World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« OC-087 V73QQからOC-278 V73RRCへ | トップページ | OC-278 postponed? »

2010年10月15日 (金)

AS-154 TC03W Giresun Island

この朝、OC-087 V73QQのQRV状況を確認するために5時30分に目が覚め、6時過ぎよりワッチに入りました。クラスタを確認すると10123に表題のAS-154 TC03WのレポートがEUsからたくさん上がっていました。

私の所からはV73QQもTC03Wも全く聞こえていませんでした。そうこうしているとJA2、JA3エリアより10123にてTC03Wがspotされました。ノイズのみで全く聞こえず羨ましいなと思いました。

チェコのアマチュア無線グループOKDXFは10年ほど前までは太平洋の島からのペディションがあったのですが、4年ほど前にwebsiteにてトルコのIOTAペディションへの希望リクエストを取り始めました。

http://www.okdxf.eu/expedice/en/tc03w/www/

2007年3月に運よくEU-186 TC0DXと10MHzにて交信できましたが、事後は空振りばかりでありました。ひょっとして10MHzにて聞こえるかもしれないと我慢の子を決めつけました。

午前6時48分くらいにノイズの中から何かが聞こえます。UP1からUP3あたりのspotがありましたので、何度かコールしましたがバックはありませんでした。6時50分にははっきりとコールをコピーできるまでに上がってきましたが、コールバックには至りません。UP1からUP2に切り替えているうちに消えてしまいました。

また微かに聞こえたり、しばらくこんな状況でUP2前後でコールしていましたが、7時5分くらいにCQを出し始めました。何回か呼びましたがコールバックがありませんでした。「おやっ」と思いオンフレにてコールすると見事にコールバックがありました。午前7時6分にログインです。

その後もCQを出していたようですが、朝の支度にはいりリグの電源を落としました。明日からも同じパターンで出てくる可能性がありますので時間帯を含めてレポートいたしました。彼らの初日の早朝にラッキーにも交信できました。ご参考ください。

« OC-087 V73QQからOC-278 V73RRCへ | トップページ | OC-278 postponed? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-087 V73QQからOC-278 V73RRCへ | トップページ | OC-278 postponed? »