World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« to be late for T32 and A3 peditions | トップページ | OC-235 V63 Hall Islands »

2010年3月21日 (日)

IOTA DU ACTIVITY 2

DUのリストを見られました方からメールが届きました。OC-119 DU8ARK(Resident)が請求し損じていたとのこと。しかし、一昨年にDU8ARKが亡くなったこともあり、QSL infoを問い合わせてこられました。IOTA800を超えられておられますが、それでもこの様なこともあります。しっかりチェックしなおすとNewを得られる楽しみもあるIOTAchasingです。

DU8ARKはJolo島のJolo市からQRVしていました。JAとは距離が近いので普通のDUのようにいつもとても強力な信号でありました。彼は仕事でOC-174へもよく出かけていました。いずれもI2YDXがQSLmgrです。I2YDXは2010年IOTA HonourRollリストでは第9位の千を超えるIOTAchaserです。多分カードは素直に発行されコンファームされると思います。

フィリピンIOTAの特徴はペディショナーやQSLmgrなど多くが欧米系のIOTA関連者の支援を受けていることに改めて驚いてしまいます。イタリア、ドイツ、イギリス、アメリカ、カナダなどの支援で占められており、近隣(?)のJAはOC-175 DX0STと、OC-207 DX0TICJM1PXG斎藤さんがマネジメントしているのみという寂しさですね。

IOTA YB ACTIVITYの記事を見られました方から、メールにて問い合わせが3件きました。QSLmgrが誤ってvia JN6RZMにて主宰者のKardi/YB1TCが流してしまったものです。なぜ欧米等にQSLmgrを置くかは、①ビューローが機能していない、②郵便事情が良くないことが原因でありますが、ハム大国のマナーと知識の無さの問題が裏に存在しているようです。

« to be late for T32 and A3 peditions | トップページ | OC-235 V63 Hall Islands »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IOTA DU ACTIVITY 2:

« to be late for T32 and A3 peditions | トップページ | OC-235 V63 Hall Islands »