やされたのでしょうか。EUの18件はその年、いや発表された翌月にほとんどがペディションが実施された記憶があります。

OCは15件増やされましたが、Provisionalの状態で残っている分が多く、特にYBにおいては今回の増加は厳しいかもしれません。トータルで見ましたら無闇に増加させいないことが分かります。いろいろ想像するとたいへん面白いです。あと4か月もすると2010年見直しの結果が分かると思います。

なお、表中のProvisonは今のProvisionalと、以前の未参照を合わせたものです。

<1997年日本語版IOTA DIRECTORY 46ページ E章より>

E ディレクトリーのリストについての追加情報                          

E.1 ディレクトリーリストへの新しいグループの追加要請

E.1.1 ディレクトリーのリストには現在の規模で約1,170の島/グループのを認めています。       DXCCの状態変更によるまれな状況を除いて、IOTA委員会はこれ以上の追加は考えていません。従って当面新しいグループの追加の依頼をしないでください。

E.1.2 IOTA委員会は戦略的な計画の一つとして、5年毎に島のリスト見直すことにしました。次の見直しの機会は1999年になりますが、変更は少ないと思われます。

誤脱字もそのまま記載しましたが、1999年に見直して2000年実施ということでしょう。なおかつIOTA委員会は積極的に増やすということではなく、見直す」ということに重点を置いていることが理解できます。単なる数追いのプログラムではなく、ルールに基づいた公平、公正、平等性がしっかりしているため、プログラムの高品質を実現していると思います。

Do you have those RSGB IOTA DIRECTORY? I have the 1992,1995,1997,11th edition,2004,2007,2009. I am checking IOTA reference number's thru the 1992 and recently 2009 vervion. It's very fun and pleased.

« 2010 IOTA申請完了 | トップページ | Flag Counter for IOTA chasing »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Comparing 1992 vs 2009 IOTA directory:

« 2010 IOTA申請完了 | トップページ | Flag Counter for IOTA chasing »