World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« EU-137 SM7DAY/P Sked #4 | トップページ | YB8のIOTA pedition plan in March 2012 »

2012年1月15日 (日)

IOTA Island group listings for my IOTA Marathon

IOTA Marathonが1月1日からスタートしました。ルールを詳細に理解することは必要ですが、ゼロリセットしてとにかくIOTAと交信して下さいと申し上げております。

続いて交信した後のIOTA管理表はないかとの要望があります。表題の添付をエクセルファイルにて掲載いたします。EUの局が使われていたものを流用したそうです。匿名局からの提供です。皆さん自由にご利用しIOTA Marathonを楽しんでください。

「iota_marathon_2011.01.15.xls」をダウンロード

【追加】
Another one; Please change for yor using this file;

「iota_marathon_jn6rzm_2012.01.16.01.16.xls」をダウンロード

« EU-137 SM7DAY/P Sked #4 | トップページ | YB8のIOTA pedition plan in March 2012 »

コメント

チェイサーの部門では、一つのIOTAグループとの交信が1点でバンドが異なれば3バンドまで得点できる。と読めましたが合っていますか。とりあえずAS-007を3バンドでリストに入れました。九州はまだ2バンドで2点です。4W0VBとの交信でチモール島も3点取れました。現在30点ぐらいです。

DXペディションのほうはAS-007からの運用では数をこなしてもエントリーできませんね。他のIOTAに移動する必要がありそうです。

CPTさん、ありがとうございます。
実は昨日、K0AP Draganさんよりメールが届き、同じ原本ファイルを使って彼が作成したエクセルファイルが届きました。よくみるとバンド別になっていましたので、なぜバンド別に管理しなければならないのかと思っていました。このコメントをいただき、慌ててルールを確認しました。1IOTAに付き、3バンドまでポイントが得られるように書いてありました。いつもの斜め読みではいけませんでしたね。
さきほどご意見をいただけそうな3人の方にDraganファイルをお送りしました。確認していただけましたら幸いです。なお、Draganさんには3人の方の意見を集めて、再度メールすることを伝えるとともに、前回の訂正を使用させていただくよう依頼しました。よろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。

01.16
早速使ってみました。
エクセルにロックがかかっていないので、自分なりにアレンジ出来ますね。

ところで、計算式に誤りがありました。
オセアニアの40mの計算式で、
COUNTA(E847:EE876)
となっていますので、EEのEを削除しないと合計がおかしくなります。
以上、情報でした。

TCVさん、ありがとうございます。
おおもとのファイルをそれぞれ加工したものですが、この分はK0AP Draganさんが加工されたものです。さっそく、彼に計算式の変更を連絡します。TCVさんのコメントの「ところで、云々、合計がおかしくなります。」をどのように伝えるか、これを考えるのがまた楽しいんですよ。そして、また交流を深める結果になります。もちろん、JA friendのKazu-san/JK1TCVよりのアドバイスであることも伝えます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« EU-137 SM7DAY/P Sked #4 | トップページ | YB8のIOTA pedition plan in March 2012 »