World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« EU-008 MM0LUP Sked | トップページ | IOTAセミナー事例発表「My IOTA chasing IOTAの楽しみ方」 »

2011年1月25日 (火)

AS-069 IONY Island will be QRV

土曜日のIOTAセミナーの発表で唯一焦げ付きであるAS-069 UA0IAS/0 IONY Islandのお話しをしておりましたらネットにUS0IWが7月にIONYへ行くとの情報が掲載されたとJA9IFF中嶋さんからレポートがありました。

日曜日から検索で調べていましたら、昨年私が書いた2月25日と3月3日の記事が上位でヒットしました。久しぶりの情報だと懐かしく読んでみました。さらに調べてみますと、2009年6月にIONY Islandへ撮影で15日間も訪問した日本人を見つけました。福田俊司さというカメラマンです。

http://www.asahi-net.or.jp/~ex5t-fkd/index.htm

4人の科学者たちと一緒にMagadan cityよりチャーター船で2009年6月から8月2日の間の15日に渡って滞在したそうです。ウェブの撮影日記の2009年6月にかなり詳細な写真が掲載されています。さらに、Newton誌の2010年4月号にも記事が掲載されたようです。

http://www.asahi-net.or.jp/~ex5t-fkd/j-Newton/Newton_2.html

しっかり見ますとここに本当に15日間も滞在できるのだろうかと思うほど小さな島のようです。以前には一人で上陸するにはたいへん危険だと聞いた記憶もありますが、さてどのようになるでしょうね。楽しみですね。

« EU-008 MM0LUP Sked | トップページ | IOTAセミナー事例発表「My IOTA chasing IOTAの楽しみ方」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EU-008 MM0LUP Sked | トップページ | IOTAセミナー事例発表「My IOTA chasing IOTAの楽しみ方」 »