World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« Comparing 1992 vs 2009 IOTA directory | トップページ | IOTA meeting 2010 in Shin-okubo »

2010年1月17日 (日)

Flag Counter for IOTA chasing

昨年2009年12月29日に当ブログに「Flag Counter」をBlog partsとして掲載しました。当ブログの左上にあるピンク色のPartsです。

以前より@nifty利用においてアクセス解析機能があり、ブログ閲覧者のIPアドレスに基づく都道府県や使用国際言語が分かるようになっていました。閲覧者の多くは日本JPですが、当ブログは海外からのアクセスも英語EN、仏語FR、独語DEなどが届いておりました。しかし、具体的にどのあたりの国、地域なのか、またどれくらいのアクセスがあるのか実態ははっきりしていませんでした。

昨年のはじめから当ブログを国際交流の利用の場としてもう少しどうにかならないかと模索中でありました。丁度年末にOC-211 VK6IOAのウェブを聞こえない暇をもてなしながら確認していますと、そのwebに掲載されているFlag Counterが利用できることがわかりました。そのFlag counterをクリックし、「GET YOUR FLAG COUNTER」へ進み、Code for websiteに出てくる文字をコピーしてご自分のブログに貼り付けるのみでありたいへん簡単でありました。

使用を開始しましたらあっという間にドイツ、アメリカなどのカウントが始まり、国別の強弱が浮き彫りになりはじめました。その勢いで1月1日には富士山の壁紙PDFを世界中のIOTA friendへ発信し、そのメールの最後に名前に加え短文のメッセージを、

Shu JN6RZM  IOTA AS-077
http://jn6rzm.cocolog-nifty.com/
Pse check my IOTA website

と付加してみましたら、一気に国数で15くらいまで増えました。事後もすべてのメールにつけております。

10日ほど経過して、さらに日本語中心の内容から文章の後に国際交流用としての英文を3行ほど後ろに挿入することにしました。また、すでにJR0DLU大堀さん中嶋さん等の数名の方がFlag counterをご自分のwebやBLOGに貼り付けておられます。さすが国際感覚のOM諸氏は早いですね。

私は昨日QRZ.comのBiographyのページにもFlag counterを貼り付けました。一昨日にはV6からのアクセスがあり、固定局の可能性やインターネットの通信可能性をあらためて感じてしまいました。また、FLAG MAPという閲覧者の世界地図も確認できます。あらためて地球が少し小さく感じ始めたしだいです。海外の方がどれくらいご自分のブログ・ウェブを覗かれているか知りたい方へは是非のお勧めです。

You can see the FLAG COUNTER on this BLOG's left side. It's very funny for my IOTA chasing. Please use it. If you have your question, please send me your e-mail.

« Comparing 1992 vs 2009 IOTA directory | トップページ | IOTA meeting 2010 in Shin-okubo »

コメント

以前から気になっていました。
私もちょっと試してみます。

国内のみではなく、対海外に対しても神経を使って書くようになったようです。この記事も日曜日の朝に小1時間かけて作成しました。国際交流のきっかけになればと考えております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Flag Counter for IOTA chasing:

« Comparing 1992 vs 2009 IOTA directory | トップページ | IOTA meeting 2010 in Shin-okubo »