World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« OC-141 VK8MM info | トップページ | T32 IOTA DX pedition No.4 »

2010年2月18日 (木)

OC-269 YE7P memory

初めてドネーションを送った2004年の翌年5月にKadek/YB9BUの紹介でKardi/YB1TCと出会いました。彼はYB7の島、Karimata IslandへIOTA peditionへ行くプランを持っていました。Kadekへドネーションを送ったので、Kardiへも協力いただけないかとのことでした。

2005年6月の出会いからすぐに当時お付き合いを始めたばかりのJA有志に声をかけるとそれはそれは珍しいのか、当時は3千円一口で協力者が次から次とでてきました。初回は全額855USD(96,768円+送料1,000円)を送っています。4月から12月くらいまで3日のうちに2回平均でメールやりとりを行いました。

2005年の9月にOC-269 YE7PにてQRVし、多くの局にサービスしてくれました。さらにQSLカードを欲しいということで追加でドネーションをいただき、2006年1月6日に180USD(21,047円+送料1,000円)を国際送金為替にて送りました。当時はいくら送っても1000円のコストでしたが2006年4月より1件につき2,500円に値上がりしました。これで一気にPaypalへ移行していったことを覚えております。

下記にドネーションに協力いただいた各局のコールを記載したメモを見つけましたので掲載しました。また、YE7PのQSLカードの裏面にもDonorの一覧があります。私はMerle/N6PYNへ協力を求めUSAでもドネーションの依頼をしました。たいへん懐かしい思い出になってしまいました。30人のJA局に協力をいただきました。ご参考ください。

Img035 Img036

« OC-141 VK8MM info | トップページ | T32 IOTA DX pedition No.4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OC-269 YE7P memory:

« OC-141 VK8MM info | トップページ | T32 IOTA DX pedition No.4 »