World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« YB-IOTA QSL collection OC-108 Anambas Island | トップページ | DU-IOTA activityへのSupporting for VE7DP »

2012年2月24日 (金)

YB-IOTA QSL collection OC-109 Natuna Selatan Island

1997年10月4日の朝0036UTCに21MHzSSBにて交信していました。まず位置は次の通りです。
Oc109map
OC-106のRiau IslandとOC-088 Smatra Islandの丁度中間に位置しています。Google Earthで確認しましたが、寺院や村落が存在し、人の臭いがする島です。漁業が中心と思われます。

Oc109
OC-107と同じくYC5XIP Syafryさんの出番です。IOTA creditedはProvisional分を除いて最もrareな4.5%です。過去の運用もYB5NOC/PとこのYC5XIPの2局のみです。

QSLカードは1998年12月16日に送り、1999年2月17日に回収しています。I1WFF宛へ1IRCで送っていました。なぜか請求が1年以上遅れていますが、多分、交信した時にはOC-109と気づかず、後日CQ誌で分かったと思います。ここもたいへん珍しいIOTAに入っているようです。すでに15年ほどQRVがないのでしょう。


« YB-IOTA QSL collection OC-108 Anambas Island | トップページ | DU-IOTA activityへのSupporting for VE7DP »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« YB-IOTA QSL collection OC-108 Anambas Island | トップページ | DU-IOTA activityへのSupporting for VE7DP »