World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« IOTA Oceaniaへのこだわり2 | トップページ | YBの焦げ付きQSL »

2010年1月 7日 (木)

KH6 Hawaiian Islandsへの質問

岩手のJA7DOTさんより下記のご質問をいただきました。

貴局のブログ拝見させていただいております。IOTAに興味持つものとして大変参
考になります。

さて、今ブログでOCのIOTAが取り上げられておりましたが、わたしの知識不足
からなのですが、なぜKH6にあるIOTAからはQRVがないのでしょうか。YB
とかはある程度理解できますが、KH6はDXCC的に1エンテティーからくるもの
か、それとも環境保護や軍事的要因でQRVの制限があるからなのでしょうか?

私の会社は富士通社と提携しておりまして、30年ほど前に富士通が出資してハワイのオアフ島に開講しているJAIMSという学校に3日間ほど放り込まれました。その時にこのハワイの海底マップを見つけました。実はHawaiian Islandsは一番南東に位置する最も大きなハワイ島が最も新しい島であり、そこから日本の方向に向かって北西にHawaiian Islandsが並んでいます。一般的にはKauai島とNiihau島までしか表現されずに、そこからNihoa(OC-288p),Necker(OC-289p),French Frigate Shoals(OC-056),Gardner pinnacles(OC-29400pxhawaiianislandchain_usgs0p),Laysan(OC-291p),Lisianski(OC-292p),Pearl and Hermes atoll(OC-293p)と続いて海上に出ていました。さらに海中に頭が海上に出ない島が同じ距離くらい続いていました。つまり火山が噴火し盛り上がりそして削られて沈んでいった島があったことにビックリした記憶があります。つまり北西には既に死んでしまった島の残骸があり、南東には今生きている島が存在しているんです。ハワイ島はマグマが噴き出して今でも島としての成長を続けている生きたしまです。オアフ島は成長が止まり安定期にあります。

このマップの中のOC-056 French Frigate Shoalsはハワイとミッドウェイ島との間を取り持っていました。その状況は下記の通りです。ご参考ください。

概要

フランス人の探検家、ラ・ペルーズ伯に率いられた2隻のフリゲート艦が、1786年11月6日深夜、前方に現れた未知の岩礁を衝突寸前で回避した。ラ・ペルーズはその乗艦に因んでこれを命名し位置を記録した。三日月状の32kmに及ぶ珊瑚礁と、12の砂州、高さ37mのラ・ペルーズ尖礁で構成されている。総陸地面積は248,910平方メートル。ターン島には滑走路があり居住者もいる。パパハナウモクアケア海洋ナショナル・モニュメント内の管理地として合衆国魚類野生生物局によって管理されている。

ミッドウェー島オアフ島との間にあり、日本-ハワイ間の航空路上にある。第二次世界大戦日本海軍飛行艇基地を建設するために占領が計画されたこともあるが、ミッドウェー作戦の失敗のため実現しなかった。その後、環礁中のターン島にはアメリカ軍により滑走路が建設され、ミッドウェー島-ハワイ間を中継する基地となった。現在は環礁全体が自然保護区の中にあるため、立ち入りは研究者に限られている。

FFSには毎年ボランティアが10名ほど1年間を期限に滞在する制度があります。2002年まで確認できていますがその後も続けられているか不明です。若い男女の写真がボランティアとして加わっていることを検索したら見つけることができます。クーラーの効いたホテル並みの施設や、観測のためのタワーなども立っていました。その他の島は飛行機が着陸できるスペースもなく、人を寄せ付けにくい形でありました。上陸には「環境保護」としての大きな制限があるようです。ブッシュ政権時代に太平洋の環境保護のために米領の多くの島への立ち入りに制限が設けられたと聞きました。しかし、チャンス到来も時々あるようです。じっくりと待つしかないと思います。ZLの島々も規制がありますが、チャンスもときどきあるようですが、その把握方法が不明です。

私はエクセルシートごとに未交信のIOTAオセアニアの情報を貼り付けて整理しています。上記の概要もシートに保管していた文章をそのまま持ってきました。知識や知恵があるのではなく、少しでも交信を手繰り寄せられるよう準備をしております。

これを機にHawaiian Islandsの情報収集に再チャレンジしたいと思います。交信してカードを集める楽しみもよろしいと思いますが、このような楽しみ方もあることをお知らせいたします。

« IOTA Oceaniaへのこだわり2 | トップページ | YBの焦げ付きQSL »

コメント

早速のご親切な回答ありがとうございました。いつかどなたかのQRVを楽しみに待ちたいと思います。

DOTさん、ありがとうございました。OC-056 French Frigate Shoalsの中のTern Islandは本当にパラダイスのようなところです。Googleの検索で簡単にヒットしますのでお試しください。お蔭様でまたいろいろ調べてみたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KH6 Hawaiian Islandsへの質問:

« IOTA Oceaniaへのこだわり2 | トップページ | YBの焦げ付きQSL »