World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

EU-042 DK0RZ info

すでに10年近く、このドイツのIOTA EU-042とSkedを組んでいますが、ただ一つ残しています。QRVinfoを入手するたびにSkedの依頼をしていますが、返信はもらいますが、いまだにつながりません。さっそくメールを送ってみました。

EU-042 DL - DF6LPC, DJ9IE, DL3HBZ, DL8HAL and DL5HAQ will be active as DK0RZ
from Hallig Hooge (EU-042) on 5-8 October. They plan to operate
CW, SSB and PSK31. QSL via bureau. [TNX rsgbiota.org]

さっそく、返信がありました。CW opがDJ9IEですので確率が少し上がってきたような気がします。再来週末です。頑張ってみましょう。


こんにちはシュウ、
skedを私達に求めてくれてありがとう。

私はそれは問題ではないと思う。ヘルゲDF6LPCと私はWebを持っているので、我々は電子メールを介してdxwatchで、あなたにオンラインで伝えます。 hihi。
そこにはブロードバンドインターネットがない場合は我々は、唯一の携帯電話ネットワーク経由でオンラインします。

私達のグループではCW OPはDJ9IE、ウリです。彼はまた良いcontesterです。

それは2局同時にオンエアを持つことが我々の意図です。コールサインは、DL0DFFとDK0RZ。ダイポールと100WパワーでQRVします。私たちの最後のアクティベーションのときは、VK、JAへのオープンはもちろんのことVE、W、PYおよびヨーロッパですべてが可能でした。

私たちはreversebeacon.netで条件をチェックし、その後我々はJAに連絡することが最善のバンドでskedだと、私は思っている。

ベストwhishes
ハリー
DL5HAQ
J79HAQ

2011年9月25日 (日)

EU-008 MM0LUP re-Sked 第1ラウンド

この朝6時31分にAllyよりメールが届きました。
JA8BWUと6時30分にお話ししたとのメッセージでした。
シャックに入ったのが6時40分でしたのですぐに返事を書きました。「おはようございます。今、シャックに入りました」
しばらくするとAllyから「18130であなたをコールします」と。
5分ほど18130をワッチしましたが、何か聞こえるような聞こえないような。
2~3分たって「何か聞こえるような聞こえないようなフィーリングです」と返信しました。
しばらくすると再びメールが届く。「コンディションが良くありません。JA1局だけの交信で、あとはUSAばかりです。24/28MHzも同じような開き方です」
私は「18130にてCWで呼ぶからしばらく聞いてみて」と返信。
メールでのSkedはタイムラグがでますのでなんとなくずれてしまいます。
10分ほどたってAllyからSkypeコールがありました。しかし、息子がヘッドセットを持って行ったため、Allyの生の声は聞けず。
しばらくするとSkypeのキーボードチャットで呼んできました。

Ally「バンドが静かです。」
私「ごめんなさい。息子がSkypeのHeadsetを自分の部屋へ持っていってしまいました。でもSkedをありがとう」
Ally「了解です。週末の残りを楽しんでください。あなたのwebsiteも確認しましたよ。それでは73」
私「はい、ありがとうございました。ところでこのSkypeの写真はあなたの息子ですか。とってもかわいいですね。」
Ally「あはは。その写真は40年前の私の5歳の写真ですよ」
私「あはは。了解了解。それでは」
Ally「OKです。お陰で楽しめました。家内はすでに眠ってしまいました。私もQRTします。」
私「おやすみなさい」

 以上で、半年ぶりのAllyとのSkedも見事に失敗に終わりました。しかしながら、Skypeによるキーボードチャットの
ほんのちょっとした情報交換によりますます友好を高めることができました。ここが私の大好きなところです。ご報告いたします。

2011年9月23日 (金)

EU-008 MM0LUP re-Sked

9月18日にGreetingsを送ったその後の反響はまたまた新しい展開がでてきました。
その日のうちにEU-008 Isle of Skyeに住むMM0LUP Allyさんからメールが届きました。

2011/09/18 19:25

Hello

Its a long time since I hear from you, thanks for pics

Do you have Skype in your pc with webcam in the shack

Ally

Allyとは2010年1月にQRZ.comでEU-008に住む固定局であることを見つけ出し、メールにてSkedを依頼して以来のメール仲間です。メールもいつも短文で素っ気ないのですが、いつもSkedに応じてくれていました。メールのやり取りでのSkedはタイミングがずれたりで大変なんです。今年の5月でこれ以上は無理と判断し、メールを送るのを止めていました。AllyからSkypeを使わないかて言ってきましたが願ったり叶ったりです。

 早速、Skypeのキーボードチャットによるコールをしておきました。すぐに受け入れ許可が戻ると思いましたが、本日Skypeの受け入れ許可をお願いとメールを送りましたら返信がありました。


2011/09/23 15:49

Okay I am heading home for the weekend to my IOTA qth,

I will be at home at the weekend, perhaps we can try to call.


Ally

 明日からの週末に再開しようとの返事です。Skypeのキーボードチャットで実施すれば、かなり操作的にも楽になります。EU-008はどちらかと言うと雑魚の部類ですが、残念と言うかラッキーと言うか私はまだ交信できておりません。RSGB IOTA wegsiteで確認しましたが、EU-008のcreditにMM0LUPは使われていませんでした。また、週末の楽しみが一つ生まれました。
Eu008_mm0lup

AllyのQRZ.comを見れば島の位置などが明確に分かります。頑張ります。


SA-010 PP0T QSL information

表題のQSLカードが届いたとJF1EGO Kaku OMよりメールが届きました。


「ところでPP0Tから立派なカードが届きました。複数ページになるものです。

 30mは世界で13人でした。多分日本では友人と2人だけではと思います。

 改めましてありがとうございました。私にとっては大変価値のある1枚です。」

 と、大喜びされていました。

 Junior/PY2ZAへ私のブログに載ってるよと連絡するため、Kaku OMに等ブログ掲載の
 了解をいただきました。

 Juniorは実は他の島のプランをSA-010が終わった後も持っていました。
 Kaku OMのリクエストはPY0/Sとのこと。私も持っていませんでした。

6093428645_6ca5426955_z

ウェブサーフィンで調べてみましたら、8ページで構成されたQSLカードのようです。私もSkypeで何度も連絡を取り合い、Juniorからメッセージを預かりvia JN6RZMにて彼の奥さんのメールアドレスへ転送したりしたのですが、8ページの中に記載されなかったのかな。


OK1MUからのご返事 for IOTA-TA

2006年5月のAS-123 TB0DXから始まったOKDXFメンバーによるIOTA-TA Turkyへのペディションは昨年10月のAS-154 TC03Wまで7つのトルコIOTAをサービスしてくれました。

今回、そのリーダーであるPavel/OK1MUへGreetingsメールを送ったところ、下記のメッセージが戻りました。

Hi Shu,
I ended up in the TA finally after 6 years a few weeks ago ... Last two weeka I was on business in DU, HS, 3W, and the EP, I returned today, hi ... I am considering another IOTA expedition, but still considering the island.... Anyway, it will be a deadline sometime in 2012 ...

Thanks for email and nice photos and see you again on the bands!!!

 要は2012年にIOTAペディションへ行くが、まだどの島にするか考慮しているということです。彼らの5年間の軌跡は、

○ 1.AS-123 TB0DX 2006年5月 18,619QSOs
× 2.AS-099 YM0DX 2007年6月  6,199
○ 3.EU-186 TC0DX 2007年6月 21,793
× 4.AS-159 TC0W 2008年6月  10,752
× 5.AS-098 TC098A 2009年5月 10,143
× 6.AS-115 TC07DX 2010年5月 6,252
○ 7.AS-154 TC03W 2010年10月 10,731

です。○は私が交信できたIOTAです。TAのIOTAはこの7つになりますので、PavelがTAの7つのうちいずれかをリピートするのか、また他の国のIOTAにチャレンジするかは不明です。たしか彼らは航空機でトルコに入るのではなく、アウトバーンを利用し車でトルコに機材を積んではいるということを聞いたことがあります。
「決定したら教えてください」と返信しておきました。

EU-041 IM0QMA Fabrizioからの返信

デスクトップの壁紙をGreetingsのタイトルでEU-041 IM0QMAのFabrizioへ送りました。彼とは一昨年の3月に彼のEU-041からのQRVをspotで見つけ、さっそくSked QSOを申し入れしました。彼は快く引き受けてくれましたが、なかなか交信できずに1年4カ月後の昨年6月に交信を成功しました。

途中で花の写真を送りましたが、彼は庭に植えてあるレモンの木の写真を送ってくれたりしました。

Dear friend Shu,
thanks for remember me and nice pictures.
I think that autumn in Japan is beautiful.
Everithing here is all right and I hope also You and your Family.
I've just finished to assemble a K1 Elecraft transceiver for QRP activity on
17 and 30 meters.
I've tested it two days ago and I've had 4 QSO with USA using only 2 watt.
Give me a couple of day to take some pictures here and send to you.
Best 73 and Good Luck

 さっそく、QRPerの皆さんのために下記のメールを返信しました。

Hi Fabrizio,

Fine, thank you!
Anyway, how about your lemon tree? Ahaha

I have some friend of QRPer's.
If you can, please Sked for their QRP QSOs.

Shu JN6RZM

 多分、TCVさんを中心としたQRPerとのQRP交信を希望してくるものと思います。また、IOTA EU-041も珍しい部類ですのでお忘れなく。IOTAはこの様な固定局が結構多くいるのが特徴です。特にEUは多いです。

インドネシアのIOTA peditionerの今

先週の9月18日の日曜日にデスクトップの壁紙を付して、私のIOTA関係の友人約100人へGreetingsメッセージを発信しました。50人くらいから返信がありましたが、仲の良いインドネシアの友人たちのメッセージを紹介します。

Ⅰ.まずYB1TC Kardiさんです。現在はYB3へ移られました。YE1P/YE7P/YE6Pのペディションのリーダーです。

親愛なる私の兄弟、いかがお過ごしですかです??
日本はTsunamiによって攻撃され多くの建物の破滅されましたが、すでに回復しつつあるよう
ですね。そして、以前より良い状態を得ているようです。私は元気です。同様になあなた達の
国が調子を整えることを望んでいます。私は、これ以上DX/IOTA活動において二度と活発になる
ことはないでしょう。

日本の来たるべき秋の間美しい絵をありがとう。
すべてのbests。
Kardi - YB1TC/3

 *彼はFacebookを通じていろいろな写真を週一回くらいのペースで送ってくれます。上記のペディション関係の
  写真も多いです。YE7P/YE6PのQSL cardは多分ビューローでは入手できないと思います。それは、あまりに
  もたくさんのJAとたくさんの交信をしすぎたため、JAだけで段ボール箱2箱分くらいになり、郵送料がたいへん
  な額になると言っていました。多分今でも段ボール箱にQSLカードが残っていると思います。それを見るたびに
  何のためのIOTAペディションなのかとため息をついているのではないかと予想します。IOTAは2QSOまで。

Ⅱ.Adhi/YB3MMです。以前にOC-208 Banggai Islandの情報をお伝えしていました。

Hello Shu-san,
私は長い間多くのYB友人OC-208へのペディションについて討議しました。しかし、残念なことに、
現在、Banggai島OC-208でIOTA活動をする計画がありません。
主な理由は以下の通りです: 島は全く遠いです。そして、定期船がそこにありません。
私は、OC-208のニュースがあるかどうか、あなたに知らせます。よろしく。

Adhi YB3MM

 *なかなか難しいようです。私は現地に住むYB8NAなどにも交渉を続けています。

Ⅲ.Anton/YB5QZはYBで初めて5Band DXCCを達成しました。
Hi Shu san,
素晴らしい絵をどうもありがとう。私は元気ですよ。そして、あなたも元気であることを望んで
います。最近、DXingしているたいへん活発な周波数は、新しいIOTA OC-232以外はfreq.の上で
現れません。
よろしく。
Anton YB5QZ

 *YE6Pなどのペディションにも参加しましたが、YB5にたくさんあるインドネシアのIOTAペディションを実行する
  までに至っていません。アクティビティも落ちているようです。最近、信号を聞きません。

Ⅳ.Donny/YB6LD ex YB1BODです。
Hi Shu,
私の住むところは、秋がほとんど終わり、そして冬が来ていると思います。太陽黒点の上昇にも
かかわらず、私はアンテナを持っていない。しすし、私の仕事の責任にあまり追いたてないで、
そのため、ここ数年の無線に関するすべての行動を逃しました。私はあなたが開いたバンドを
楽しむことを望みます。そして、うまくいけば、私は楽しみに加わることができるために単純な
アンテナを立てることができます。
あなたの家族とそこの友人によろしくを送ってください。
Vy 73 de YB6LD
Donny

 *リグはまだ持っているようですね。でも仕事に忙殺され無線どころではないようです。彼のCWはYB局では
  最も上手な一人と思います。

 全般的にコンディションが良くなりつつありますが、残念ながら1995年から2005年くらいまでのYB局のIOTAに
 対するモチベーションが相当に落ちていると感じました。この1990年代後半はYBで無線なり、IOTAなりのブー
 ミングが起きたのですね。制度改正やいろんな要素があったのでしょうね。

2011年9月20日 (火)

EU-076 LA7DHA Lofoten Island

ノルウェーのオスロに住むLofoten Islandご出身のPerさんへGreetings picturesを送りましたら下記のメッセージが戻りました。

Hi Shu,

Thanks for your pictures.

I was visiting my hometown in Lofoten Islands, EU-076 just weeks ago.
Didn't have the chance to work radio back then, but I hopefully will bring
my HF with me next summer.

Best regards and happy IOTA chasing.
73's de

Per, la7dha

数週間前まで帰省していたようですね。残念ながらHFのリグは持って帰らなかったようです。Perさんとは2002年12月にSkedを何度となく組みましたが信号は聞こえませんでした。彼はic-706MK-II here and a GP-antennaを使用していました。12月と7月にLofotenへ里帰りしているようです。来年の夏に期待しましょう。

NA-059 NL8F Sked 2

この朝に表題のTim/NL8Fより返信がありました。9月4日にJA7DHJ宅井さんより依頼され、Skedのお願いをしてちょうど1週間後でありました。CCにて宅井さんへも送付していましたので直接Skedを組まれるものと思います。

Timは私にもSkedの希望を聞いてきました。
Also Tak san let me know when and what Freq would be good and I will try to
get it set up. On 40 I am on 7.075 to 7.100 and 7.125 to7.300 so we can pick
a quieter freq lower down. Most nites I am up until 07 zulu but have to wait
until I get the amp up and running.
Regards Tim NL8F

彼は7メガSSBが大好きのようです。14メガでもあなたの好きなバンドリクエストに応えてくれるようです。どうぞ、未交信の方はご一報ください。Skedを組みますよ。

2011年9月19日 (月)

OC-232 4W6A

一昨日よりこの局がQRVを開始しました。各バンドで順調にサービスを続けているようです。私もようやく19日の16時18分に28023にて交信できました。ハイバンドがたいへん強いですね。28MHzのEast Timorは初めてです。
IOTA的には2000年7月にQRVした4W6GH/Pが最初でした。それ以来ですから11年ぶりのQRVです。IOTAは数が多いため、次回のQRVが10年を超えるというのはざらです。しかし、それがIOTAを長く楽しめることになるのかもしれません。

Img132

これが11年前のカードです。多分SSBのみで出ている日にちも3日程度ではなかったかと思います。落とした方もおおかったようです。今回もATAURO ISLANDがオンエアしています。

Oc232_atauro_island

首都のDiliからフェリーが出ています。真向かいの北側の島です。

220pxeast_timor_dili_locator_mapsvg

East Timorは昔はCR8のプリフィックスでポルトガル領チモールと言っていました。独立して4Wのプリフィックスになりましたが、イスラム教とキリスト教の派閥が入り混じり混乱しました。多くの人の命が失われ、国際平和軍がおかれました。確か9Aのハムが殺されたことがありました。CQ誌でも紹介されましたね。ちょうど上記の4W6GHの頃でした。


2011年9月15日 (木)

YC0IEMからの依頼

IOTA supportingと看板をあげているせいもありますが、いろんな雑用もサポートしなければならないようです。

5月にインドネシアのYC0IEM/Hotangさんより、「以前交信した4S7UJGのQSLが回収できず困っている。支援してほしい」とのメールが届きました。調べますと数年前にJA3のメンバーが4S7へペディションへでかけられたお一人のJA3UJR中浴(なかさこ)さんのコールでした。

すぐにメールアドレスを調べて、YC0IEMの依頼を伝えましたところ、カード請求はいただいていないが直接送ってあげますとの回答をいただきました。私はその旨をHotangへ伝えました。

Hotangさんは、インドネシアのIOTAに関する情報通であり、1990年代から2000年代はじめのYB-IOTAに関するQSL回収にたいへんな尽力をいただいています。ただし、私のQSL回収では全くなく、焦げ付きの相談や最近IOTAをはじめられた方の過去分IOTAのQSL回収支援であります。

8月末に、再びHotangさんからメールが届き、「まだ届かない」とのことでした。Hotangへは4S7の請求QSLを私に送ってもらい、郵送料110円とともに請求してみましょうということになりました。そして、再び中浴さんへメールを入れましたところ、ゴミメールに交じってメールが滞っていたとのご返事をいただきました。すぐにHotangへ送るとの回答でした。

9月の初めにHotangさんから「届きました、ありがとう」とメールが届きました。おいおいちょっとまって、4S7のカードはどするのと返信しておきました。昨晩、Hotangさんより私のところに封書が届きました。直接送ればよいのにとおもいながら、この朝に中浴さんへの封書と郵送料110円分切手とMSGカードを送付手配をしました。

一見、無駄がありますが、このサポートが大切だと内心思いながら、ようやくHotangさんからの依頼を完了させる事が出来ました。ほっ。

2011年9月12日 (月)

NA-137 Peaks Island K9YNF/1 Sked

IOTWに掲載されていました表題の局にSked希望のメールを送ってみました。すぐに回答が返ってきました。和訳して掲載しづらいため、原文を私のブログに許可を求めました。

Hello, Shu-san!

Thank you for your e-mail request for a NA-137 sked.

I do not operate CW. I will operate SSB (+/- 14.260) and PSK31
(14.070.15) on Peaks Island.

My DX propagation software (VOACAP Online) says that during my
DXpedition, the peak MUF on the path from Maine to Tokyo will be between
2000Z to 0200Z. Therefore, the peak time on 20 meters is 2200Z-2300Z,
with a 30-40% success on this circuit.

Tell me THREE days (between 25-30 September) and your preferred UTC
times for me to call you.

If conditions are too weak for your 100 watts, maybe you can use someone
else's big station or try PSK31.

During my operation, I will have Internet connection so you can e-mail
me on Peaks Island if you need to.

I will stand by for your e-mail reply, Shu-san.

Domo Arigato,

Wayne, K9YNF

PSK31の準備も間に合いませんが、CWをやらないということで私のアンテナでは聞くことすらできないと判断しております。文中のBig stationもしくはPSK31利用の方と組んでトライしてみたいと思いますが、どなたかチャレンジされませんか。募集させてください。

WayneさんはWisconsin州に住んでいるようですが、せっかくのMaine州までのIOTAペディションです。たいへん丁寧なご返事ですので如何でしょうか。

2011年9月11日 (日)

AS-069 dream Iony

本年2月に表題のAS-069 Iony Islandへ行くとSerge/US0IWが発表しました。Iony Islandはサハリン島の真北233kmのオホーツク海に位置した無人島です。JAからの交信はいたって簡単であります。
IOTAのクレジットは3.7%と超rareです。JAではわずか4人しかクレジットを受けていないようです。1990年8月にEK0ACのコールサインによりKL7RRCのペディションに加わってくれるYuri/UA9OBA等によって実施されています。Yuriにも相談しましたが「行ってもいいよ」ととぼけた感じで返信をいただいたこともありました。

すぐにドネーション募集を開始しましたが、6月に船の調達や資金難で2012年へ延期することになりました。Sergeも資金調達でウクライナからロシアへ出稼ぎへ行っています。15名の有志よりドネーションを預かりましたが、5名はNA-232 KL7RRCへ変更されました。現在10名からドネーションを預かったままです。

 そこで、昨日9月10日の夜にSerge宛へ表題のタイトルでメールを送りました。この朝に返信がありました。

Hello Shu san.
I all ok but my compuyer have problem
I wait in october month information fm
Magadan informtion for ship next year.
I and you dream this is very good.
My all the best SHU san.
73 Serge.

 まだまだIony IslandへのIOTAペディションの意欲は衰えていません。それ以上に高まっていると思えます。Magadanの受け入れチームリーダーはIOTA chasingでも有名なUA0IDZ Igorです。きっと実施していただけると思います。

 また、現在のドナーは戸倉ご夫妻、山口さん、細川さん、佐々木さん、音部さん、塩治さん、宮嶋さん、斉木さん、大堀さんと私の11名です。

 来年のIOTAコンテストを含む、前後の期間になるでしょう。ご支援をお願いいたします。

2011年9月10日 (土)

IOTA meeting 2012 Plan

「IOTAをやりたい人集まりませんか」をテーマに東北仙台で2回、東京で2回懇親会形式にて開催し、それを経験に本年の1月22日に14名が集まりセミナー形式にて東京水道橋の貸し会議室にて開催しました。その内容は次の通りでした。

 1.時間 10時から午前の部、昼食をはさんで15時まで午後の部を行いました。
 2.場所 東京のJR水道橋駅から3分くらいの貸し会議室で行いました。
 3.会費 会議室料、回線接続のための機材借り賃、お弁当、飲物代などで3千円
       差額の余りがでましたので、アメリカのIREFへ寄付することに賛成いただき、
       未加入の方のお名前で送金しました。
 4.進行 
 (1)DL5MEの北欧IOTAツアー紹介 by JR0DLU
 (2)JA1EY&7K3EOPの三宅島と鹿嶋シャックの紹介 by 7K3EOP
 (3)私のIOTA chasing管理手法公開 by JN6RZM
 (4)AS-067 UJI Island IOTA pedition 2010 by JE1SCF

 4番目は飛び入りでした。私のを除いて、たいへん素晴らしい内容でした。CQ誌に掲載してもまったく遜色ない内容と思いました。その他、いろいろな情報交換と交流ができ、思い出に残るIOTA meetingでした。

Iota_meeting_2011_jan_22

 そこで、2012年も開催計画をたてたいと考え始めました。今から準備して可能ならば海外のIOTA chaserもしくはpeditionerをお招きしたいですね。準備の関係で2012 February in Tokyoで調整を開始します。


NA-169 Tatooth and Waadah Island plan

Yuriさんは次のように回答してきました。

「こんにちはShuさん、

実際に私はマカ族へ私から電話通話やボイスメールにより、タトオッシュを再訪する許可を求めて数週間ほど試みました。なかなか回答が戻ってくることはありません。それよりはVaadah島、同じグループNA- 169を訪問する方がはるかに簡単かもしれませんが最初の良いアイデアではありません。またこの島は地元の人の許可のために彼らと話をしなくてもそこまで運転してでることができます。ハイハイ。

しかしながら、Vaadah島の簡単に上陸できる場所はJA方面はロケーションがあまりよくありません。JAへのオープン側に上陸するにはたいへんです。来年の夏かもしれません? Yuri」

 2009年はTatooth島からのQRVですが、所有者のインディアンであるマカ族の担当者に連絡がつかないんですね。2009年のIOTAコンテスト以降もNA-169から出てくる手続きをやっていたようです。
もうひとつのWaadah島は許可がいらないようです。こちらの方は橋がかかっており車でも入れるようですね。ところがJA方面はオープンしておらず、その場所へは多分船を使わなければいけないのかなと思いました。

 もちろんノーとは言っていませんので、是非行ってもらえるよう調整してみます。

NA-065 N3QQ/P results

この朝にYuri/N3QQより表題のメールが戻りました。一昨日、メールが届き「ミニIOTA peditionを行います」と連絡がまいりました。しかしながら平日でもあるし、時間帯もはっきりしなかったため交信することはできませんでした。

Hi Shu-san,

I made it to NA-065, but late in a day and only campground available was far away from water. 12 contacts total. Hi Hi After driving ~400km in one day plan was to wake up at night and operate, but no chance, too tired. Sorry.

73,

Yuri
N3QQ

N3qqp

これはYuriさんが送ってくれましたご自宅からNA-065 までの経路図です。自宅からSeattle市内を通り過ぎてVターンのように行動しています。これを2泊3日の強行軍で移動したようです。MAPをじっくり見るとCanadaはバンクーバー島のNA-036ですし、一番左上にNA-169 Tatooth Islandが存在します。私はまだ交信できていません。1泊2日でもいけるかもしれませんが、ご希望の同士がおられましたら、ご一報いただけませんか。Yuriは一昨年のIOTAコンテストでNA-169 N7RO/PにてQRVしています。このときは同行のオペレータが木の梢に目をあてて救急車を呼んだりで集中したオペレーションができていません。皆様のリクエストを伝えますので是非お声掛けください。

2011年9月 9日 (金)

NA-242 K6VVA/KL7 QSL card just received

本日、表題のカードがN6AWDより届きました。当然ですが、先日Rick/K6VVAからいただいたPDFファイルと同じ表紙です。

Img130

裏面はこんな感じです。8月14日に投函しましたので26日で戻りました。ドネーションをしたうえ、いろいろご支援したせいか、どうも日本で、いや世界で一番に戻ってきたかもしれません。

Img131

RSGB IOTA websiteにQSLカードエントリを行いました。自動的に「Point Lay Barrier Island」がでてきて安心しました。ところで、この島の名前はPoint Layという地域を陸継島がバリアのように位置しているために付けられた名前のようです。Google Mapの地図上ではでてきませんでした。


2011年9月 8日 (木)

NA-065 tomorrow

Yuri/N3QQよりメールが届きました。明日、Seattle郊外にあるNA-065へ行くそうです。ほとんど珍しくはないですが、ご希望者がおられましたらこれまたワッチされてください。

Hi Shu-san,

I will have to travel a lot tomorrow locally because of work and on my way back home will camp on NA-065 around Ft. Casey on Whitbey island. Will have spot messenger with me activated.
http://www.spotadventures.com/user/profile?user_id=52123
If anyone needs NA-065, planning to set up around 1:00UTC. 100w and 1/4 vertical
for 30/40m, cw and may be ssb. N3QQ/p, one night operation.

73,

Yuri
N3QQ

チェックしてみるのもまた楽しいと思います。

NA-041 K6VVA/KL7 3rd pedition 2

本日、午前10時過ぎに表題の局のQSLmgrのFred/N6AWDよりメールが届きました。

Hi Shuji

Rick K6VVA.KL7 on NA-041 will be looking for Jas on 40 meters around 1200
UTC between 7015 to 7021.

73  Fred  N6AWD

QRVしているのはもちろん知っておりますが、NA-041はすでにCredited済のため交信していませんでした。また、NA-041 Skedの申し込みをお願いしていたリクエストに応えて、わざわざメールを送ってきてくれました。

JA向けに1200UTCに7MHzCWでサービスしたいそうです。平日運用ですからこの時間だと可能性高いですね。未交信の方はワッチしてみてください。まずはご報告いたします。

2011年9月 5日 (月)

IOTA contest datas

土曜日の夜にJA7MGP佐々木さんからいただいたご質問を日曜日にG3KMA/Rogerへ質問しましたら、下記の回答が戻りました。

Dear Shu

The IOTA Contest Manager says that he will do his best to get the
2011contest log data to the IOTA Committee in December.

Yes, we are pleased to see new participants in Japan. Great news.

Best regards

Roger

やはり私が昨年確認し利用しましたEU-132 SN1AとNA-235 KL7RRC/Pは12月10日だったと記憶しています。望む方は簡単にできると思っていますが、多くのコンテストデータをこのシステムへ連携させる作業も多分たいへんなことだと判断できます。

まずは、下記websiteにおいて8月21日までの締め切りにコンテストログを提出した局を確認しておけばよいでしょう。

http://iotacontest.com/contest/iota/2011/listOfLogs.php

なお、JAの提出者は88局、BYの提出は75局でした。やはり中国のIOTAコンテストの参加が毎年高くなっています。皆さんの来年からの積極的なログ提出をお願いいたします。

2011年9月 4日 (日)

IOTA contest dataはいつから申請に使えるの?

9月3日の夜にJA7MGP佐々木さんからSkypeにてコールをいただきました。半年ぶりのPhoneコールでしたので、父の日に子供たちからプレゼントしてもらったヘッドセットをセットしましたが少し手間取りましたがうまくつながりました。

佐々木さんは3月11日の東日本大震災で床下まで津波が来てたいへんだったそうです。ようやく復活されたようで安心しました。

VK6LCの過去のペディションのご質問をいただきました。また、IOTAコンテストのログデータがいつからIOTA申請に使えるのかとの質問をいただきました。

 私は、今年の1月末締めの申請に、EU-132 SN1AとNA-235 KL7RRC/Pの2件分を使用しました。どちらもカードが届いていない10月くらいから定期的にRSGB IOTA webを確認し、11月、12月と確認し確か12月10日頃にコンテストデータが使えるようになったことを記憶しています。すぐにエントリしました。

 結果として紙のQSLはSN1Aが2月2日、KL7RRC/Pも2月初旬に届きましたので、コンテストログからの申請データ作成はたいへん効果のあるシステムと思いました。

 本日IOTA contestのwebにおいて確認してみましたが、この情報がありませんでしたので、Roger/G3KMAへメールにて依頼させていただきました。回答がきましたら、当ブログでご紹介いたします。

NA-059 NL8F Sked

この朝にJA7DHJ/1宅井さんよりSkypeコールをいただきました。そのチャットの中で、今回のNA-232 KL7RRCのオペレータであるTim/NL8Fの話題になりました。Timは昨年末のOC-278 V73QQ Ujelang atollでも7MHzSSBにてたくさんのNew IOTAをプレゼントしてくれました。今回のNA-232では14/7MHzSSB゛QRVしていました。

宅井さんのリクエストでぜひNA-059 NL8F Timさんと交信したいと言うことになりましたので、多くの方にプレゼントできるようここに募集したいと思います。NA-059との交信希望の方はご一報ください。


 実はNA-059は私はWL7CPAという局を見つけSkedを組まさせていただきました。11月くらいからはじめ10回目くらいで14MHzCWにて339をもらい交信を成立しました。
Img129

この時も希望者10局近くにプレゼントした記憶が残っています。
Timとは3年くらい前にSkedを依頼しました。引き受けてくれましたが、VK9CFのペディションに行くから、それが終わってからにしようとそのままになっていました。昨年12月のOC-278 V73QQ Ujelangで再開し、そのままになっておりました。

IOTAの面白いところに、この固定局がいることがひとつあります。電気や食料もペディションのようにそろえる必要がなく、しかもインターネットを通してやり取りができます。逃げませんのでSkedを組み楽しむことができます。半年くらかけてお願いしてみましょう。ご希望者はぜひご一報ください。


2011年9月 3日 (土)

NA-169 N7RO/P Tatoosh Island 2009 thru Windows7

本日にN3QQ/Yuriさんよりメールが届きました。2009年のIOTAコンテスト時にペディションへ出かけたNA-169 N7RO/pのVideoが見れるようになったとのこと。Windows7のthemepackというシステムにて動くようですが、残念ながら、My PCはまだVistaのままです。

見ることができず残念なものですから、ここに掲載させていただきました。Windows7をお持ちの方、是非ご覧になったレポートをいただければありがたいです。

Dear Shu-san,

もしあなたがWindows 7を使用しているならば、下記のwebsiteからファイルをダウンロードしてください。30 minutesの 2009 expedition to Tatoosh island NA-169 N7RO/p (OPs N7RO Dick, KE7V Johnny, N3QQ Yuri and my son Danny)を見ることができます。
http://www.na-234.com/video/Tatoosh-2009.themepack
ファイルのサイズは約56MBです。
73,Yuri N3QQ

YuriさんへはI lost your Chuginadak, Adak, Tatoosh, and Ujelangとお返ししておきました。意外と彼のペディションとは相性が悪いんです。本年中に計画がまた一つ進めているようです。

OC-214 Lacepede Islands

表題のOC-214は1996年5月にVK6LC等のグループによりVK6ISLのコールサインによりIOTAペディションが実施されて以来、15年間QRVがされていません。VK6YS/Walにぜひ行って欲しいと考え調べてみました。私は、1997年5月からIOTAチェイシングをスタートさせました。その前はCWオンリーのオペレーションだったため交信しておりません。おそらく、OC-214 VK6ISLはSSBオンリーだと思います。まず位置を確認しましょう。
Oc214_lacepede_islands1
比較的VK本土から近辺にあります。

Oc214_lacepede_islands2
小さな家の集まりが点在しています。対岸のBeagle Bayからは30km弱です。埋め込まれている写真を確認すると釣り用の船がたくさん写っていました。

Oc214_lacepede_islands3
諸島は4つの島から構成されています。東側からEast, Middle, Sandy, Westです。1996年時はSandy IslandよりQRVしました。

さらに調べていくと、鳥獣保護区と明記してありましたので、上陸許可証などが必要なのかなと思いましたが、次のwebを見つけてびっくりしました。
http://www.cruiseaway.com.au/cruise-port/lacepede-islands-western-australia

なんと渡し船があるんです。ハイ
webの一部をを翻訳ソフトでは、
「時には、単にLacepedesと呼ばラセペード諸島は、、公称120キロ(75マイル)ブルームの北約西オーストラリアの北西沖のインド洋に位置し、四島のグループです。それらはラセペードチャンネルによって分けられているからダンピア半島の沖合約30キロメートル(20マイル)、です。

北方四島はウェスト島、ミドルアイランド、イースト島とサンディ島という名前が付けられています。彼らはすべての小さい、低は、プラットフォームのサンゴ礁の上に横たわって、粗砂とサンゴの瓦礫から吐く。彼らは、アオウミガメのための西オーストラリア州で最も重要な繁殖地であり、彼らはまた、レッサーFrigatebirds、ブラウンカツオドリ、ムリのアジサシ、シギやルディTurnstonesの繁殖コロニーをサポートしています。

見どころとアクティビティ

*ラセペード諸島自然保護区
*東島の灯台
*ホエールウォッチング
*バードウォッチング

クルーズのシーズン- 1月〜12月」

とありました。無線家ではなく釣りで結構多くの人が渡っていることが分かりました。まずは当ブログへ掲載してみます。どなたかプランを立てられませんか?

 

SA-085 CE1TBN/P info 3

7月10日にCE1TBN/Marcoと話がまとまって、表題のSA-085を9月に実施しても良いとの回答をいただはました。7月中に渡船のための船の調達のため、現地へサーベイへ行くと言っていました。しかし、以後、Skypeによる連絡は残念ながらありません。メールで2回ほど送りましたが返信がきませんので9月実施は無理と判断します。

Marcoは11月に9Nのペディションチームへ参加し、JAの皆さんとたくさん交信したいといっておりましたので、そちらの準備で多分手が回らないのではないかと思います。彼は確かチリの日本企業に勤めています。以前のテムコに住んでいる頃は結構自由な時間があったのですが、現在は日本式の仕事で多忙のようです。

たいへん申し訳ありませんが、中止になった訳ではなく、まだ次のチャンスは十分ありますので吉報を待つことにしましょう。

2011年9月 1日 (木)

NA-232 St.Matthew KL7RRC info 16

Yuri/N3QQより表題のQSLカードに関して、jpegファイルが送ってきました。

Dear Shu-san,

As you can see call is wrong (/p), Russia is missing from map/picture (may be it is OK). Round NA-232 logo must be bigger. First steps with a design.
Please do not publish it, OK to send our JA IOTA friends, but I'm afraid they will not like it. Up to you.

 文章にもありますとおり、すでにカードデザインは出来上がっているようです。印刷会社はロシアのUA6HPR printですが、第一段階の試作品においてコールサインがKL7RRCに/Pが付いているため、公開しないようにとの依頼でした。

従来からのKL7RRCのカードタイプとはがらっと変わりそうです。アラスカの地図とSt.Matthew Islandの位置を明確にした写真と、島全体を写したなんとなく玄人受けするようなQSLです。

もちろん第2段階で/Pが外されると思います。しばらくしてから完成品とこの間違い品を比較して掲載したいと思います。(ほとんど変わらないかもしれませんが)

以上により、前回のNA-235のように大幅にQSLカードの提供が遅れることはないとほうこくできると思います。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »