World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« AS-023 奄美とK6VVAの交信 for IOTA supporting | トップページ | YB8XM Joppyさんに無線機を!その4 »

2012年3月19日 (月)

YB-IOTA QSL collection OC-237 Madura Island

インドネシアで最も人口の多いJava島の沿岸島でありますので、範囲がひろいと思います。
OC-237 YB3ZMIは2000年10月21日の0040UTCに21MHzSSBにて交信しました。QSLカードは2000年10月24日に1IRCでvia IZ8CCWへ送り2001年2月26日に回収しました。このあたりからIZ8CCW Antさんが主宰するMDXCの補助によるYB-IOTAペディションが動きはじめます。ところが、QSLカード回収がすぱっと届かずいろいろな苦労がおこりました。

グループ名: Java's Coastal Islands
クレジット率:申請者の25.5%
主なプリフィックス: YB0;YB1;YB2;YB3

YB3ZMI
YC2MTA/P Panjang Island (September 2001)
YC3FVL
YC3KDL Madura Island
YC3MM/P (Nov. 01, Jan. 02),
YE1P Peucang Island (21-25 July 2004)


Oc237_front


Oc237_back
YE1Pはそうなんです、YB1TC Kardiさん達がここから動き出した1号のIOTAペディションです。OC-269 YE6Pがその次になります。

« AS-023 奄美とK6VVAの交信 for IOTA supporting | トップページ | YB8XM Joppyさんに無線機を!その4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-023 奄美とK6VVAの交信 for IOTA supporting | トップページ | YB8XM Joppyさんに無線機を!その4 »