World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« YB-IOTA QSL collection OC-076 Sula Island | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-106 Natuna Besar Island »

2012年2月21日 (火)

My Postal fee for ham radio

1994年に開局して18年になります。18年間の総件数と郵便料金(郵便料+封筒代+返信料)をまとめました。
1994年から2011年の18年間です。a列はDirectの送付件数、b列はその内DXCCの請求分、c列はその内IOTAの請求分です。平均単価を郵便料110円、封筒代2枚20円、返信料IRC1枚150円の合計280円としました。

-----------a=b+c---b-----c----d----e=axd
-----Year---Direct---DX--IOTA--Av,---Total
--------------------CC-------@-----fee
1----1994---108---108----0---280--30,240
2----1995----56----56----0---280--15,680
3----1996----63----63----0---280--17,640
4----1997----77----64---13---280--21,560
5----1998----75----24---51---280--21,000

6----1999----88----12---76---280--24,640
7----2000----75-----5---70---280--21,000
8----2001----69-----5---64---280--19,320
9----2002----68-----3---65---280--19,040
10---2003----68-----0---68---280--19,040

11---2004----33-----0---33---280-- 9,240
12---2005----21-----0---21---280-- 5,880
13---2006----24-----0---24---280-- 6,720
14---2007----18-----0---18---280-- 5,040
15---2008-----6-----0----6---280-- 1,680

16---2009-----6-----0----6---280-- 1,680
17---2010----10-----0---10---280-- 2,800
18---2011-----3-----0----3---280--- 840
------------868---340--528-------243,040

開局した1994年は交信する局がほとんどnewのため、手当たり次第に送ったようです。もちろんJARLでも回収はしております。1997年にIOTAを開始しました。5年くらいでDXCC中心からIOTAへシフトしたことが読み取れます。2004年から件数が減っていますが、ここはIBRS(国際返信用着払い制度)の利用とSked QSOによる先方からの直接送付が増えたためです。

また、2004年以降はIOTA peditionへのドネーション支援を開始したため、ペディション局よりまとめて直接送付していただけるケースが多くなりました。

近年はIOTAの件数も減りました。一つは近場のオセアニアが底をつき始めたためです。IOTA800/900/1000を行かれる方も同じような状況ではないかと思います。ご参考ください。

« YB-IOTA QSL collection OC-076 Sula Island | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-106 Natuna Besar Island »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YB-IOTA QSL collection OC-076 Sula Island | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-106 Natuna Besar Island »