World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« Earthquake and Tsunami 見舞い | トップページ | SA-085 CE1TBN/1 planの提案 »

2011年3月19日 (土)

NA-184 K6VVA/6

425DXnewsやDX worldに表題のK6VVAが4月8-9日にSt. George ReefよりQRVするとの情報が掲載されました。World credited 13.7%と結構rareなIOTAです。

Na184logo webに掲載されている写真ですが、どこでオペレーションをするのだろうと思うほど灯台だけの小さな島です。Rickへは2006年2月に実施されましたNA-178 Farallon Islandの時にJA有志のご協力によりドネーションの支援を行いました。今回もヘリコプターを使用しての移動の様で天候が悪ければ4月下旬に延期するそうです。

私はNA-184を1998年10月にN6VV/6にて交信していました。たいへんなところの様ですが、偶然にもSt. George Reefでありました。この頃はまだIOTAを始めたばかりでとにかく数を追いかけるだけで、その内容を知るというようなことはしていませんでした。1997年5月にIOTAをはじめて1年半くらいの頃ですが、「Lighthouse」と灯台のなかでオペレーションを行ったことが証明されています。しかも14MHzSSBでやっていますね。私のカードでSSBの交信はたいへん貴重です。コンディションも良かったのでしょう。

Img107

実はこのQSLカードは現在の私のカードのモデルになったんです。これを真似てカードを作成しました。このカードの裏面にはSt. George Reefの詳細説明が書いてありました。

Img108

この灯台を作った経緯と歴史が書いてあります。ぜひお目通しください。

« Earthquake and Tsunami 見舞い | トップページ | SA-085 CE1TBN/1 planの提案 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Earthquake and Tsunami 見舞い | トップページ | SA-085 CE1TBN/1 planの提案 »