World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« IOTA YB ACTIVITY | トップページ | IOTA-OA wanted in JA »

2010年3月14日 (日)

OC-204 8A4EI

お一人でもこのYB ACTIVITYのリストをご覧になられて、過去ログから失われたIOTA交信を生き返させることができたらよいなと願ってこの朝に掲載しました。

夕方にIOTチェイサーのあるOMさんからのメールが届きました。                      

山本さん

1995/3/25 0205UTC 59-59 21 SSB
WPXTest QSLVia YB0RX とLOG
に記載ありましたが、
WPX用記念局と思っていました。

QSL 入手先教えて下さい

おおっ、貢献できたようだと思いすぐに調べました。私の交信は下にもあります通り、1995年3月26日に21MHzCWにて交信していました。

当時はJN6RZMにて1994年2月に開局して、CWしか出ていませんでした。後でわかったのですが、福岡大渇水の年で6月くらいから水道水使用の制限がありました。14MHzはノイズが激しく、使い物にならないくらいひどいものでした。後で分かりましたが、5階から振り出したAPA-4の真下に揚水ポンプ室があり、このモーターからでるノイズでした。それは給水制限時間になった途端にノイズが止まることからわかったことでした。

当時はIOTAをほとんど知らず、CWによるDX交信のみを楽しんでおりました。21MHzのCWに出てくる局は片っ端から交信しておりました。1997年5月からIOTAチェイシングの世界に飛び込みましたが、あっと言う間にのめり込んでしまいました。日本語版IOTA DIRECTORYは手垢がつくほど読み返しました。

Img044 カードを調べてみますと、1997年9月5日に1IRCにて請求し、同年10月7日に回収していました。きっと、5月にIOTAにとりかかり、その年の9月に偶然に8A4EIIOTA OC-204であることを見つけたようです。裏面はIOTAのロゴマークが印刷されていました。

OC-204のQRVは後にも先にもこの8A4EIのみであります。CWで出てきていなければ全くCreditedはなかったと思います。

QSLmgrのYB0RXをQRZ.comにて調べてみますと、Biography欄に2009年1月13日に最終修正がされていたようです。つまり、まだ生きているようです。丁度15年前でありますが、皆さんもログチェックをお勧めします。

じつは今日は2件目なんです。別のOMさんからはAS-143 BI7YBA1DUから回収できたと御礼のお言葉をいただきました。こちらこそ、その楽しみを体験させていただき感謝です。

« IOTA YB ACTIVITY | トップページ | IOTA-OA wanted in JA »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OC-204 8A4EI:

« IOTA YB ACTIVITY | トップページ | IOTA-OA wanted in JA »