World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« Tokyo IOTA meeting 2 | トップページ | Announcing DXpedition to IOTA OC-171 by VK4LDX/P »

2010年10月24日 (日)

V73QQ pictures

OC-029とOC-087をV73QQにてIOTAペディションを実施したYuri/N3QQから「今、無事にSeattleへ戻りました」とのメールを先ほど24日午前11時過ぎにいただきました。長い文章とたくさんの写真を送ってくれましたが、力尽きて数日休むそうです。

荷物がAlaska Airlineで無くなったので探してもらっているとか、Enewetakの警察にHF/VHFのリグを6台プレゼントしたなどなど、たいへん疲れているのに私にメールを送って深い眠りに入ったことでしょう。その一部を紹介します。写真をクリックすると拡大されます。

1. Russian Robinson Flag above Enewetak Atoll

100_3194

2. Lady E departing Majuro October 9th

100_3185

3. Myself on top of Runit dome

100_3201
4. Runit dome and crater on the background from another nuclear test

100_3202
5. Leftovers of cleanup equipment

100_3214
6. Radiological Laboratory

100_3215
7. Bus given by People of Japan to Marshall Islands People

100_3220
8 Swimming pool, more like a garden now.

100_3221
9 One of local transportation vans
100_3225

10 Balikan, Manager of Field Station
100_3227

11 Myself and desk lady from Long Island Hotel on the way back
100_3237

なお、Yuriは11月末に必ずUjelang Atollへ行くと断言しています。今回のUjelang行きの船はあまりにも小さすぎて無理と判断したようです。次回はYuri/UA9OBAが加わるかも知れません。

彼は自分からドネーションを求めることはKL7DXやKL7RRCペディションでも一回もありませんでした。でも私たちの支援には本当に喜んでいます。少し無駄を省いて再び3千円を寄付するつもりです。

なお、7月にいただいたYuriが身につけているキャップとTシャツを2セット頂いていますので10月28日のTokyo IOTA meetingで配るつもりです。

追伸 2番目の写真の船Lady Eには「Enewetak/Ujelang」とはっきりと書いてありますね。3番目と4番目は核廃棄物ドームの上に載って写しているようです。

« Tokyo IOTA meeting 2 | トップページ | Announcing DXpedition to IOTA OC-171 by VK4LDX/P »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Tokyo IOTA meeting 2 | トップページ | Announcing DXpedition to IOTA OC-171 by VK4LDX/P »