World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« YB-IOTA QSL collection OC-250 Masalembu Island | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-252 Temajo Island »

2012年3月27日 (火)

JA-IOTA Resident station list

昨日21198でAS-079 Tarama IslandをJS1WIM/6ハタさんがサービスをなさっておられました。私はIOTA Marathon上ではAS-079 JS6QGGシモジさんと21MHzSSBで交信していたため、コールせずに他バンドにQSYされることを待っていました。24/28MHzをサービスするとおっしゃってQSYされました。24と28MHzを徹底的にチェックしましたが、28500あたりで微かに聞こえるのみで終わってしまいました。滞在日数等不明のままでした。

この朝に7MHzSSBでスポットがあがりました。聞いてみると少し弱く、国内の局が盛んにコールしていました。少し厳しいかなと思いましたが、7MHzSSBのサービスはかならず隙間ができます。その間隙をタイミングよるコールするといとも簡単にとることができます。7時33分に3回ほどでコールバックがあり、IOTA Marathon1pointをいただきました。すぐに海外のクラスタアップを行いました。

ものの10分もたたないうちにK6VVA Rickさんから第1回目のメールがとどきました。「俺にも紹介しろよ(?)」と言ってるような感じでした。(笑い)彼は仕事で来られているようで、この後のスケジュールは全く分からない、万一14/21でQRVがあれば知らせますとメールを送り合っていました。

1時間半ほど経過した9時15分くらいに再びJS1WIM/6がなんと14150でスポットされました。すぐにワッチしましたら45くらいで入感しています。キャリアがあり少し聞きづらい状態でした。もちろんIOTA Marathon AS-079 3QSO目のターゲットを見つけましたのでコールし続けました。その途中でRickさんへ14150 Now QRVingなどとメールを送り続けました。私は9時27分にハタさんからコールバックがありました。なんとハタさんはこれが初めての14MHzQRVとのことでした。

しばらくするとRickよりメールが届きました。14150はキャリアがあるので14155へQSYするように伝えて欲しいというものでした。すぐにブレークし、お願いしましたところ、すぐにご了解いただき、14155で数回コールをしてもらいました。Rickからはコールがなく、残念ながら聞こえない、別の日に21SSBでお願いしたいとのメールで終了しました。


ここからやっと表題のJA-IOTA Resident station listの内容です。3月初めにAS-036対馬とのSkedからリストをまとめ始めました。JAのIOTA番号のついた島に住む局のリストです。JA4-4665/1杉原さんの監修をいただきました。JO1CRA四十物さんよりヒントをいただきました。K6VVA RickさんとNI6T Garryさんの欲しいJA-IOTAと合わせてリストをまとめています。

すでにRick & GarryのためにAS-032 大隅諸島、AS-041 隠岐、AS-117 淡路島の局へメールによるスケジュール依頼のアポイントをしました。昼過ぎにはAS-041の局より了解をいただき、ご両人へメールしました。明日以降にスケジュールが実施できると思います。

Rick & Garryがある程度進みましたら、IOTA Chasers Forumの皆さんへ紹介し、JA-IOTAとのスケジュールQSOを拡大していこうかと考えております。感想としまして、島に住まれる固定局の皆さんは、たいへん紳士的、協力的です。かつ、積極的ですね。海外のIOTA chaserへ積極的にJA-IOTAと楽しんでもらおうと思います。

« YB-IOTA QSL collection OC-250 Masalembu Island | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-252 Temajo Island »

コメント

記事拝見いたしました。。。。
ちょくちょく沖縄の僻地に仕事で行くのですが、IOTAなるものは知らずに運用していました。
島にもニーズが有るようですが、当方はどの島でも運用が、、、と。ただ渡れない島も有るので
全部は無理だとは思いますが。。。。

また聞こえていましたら、交信してください。。。。

はた様、
その節はどうもありがとうございました。14155へQSYしてくださりご迷惑をかけました。K6VVA Rickさんが是非交信したいと言ってきたものですから、お願いしました。まだまだ世界中のIOTA chaserのニーズはたくさんありそうです。よろしければ次回の予定が決まりましたらその時点でいただければ有難いです。本当にありがとうございました。

管理者、連絡先情報は、サイトを購入するpridlozhenieされているPMにスローします。非常に。私は良いお金を支払うことになります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YB-IOTA QSL collection OC-250 Masalembu Island | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-252 Temajo Island »