World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« AS-036 JI5RPT/6とJ-clusterの紹介 | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-161 Nias Island »

2012年3月 4日 (日)

OC-199 VK6YS/P West Lewis Island追加情報

 私の現況をお伝えしましたらWallyさんより再びメールが戻り、
さらにペディションの詳細情報をいただきましたのでお伝えします。

 「West Lewis Islandに1975年に私の友人の父が建てたweekend houseに
  滞在します。(3月8日より11日まで)
  -20.549490°
  116.643834°

  IC7000 and IC706ならびにportable Honda generator、さらに
  40mから10mをカバーできるvertical antennaを2本持参します。
  インターネット環境もありますが、遅いので100%使用できるか
  わかりません。
  どうぞよろしくお願いします。多くのIOTA Marathonプログラム
  を楽しむ皆さんを探したいです。」

とのことです。IOTA Marathonを意識してくれましたので、3bands以上に出て
いただけるものと思います。この装備は2年前のOC-211 Houtman Abrolhosの
Robertson Islandで使用した機材と同じもののようです。

ついでにOC-199 West Lewis Islandを調べてみました。

Oc199map1
西オーストラリア州の北西部にあたります。

Oc199map2
この端から端まで東京から九州くらいの距離があります。
Oc199map3
East Lewis Islandの文字がある島の西側に横たわる島がWest Lewis Islandです。大きさは北東から南西までの長さ10km、北西から南東の幅3kmです。手前の方にリゾート地であるDampier Islandが横たわっています。ここもOC-199ですが、写真を見るとたいへん素敵なリゾート地のようです。本土とは橋がかかっています。本土側にKarratha Airportがわかります。また橋の南側に四角の箱がたくさんあります。これはSalt poolと言って塩を作るための仕切りでした。
以上、ご参考ください。

« AS-036 JI5RPT/6とJ-clusterの紹介 | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-161 Nias Island »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-036 JI5RPT/6とJ-clusterの紹介 | トップページ | YB-IOTA QSL collection OC-161 Nias Island »