World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« J-ClusterとIOTA Marathon | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-146 Celebes Island »

2012年2月27日 (月)

YB-IOTA QSL collection OC-145 Ternate Island

私がIOTAを1997年5月に開始して、最も回収に苦労したことがあるのがこのOC-145 Ternate Island Halmahera groupです。場所は次の通りです。
Oc145map1
セレベス島とニューギニア島の丁度間に位置しています。少し拡大すると次の通りです。

Oc145map2
Ternate Islandは真ん中の小さな島です。

Oc145map3
よく見ると火山そのものです。火口がはっきりと見えます。しかしながら、火口の東側にはびっしりと家々が建っていることを確認できます。運動場など文化的な施設もあります。この町がTernateです。

ここに住むYC8YZと1999年4月2日に21SSBにて交信しました。ログを確認すると2337-2339JSTに交信していますが、その前にYC8TXWと2335-2339と交信していますので明らかに21260でRonny/YC8TXWのマイクコントロールで交信したものです。RonnyもOC-210からのオンエアですので涎が出そうな交信でありました。また、私のIOTAの258番目の交信でありました。

Oc145
このQSLカードの回収に難儀したようです。1回目は1999年4月8日に1USDにより指示通りの「Box 37 SERUI 98211 Indonesia」へ送りました。回収がうまくないと判断し2回目は1年半後の2000年9月19日に2IRCで送りましたが、これも駄目でした。3回目はさらに1年2カ月後の2001年11月18日に1IRCで送りました。そして12月17日にコンファームしていますが、送ってきた主が不明と記載してありました。多分、YC8YZ自身はQSLの発行を辞め、QSLカードにあるYB5NOFが扱うようになったのではないかと思います。

当時はまだメールを使っておらず、遅々として回収作業が進まなかったことを覚えています。この経験によりYBへはGSを使うべきでないと判断し、爾後はIRCまたはIBRSを使用するようになったことを記憶しています。

なお、OC-145のCreditedは12.5%と結構rareであります。RSGBwebsiteにはYB8ASX, YC0IEM/8, YC8DYZ,
YC8YZのわずか4局がリストアップされています。私の友人のYC0IEM HotangさんもQRVしていました。調べるといろいろつながりがありたいへん役に立っています。

« J-ClusterとIOTA Marathon | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-146 Celebes Island »

コメント

FT Island PENTASTICK
FTファンの必須アイテム!
FTアイランドのコンサートがもっと楽しめる!!
公式Flagの登場
http://item.rakuten.co.jp/koreatrade/c/0000000670/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« J-ClusterとIOTA Marathon | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-146 Celebes Island »