World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« YB-IOTA QSL collection OC-241 Semau Island | トップページ | OC-221 YB8Y QRVing »

2012年3月22日 (木)

YB-IOTA QSL collection OC-242 Bonerate Island

2000頃は毎月のようにYB-IOTAのnewが出ていました。OC-242 YB8HZ/Pも2000年12月16日にでてきました。もちろんpeditionです。QSLカードには10名で実行しています。0059UTCに21MHzSSBでHis59/My57のレポート交換をしています。この頃は保険をかけるための二つ目のQSOをほとんどしていません。それほど21MHzSSBのみの運用が多かったものと思われます。

ログには同日にOC-237 YB3ZMIとも交信しています。今では考えられないほどにIOTA newが続々と出てきていました。

QSLカードはその日の12月16日に2GSでvia HCにて投函し、2001年3月6日に受領しています。この頃からカード回収率を高めるために「一番に送り、一番に届けることが事故を少なくする」とマスターし、実行していったようです。

グループ名: Bonerate and Taka' Bonerate Islands
クレジット率:申請者の19.2%
主なプリフィックス: YB8

YB8HZ/P
YE8A Taka' Bonerate Islands (March 2003)

Oc242_front


Oc242_back
残念ながら、10名のメンバーがその後、大きく羽ばたいたという感じはありません。多分、インドネシアの大所帯ペディションはコストがかかり、尻すぼみになる一因になったのではないかと推測します。


Oc242map1
セレベス島の南、フローレス島の北に位置しています。


Oc242map2


« YB-IOTA QSL collection OC-241 Semau Island | トップページ | OC-221 YB8Y QRVing »

コメント

悲しいことにこれも帰ってきません YBに縁がないのか。。

平田さん、おはようございます。
現在、このQSLはYB8BRI Ramさんが扱っています。5月15日にお会いした時にJP3AYQ眞田さんとJF4VZT澤山さんのQSLを直接いただきました。RamさんへはPaypalで送金できますので調整しましょうか。ご希望の場合はメールでやらせてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YB-IOTA QSL collection OC-241 Semau Island | トップページ | OC-221 YB8Y QRVing »