World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« The Golden List of Silent Keys for new IOTA directory | トップページ | AS-069 IONY Island supporting »

2011年2月12日 (土)

OC-055 French Frigate Shoals発のBlog

私が交信したいIOTAオセアニアの一つKH6の表題のTern Islandをいつもチェックしておりました。ここは1997年8月にChuck/N4BQW等が/KH6にてサービスして以来、まったくQRVが無い状態が続いています。

調べて行くうちに島の野鳥等動植物の保護と研究のため、スタッフとボランティアが10名ほど1年間交替で住んでいることが分かりました。さらに飛行場やハワイとの通信のためのタワー、そして駐在のためのスポーツジムがあるホテル並みの宿泊設備もあることが分かりました。ハムバンドの無線機の有無は分かりませんが、なんだかの通信設備があることが分かっていました。

そして、本日女性スタッフのPaulaさんが運用しているTern Island発のブログを見つけることができました。

http://ffs2011.blogspot.com/2011/02/another-week-at-tern-mardi-gras-conners.html#comments

もちろん、ご挨拶のコメントを入れさせていただきました。

現在の滞在者へHam radioの理解、IOTA OC-055の価値、無線機の有無、免許人の有無、不在ならば次年度以降の滞在者の免許資格などなどを一つ一つ交渉してみたいと思います。いままではTern Islandのwebsiteを指をくわえて見ているだけでしたが、これで現地の情報を確実に入手することができると思います。さあ、どうなるでしょう。物凄く楽しみです。

« The Golden List of Silent Keys for new IOTA directory | トップページ | AS-069 IONY Island supporting »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The Golden List of Silent Keys for new IOTA directory | トップページ | AS-069 IONY Island supporting »