World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« お陰さまで18年、今日から19年目 | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-076 Sula Island »

2012年2月19日 (日)

YB-IOTA QSL collection OC-075 Batam Island

OC-075 Riau IslandsはインドネシアのSumatra島とマレー半島の間に位置しています。その中心がBatam Islandです。YB5エリアでありたくさんの島で構成されています。5エリアのIOTAはOC-262,OC-245,OC-075,OC-107,OC-108,OC-106,OC-109,OC-122,OC-215の9つで構成されています。因みにJAでこの9つホルダーはまだおられません。OC-075のCreditedは29.3%ですが、取り損じの方も多いようです。RSGB IOTA webには19のコールサインが掲載されています。


Oc075_front


Oc075_back

私は1999年5月27日1301UTC 21MHzSSBで交信しました。この頃は21260に毎晩のようにYB局が出てきてラグチューの傍らにサービスするというパターンで点けっ放しでワッチしておけばNew IOTAを得られることが多だありました。QSLは二日後の5月29日に本人へ1IRCで送付しましたところ、ちょうど1カ月後の6月30日にconfirmedしました。私のIOTA270番目のカードでIOTAの面白さに拍車がかかるころでした。

Oc0751

Riau Islandsの全体図です。左下にインドネシアのスマトラ島があります。小さな町はありますが、ほとんどが田畑と森林です。Batam Islandの真北はマレー半島があり大都市Singaporeが位置しています。むしろBatam IslandはSingapore寄りに位置しています。

Oc0752
Batam Islandから南に道路が伸びている部分を確認してください。橋が2か所にかかっています。


Oc0753
そうなんです。QSLカードに掲載されている橋はこの橋なんです。矢印の方向から写しています。JF1SEK高橋さんのwebに掲載されているカードもコールはYE5Xですが、同じ写真を使用しています。実は先日ご報告しましたとおり、Batam Islandをよくご存じで、まだ交信されていないOM氏の記事を掲載しました。ご一緒にBatam Islandの固定局を10局ほど見つけ出しました。メールにてアポイント中です。

可能ならばIOTA OC-075 Batam Islandとしてアクティブに出てきていただくようSupportingしたいです。

JR0DLU大堀さんより投稿がありました。別種類がありました。2001年4月8日 09.31Z 21MHz SSBだそうです。


Batam_island

« お陰さまで18年、今日から19年目 | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-076 Sula Island »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お陰さまで18年、今日から19年目 | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-076 Sula Island »