World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« YB8XM Joppyからのメール | トップページ | J-ClusterとIOTA Marathon »

2012年2月26日 (日)

YB-IOTA QSL collection OC-144 Bangka Island

私がIOTAを始める1997年5月より以前の96年3月12日に交信したOC-144 YB4FNNのカードです。IOTAを開始した4カ月後の97年9月16日にJARL経由にて丁度1年半後に送られてきました。そのため、7MHzCWです。私はIOTAを開始する前はFT840にマイクをつないだことはありませんでした。完璧にCW onlyでした。その頃のIOTAを全く意識していない交信です。

OC-144は首都Jakartaの真北365kmのところに位置します。
Oc144
RSGB IOTAwebではCreditedは40.6%といわゆる雑魚の部類です。Creditを受けたYB4の局は25局ありました。しかしながら、いざOC-144を探し出して交信しようと思えば普段の状態ではなかなか見つからないと思います。

Oc144_front

Oc144_back
やはり、2年間限定のプログラムであるIOTA MarathonをチャンスにたくさんのOC-144局が出てくれるよう支援してみたいと思います。


« YB8XM Joppyからのメール | トップページ | J-ClusterとIOTA Marathon »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YB8XM Joppyからのメール | トップページ | J-ClusterとIOTA Marathon »