World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« NA-065 K6VVA/7 Vashon Island for IOTA Marathon | トップページ | NAー240 KL7RRC in Bathel »

2012年1月 1日 (日)

IOTA Marathonプログラムに参加しよう

あけましておめでとうございます。2012年を迎えられ皆さま、今年もIOTAをどのように楽しむかいろいろと施行されていることと思います。
昨年夏に発表されました表題のIOTA Marathonですが、私もPDFファイルをRSGB IOTA websiteからダウンロードして和訳したりしておりましたが、今一つ理解できておりませんのでそのものを紹介することはいたしておりません。

ところで、同様のプログラムがIOTA2000及びIOTA2004という名称で実施されました。IOTA2000の方は訳がわからず参加しませんでしたが、あとからすごいアワードを無料でいただいた等の感想をいただきました。
そこで4年後のIOTA2004へ1月1日からスタートした記憶があります。

地球儀を上から見て12等分します。そして太平洋を分断する日付変更線から1時間寄りのエリアのIOTAと交信すれば3ポイント、それ以外の11月分は1ポイントをという具合でJAは3月にその3ポイントエリアになるという具合でそのポイントの合計を争ったと思います。3月くらいからRSGBのwebの中に自己登録のページが設定され、世界中で競争した記憶があります。

私とJR0DLU大堀さんが上位に位置し、一部のJAの方を巻き込んで楽しみました。しかし、ポイントエリアがEUやUSAへ移っていくと、EU/Wの局にどんどん抜き去られていった記憶があります。でも楽しかったですね。

最後に、確か200ポイント以上に該当し、IOTA2004ブロンズ賞の賞状をいただきました。今ではDXCCと同等に並べてあります。IOTA2008も頑張るぞと思っていましたが、残念ながら企画されませんでした。

多分、IOTA Marathonはそれと同等、いやそれ以上のIOTA chasingの楽しさを与えてくれると思います。すでに交信済、すでにCredited済みのIOTAがまたまた新鮮に交信できるものと思います。

今からワイフの実家がある鹿児島へ出発します。戻ってからIOTA2004ブロンズ賞アワードを添付いたします。

« NA-065 K6VVA/7 Vashon Island for IOTA Marathon | トップページ | NAー240 KL7RRC in Bathel »

コメント

新年明けましておめでとうございます。
昨年は東京ミーティングでお世話様になりました。
今年もIOTAペディが目白押しですね。
CONDXが良いの出楽しめそうです。
さてそろそろ昨年の分をwebで申請を始めようかな?
今年もよろしくお願いします。

明けましておめでとうございます。
昨年はなにかとお世話になりました。
少しでもIOTAのカウントを伸ばせるよう楽しみたいと思います。
今年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。
4日の午後7時過ぎにワイフの実家がある鹿児島から戻ってきました。長男がスマホを持っていて、「お父さん、これでインターネットを見ることができるよ」と3日の朝に貸してくれました。必死でwebメールとブログを1日じゅうやっていました。いやいや知らないと言うことはなんということでしょう。息子から借りましたスマホから世界中に情報発信をしていました。鹿児島では。
チェコスロバキアのDXerのPavel/OK1MUからメールが来ていました。IOTA MarathonでAS-077はあなたと交信したいとありました。まさに、感激、感動、感謝です。
明日からリセットしてIOTAチェイシングを行います。ハイ

山本さんは、昔吉塚に住んでいませんでしたか。
間違っていたらすいません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-065 K6VVA/7 Vashon Island for IOTA Marathon | トップページ | NAー240 KL7RRC in Bathel »