World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 東日本大震災渦中の中からのお便り from JA7MGP | トップページ | EU-008 MM0LUP Sked »

2011年3月29日 (火)

JA7MGP 佐々木さんからの震災体験情報

JA7MGP佐々木さんからの震災情報が届いていましたのでそのまま掲載させていただきます。その前に3月11日に作成しました。Google EarthによるMap二つをご覧ください。このMapで「まさか」と強く思った次第です。

Ja7mgp11 佐々木さんのアンテナ、タワーが確認できます。これをズームアウトしたものが次の写真です。

Ja7mgp21 黄色線の左が佐々木さん宅、そこから3.36kmが海岸と計測されています。海岸のすぐそばに若林区荒浜の住宅が見えます。ここは全壊でしたね。南北に仙台東部道路が確認できますね。これが無ければさらにたいへんなことになったと佐々木さんは仰っていました。

「今度はキイボードが壊れ連絡がおくれました。
今回の地震で感じたことは、
①ガソリンの残量は半分になつたらガソリンを給油をすること。
②ガソリンの携帯用缶を購入すること。
③水を確保するためポリタンクを最低2個(20L*2) 40L
④今年は3月だと言うのに朝方はマイナスの温度になる為できれば寝袋を準備しおく。
⑤避難所の食事は朝にカトウの冷えたご飯とミカンのみで、昼はなし、夕方は再度カトウ    の冷えたご飯で1日2食が現実です。
⑥非常用連絡の電話番号の作成、携帯電話での連絡は県内がかかりにくく、県外からの  携帯電話からの方が連絡が取りやすいです。
⑦乾電池単3、単1は必要数を確保する。
⑧車のバッテリーがあがった場合を考え、ブ‐スタを購入し準備またガソリンが無くなり車を牽引を考え、牽引ロープを購入準備
⑩簡易トイレ(障害者用)と紙おむつを準備し自宅にての大便用に使う(仙台市では浄化設備が破壊され汚泥や水道水が大量に流れるとマンホールから汚水が流れ2次災害につながるので大便、小便は仙台市が準備した簡易トイレにての町内会長を通して指示あり。
⑪避難先の食事(おかず)の準備として梅干し、ふりかけ、カツプヌードル、コーンスープなど準備しておきますと食欲が多少なりともわくと思います。

現在単3電池(デジカメ)用が在庫不足で購入できませんので、手に入り次第仙台東部道路の内側(海の方)と外側(仙台市内側)のPHOTOを送ります。
        
      JA7MGP   佐々木 利行

無事でお元気で良かったです。①~⑪は体験から来る貴重なアドバイスですね。

« 東日本大震災渦中の中からのお便り from JA7MGP | トップページ | EU-008 MM0LUP Sked »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東日本大震災渦中の中からのお便り from JA7MGP | トップページ | EU-008 MM0LUP Sked »