World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« OC-227 VK4SWE 3rd Sked | トップページ | NA-107 FM5LD Sked »

2010年3月 7日 (日)

OC-123 A35 Niuafo'ou Island

先月末に、2008年よりアラスカのIOTAペディションをK7Aのコールにて実施していますHugh/K6HFAが5WをスタートにA35を廻るプランが発表されました。本人がIOTWに直接書き込み、A35はOC-049/OC-123/OC-064を3月12日から4月2日の間に訪問するそうです。Hugh(ヒュー)はわざわざOC-123の後ろにビックリマークを書いていますが、このプランの最大の目玉がOC-123です。

Oc123 トンガの地図はこれが一番分かりやすいようです。トンガには5つのIOTAがあります。一番南から首都Nuku'alofaがあるTongatapu Group(OC-049)、その上のHa'apai Group(OC-169)、そのまた上のVava'u Group(OC-064)がメインですが、この3つから大きく北に離れて位置するのがNiuatoputapu Island(OC-191)と今回のNiuafo'ou Island(OC-123)にて構成されます。

上の二つはたいへんレアですが、OC-191は我らがJA7GAX長嶋さんが2007年1月にA35TN/Nにて全世界にプレゼントされました。当時はVava'u Islandから週一回の航空便がOC-191OC-123に出ていて、長嶋さんはOC-191の方を利用されました。つまり、確か木曜日に到着し無線を開始したら翌木曜日に飛行機が来ますので1週間QRVされたプランでした。ところがガソリンや電源の問題があり、結果としてトラック1台を借りてそのエンジンからのバッテリーを電源としてQRVしていたとお聞きしました。もちろんガソリンが高いのでかなりのコストがかかったそうです。トラックからQRVされる写真を見せていただきました。この御礼とOC-123を続いてやっていただくお願いのためにJE7JIS狩野さんにお手伝いいただき、1年8か月前に仙台でIOTAミーティングを開きましたがご欠席でした。ここでOC-123をお願いできなかったのが心残りでした。

残念ながら週一回の定期便はその後、廃止されたようです。現在はChathams Pacificという航空会社の不定期便がありますが、日程時間などがインターネットでは判断できませんでした。多分、直談判のチャーターになると思います。また、船も1週間に1回あるようですが、Vava'uとOC-191/OC-123の3か所を廻る方式のようでした。感覚的判断でありますが、多分HughはOC-123に到着すると1週間は滞在せざるをえないと思います。むしろ、たいへんなのは電源の確保だと思われます。

Niuafo'ou Islandは火山島であり日本の阿蘇山と同じようにカルデラ化し、そこに水が貯まり湖になっています。カルデラの周りに集落があります。飛行場も北側にあり、約1200人が住んでいます。その形から別名TIN CAN Island(空き缶島)とも言われています。

無線の免許はトンガの場合の取得は簡単なようですが、ストロークの形式ではなく、2文字コールでイニシャルが多いですね。多分すでに決まっており、現地で発給してもらうまで公開しないようです。A35HR/A35HU/A35HC/A35RCあるいはA35MUなどと考えられます。(当たるか否かわかりません。笑い)

昨晩土曜日の1900JST過ぎに14004にて5W5AにてQRVしていました。1930くらいにはたいへん強く入っていました。少々スローCWが彼の特徴です。3月18日くらいからを予測しています。

また、JAにおけるIOTA-OCレースはJF1SEK高橋さんがA35KBでお持ちです。JAでは19名の方がCredited済みですので中嶋さんや細川さんもお持ちの可能性が高いと思いますのでOC-206で詰められた差をここで引き離したいところですね。(笑い)

I guess Hugh will be activate around 18th to 25th March on OC-123.

« OC-227 VK4SWE 3rd Sked | トップページ | NA-107 FM5LD Sked »

コメント

K6HFA Hugh氏の発音ですが、「ハフ」ではなく「ヒュー」と発音します。俳優のヒュー・グラントさんのヒューです。
変なコメントで申し訳ありません。読まれたら削除ください。

いえいえ、たいへん有り難いアドバイスです。すぐに調べましたら、Hough、Huffならばハフ、Hughは間違いなくヒューでした。訂正させていただきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OC-123 A35 Niuafo'ou Island:

« OC-227 VK4SWE 3rd Sked | トップページ | NA-107 FM5LD Sked »