World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« YB8のIOTA pedition plan in March 2012 | トップページ | EU-028 Giglio Island »

2012年1月17日 (火)

IOTA2004 Awardの紹介

IOTA Marathonが1月1日より2年間にわたって開催されます。そのプログラムの目的と意義です。

「はじめに
2014年には英国のSWLジェフワッツBRS - 3129による空気(IOTA)プログラムの島の発売50周年を迎えます。
これを祝してRSGB IOTAマネージャと委員会は、世界中のすべてのライセンスアマチュアが参加するよう招待されている刺激的な活動期間を発表しました。
2012年と2013年の2年間にIOTAフリークは、頻度の低い活性化に関する特別な重点を置いて、できるだけ多くのグループから操作すること。その役割を果たすためにさまざまな可能な限りのIOTAグループ及びIOTAの活性剤として活用することを勧めます。

そのプログラムのポイントとして、システムは珍しいIOTAグループをアクティブ化するためのより高いスコアと報酬"アクティベータ"を採択しました。証明書と賞は"IOTA chaser"とパフォーマンスとして、各バンドの達成を反映するために"アクティベータ"の両方に利用できるようになります。
誰もが2012年1月1日で白紙の状態で開始されるための課題は、彼らがIOTAへの完全な初心者であるか、一流のIOTA 1000アイランズトロフィーの保有者であろうと、そのための再生のためのレベルとそのフィールドを提供します。

さらに、これまでの長い時間で、参加者が過去に島のDXpeditionを見逃している場合、この第50周年を機に再び活性化されるならば、彼等が後に1100の活性化によりそれを拾うことができるかもしれないという可能性があるということです。マラソンの期間は、過去に交信失敗のものをそれを置き換えるための期間であります。
賞品は"IOTA chaser"と"アクティベータ"のセクションで、これらは、状況が許せば、2014年のRSGB大会でIOTA 50周年記念式典中に提示されるの両方で最高得点の個人に授与されます。証明書Awardは指定されたレベルに到達する他の参加者が利用できるようになります。」

と、意訳しましたが、1100島を活性し、たくさんQRVしてもらうことが目的であります。すでに当ブログにて紹介しましたが、YBでも新しいペディションが数多く活性化しそうです。離れてから見られて、珍しいところだけ未交信のところだけを交信するのではなく、Marathonに参加して全体を活性化させる参加をお願いしたいです。

なお、7年前に実施されましたIOTA2004のアワード「Bronze」を写真で紹介します。この時は1年間楽しめました。アワードも無料で送ってきました。今回はどうなるかわかりませんが、ご参考ください。

Iota2004_award


« YB8のIOTA pedition plan in March 2012 | トップページ | EU-028 Giglio Island »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YB8のIOTA pedition plan in March 2012 | トップページ | EU-028 Giglio Island »