World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« OC-261 VK5MAV/5 info | トップページ | OC-211 VK6IOA acceptable »

2010年2月15日 (月)

T32 IOTA DX pedition 求む、SSB Operator

Derek/G3KHZよりお返事が戻りました。本当にT32のIOTA new4島へ行くそうです。思った通りDerek以下3名はCWの達人と言っても良いと思います。そのため、Phoneのオペを求めているようです。どなたか同行できる方はおられませんか?

Hello dear Shu,

Yes really!  I was so lucky to be invited.  Since then we had one person
unable to go and we are looking for another SSB operator.  If you would
like to join us please let me know!  Or - maybe you know someone else
who would like to be on this trip.  Did you see the website:

http://t32line.webnode.com/

Best 73 my friend
Derek
G3KHZ


IOTAのクレジットは交信しなくともそのオペレーションに参加したことが証明されれば、受けられることになっています。QSLカードにコールサインを入れてもらえばよいです。

【追伸】数名の有志よりドネーションを集めて支援して欲しいとの要望をいただきました。Derekへ返信してみます。その結果を受けて一口千円にて募金を開始してみたいと思います。今しばらくQRX。

Hello my friend Derek,

My friends would like to support you for their contributions.

I try to gather their contributions.

How about you?

This is the big project for our IOTA chasing.

Shu JN6RZM

« OC-261 VK5MAV/5 info | トップページ | OC-211 VK6IOA acceptable »

コメント

こんにちは。
是非私もドネをしたいと思います。
よろしくお願いします。

ドネーションの件ですが、私も一口乗らせてください。
またまた少額のドネですが…(笑)。よろしくお願いします。

TCVさん、KEBさん、ありがとうございます。
P29 2009のDerek以外のG3USRとSM6CVXからも私宛へ直接QSLカードを送っていただきましたが、きちんと返信料をそれぞれケチらずに返信しました。多分、Derekが気を利かせてくれるかもしれませんね。via JN6RZMで回収できるかもしれません。Derekの回答をお待ちください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: T32 IOTA DX pedition 求む、SSB Operator:

« OC-261 VK5MAV/5 info | トップページ | OC-211 VK6IOA acceptable »