World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« SA-095p Pupuya plan again | トップページ | OC-227 VK4EI Sked »

2011年3月27日 (日)

Cezarからのたより

昨日26日にCezar/VE3LYCへSA-095 Pupuyaの件でメールを送りましたらこの朝に返信がありました。その要点です。

1.彼は地震学者で地震が引き起こすいろんな研究を20年にわたって行っているそうです。
 その関係で日本へも2度ほど訪問したそうです。そのため、地震によって引き起こさ
 れる核問題にも精通しているそうです。日本人は必ずこれらの問題を乗り越える力を
 持っていると判断しているとありました。
 私は彼はどこかの学校の教授、教師と思っていました。

2.Pupuyaに関しては、かなり詳しく計画しているプロジェクトと考え実行するようです。
 島が海岸に近い割には上陸およびキャンプ生活を行う困難性も理解しているようです。
 第1に安全性を考えたうえで「成功するオペレーション」を保証するために起きうる
 事象をすべて研究し11月に実行するつもりのようです。
 多分、Zoli/HA1AGの意見なども取り入れてもらえると思います。

3.今年初めのCE9プロジェクトに関して、これを完了させるために頑張っているようです。
 すでにQSLカードの設計が終わったところでまだ印刷には入っていないようです。
 しかし、4月中に印刷が終わり返信にはいるようです。
 その後にSA-095 Pupuyaのwebsiteを立ち上げNew projectの公開をはかるようです。

この返信メールに対し、再びこの朝にメールを送りました。内容は2006年春のXR4PIの
オペレーションが上陸できずに幻に終わったことと、その後のPupuyaの状況を連絡した
ものです。また、私がCE9'sを交信できなかったお詫びも入れておきました。私のアンテ
ナでは聞くこともできませんでした。小1時間ていどで再返信メールがもどりました。
どうもCE9プロジェクトで腹立たしいことがあったようです。
以下、要約です。

「あなたがSA-031/097のログに入っていないのは残念です。SA-031には383局のJAがログインされています。トータルで505QSOs、DXCC上では2番目の多さです。イタリアが388
QSOsで第3位です。SA-097はJAは局数が128で143QSOsでありDXCC上では4番目でした。」

「実はあなたにお伝えしたいことがあります。それはSA-031からのオペレーションにお
いていくつかのJA局から、私の指示を完全に無視される状況に遭遇してしまいました。
私はこれらの局のコールサインを記録しています。しかし、公にはしないでしょう。
いろんな場面で彼らは、私が他のJA局をコピーするのを妨げました。さらに彼らは私が
VK/ZLステーションをピックアップすることを妨げました。VK/ZLのバンドオープンは20
/30minでした。云々....」

JAからの指定無視ステーションに心を痛めているようです。次に新しい場所からQRVした
い、しかしまた指定無視のJA局に悩まされそうという感じでしょうか。気をつけていた
だきたいものです。

« SA-095p Pupuya plan again | トップページ | OC-227 VK4EI Sked »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SA-095p Pupuya plan again | トップページ | OC-227 VK4EI Sked »