World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« NA-235 KL7RRC info #9 | トップページ | NA-235 KL7RRC info #10 »

2010年6月16日 (水)

SA-019 ZZ6Z received, but......

Img055 今年の3月初めにQRVしました表題の局は当初SSBのみの運用でしたが、突然私の友人であるCris/PY7GKがCWオペレータとして加わることになりました。これは期待が持てると思いました。しかも、交信の合間にJN6RZMを呼んでくれると言う大サービスまでしてくれました。初日は残念ながら届かず、翌日も14MHzCWにて見つけてじっとワッチしていました。ときどき私のコールを打ちますので応答するがリターンあらずの状態が何回か続きましたが、最後になんとかピックアップしてもらいました。

すぐにMgrのPY6HDへカード請求するとともにCrisへ御礼のメールを送りました。しばらく経過したある日管理しているエクセルシートに入力するとSA-019がエントリ済みとの反応。詳しく調べてみると2002年にPW6AIにてSA-019をコンファームしてすでにクレジット済みが分かりました。

Img056 本日、SA-019 PW6Iのレポートを確認するとなんと14MHzSSBにて交信していることが分かりました。やはりコンディションはまだまだというところでしょうか。昨年末に実施された同じZZ6ZのSA-023は交信していないということも分かりました。原因はIOTA DIRECTORY自体にマーカーにて書き込んでいますが、この一つだけチェックが抜けていたことでした。

でも2回楽しめましたので良しとしましょう。Crisのサーポートにも感謝します。

« NA-235 KL7RRC info #9 | トップページ | NA-235 KL7RRC info #10 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SA-019 ZZ6Z received, but......:

« NA-235 KL7RRC info #9 | トップページ | NA-235 KL7RRC info #10 »