World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« NA-235 KL7RRC/P Chirikof Island QSL card | トップページ | NEW IREF website »

2011年1月 9日 (日)

NA-235 KL7RRC/P Chirikof Island accepted!!!!!

さきほどひとつ前の記事でNA-235 KL7RRC/PのQSLカード、早く来ないかなと書かせていただきました。

先日、昨年7月25日のIOTAコンテストにて交信しましたEU-132 SN1Aが「IOTAコンテスト・データ」として受け付けられることを書きましたが、それを思い起こして「あれっ、確かNA-235 KL7RRC/PもIOTAコンテストで1回のみ交信した」ことが甦りました。

すぐにRSGB IOTAのウェブ画面を呼び出し、NA-235 KL7RRC/Pのデータをエントリしてみました。

Na235_kl7rrc_accepted_2 お見事でした。7月22日にNA-235 KL7RRC/Pと14MHzCWにて交信でき、さらに翌日の23日に7MHzCWにて2回目の交信をしておりました。

私はIOTAコンテストにも参加しましたので、25日のコンテスト時に14MHzCWにて1回のみ交信していました。この分が見事に登録できました。

これは面白いですね。毎年7月最終土・日曜日に開催されますIOTAコンテストはたいへん重要な位置づけになると思います。先般のEU-132の記事を書きました時にJO1CRA四十物さんから、お陰で三つ登録できましたとのコメントをいただいたことも思い起こす要因となりました。また、JA3UCO細川さんからも奈良と東京の二重生活の関係でN7ROからまとめて届くKL7RRC/Pのカードを1月22日に持参して欲しいとのメールをいただきましたが、万一、IOTAコンテストにて交信されていましたら、すぐに登録できますね。

Na235_kl7rrc_accepted2 登録したばかりの今回の登録リストを掲載しました。ご参考ください。ご存じでない方が結構おられると思いますし、IOTA チェックポイントのJA9IFF中嶋さんの負担も減らすことができると思います。

多くの方がこの方法を熟知されますとIOTAコンテストの位置づけが重要度を増すと思われます。

« NA-235 KL7RRC/P Chirikof Island QSL card | トップページ | NEW IREF website »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-235 KL7RRC/P Chirikof Island QSL card | トップページ | NEW IREF website »