World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« Online QSL Request Service (OQRS)の一考察 | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-108 Anambas Island »

2012年2月22日 (水)

YB-IOTA QSL collection OC-107 Lingga Island

2000年4月6日の日本時間20時47分(1147UTC)に21MHzSSBにて交信しました。多分、私は夕食が終わりゆったりと21260にダイアルを合わせてくつろいでいたのではないかと思います。当時から21時になると必ずお風呂に入っていました。今も変わりませんが。IOTAを始めて丁度丸3年になろうとしていた頃です。293番目のIOTAです。オセアニアでは127番目、IOTA-YBでは24番目ということで、IOTAの宝庫インドネシアに相当の力が入ってきたようです。

Oc107
その位置は先日紹介しましたOC-075 Riau Islands/Batam Islandの南側にあります。赤道直下のしまがLingga Islandです。

Oc107_2

他のIOTAとの共用カードになっています。どこもまずまず美味しそうなIOTAですね。via I1WFFにて回収しています。
sentが4月11日、RCVDが5月30日です。1IRCです。

Creditedが18.9%、RSGB IOTA websiteでは、YB5NOF/P、YC5XIP、YE5Rの3局しか掲載されていません。

« Online QSL Request Service (OQRS)の一考察 | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-108 Anambas Island »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Online QSL Request Service (OQRS)の一考察 | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-108 Anambas Island »