World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« OC-221 YB8Y QRVing report 23 Mar | トップページ | AS-012 天草とK6VVAの交信 for IOTA supporting »

2012年3月24日 (土)

YB-IOTA QSL collection OC-246 Sermata Island

2001年4月頃は月に数件のIOTAペディションがあっていました。そのため、OC-246 YE8XM/Pと2001年04月17日に交信しましたが、同じQSLmgrのOC-221 YE8XM/Pと4月10日に21MHzSSBで交信し、こちらも別途で請求していました。おまけにYB9BUへの1GS慰労分を送りました。

ところが4月21日に送付した1GS via YB9BU分が駄目で、Kadekさんが指示しましたIRCにより9月10日にOC-221と合わせて1IRCで送付した分が9月22日に無事戻りました。これよりYBへはすべてIRCで請求することにしました。このあたりからBali島宛の郵便物に1GSをいれると届かなくなってきました。また、YB9BUもさかんにGSを入れないようにとアナウンスし始めました。

グループ名: Leti and Sermata Islands
クレジット率:申請者の8.9%
主なプリフィックス: YB8

YE8XM/P

Oc246_front

クレジットはこの局のみです。珍の部類ですね。JoppyさんはほぼSSB運用です。どうしても数をこなす割合が低くなるため、たくさんの局にサービスしづらいと思えます。少しCWを練習してもらわないといけません。

また、QSLカードにはドネーションの支援者がプリントされています。
Oc246map1


Oc246map2
インドネシアの中でもあまり知られていない地域のように思えます。地図もズームインすると詳細が見えなくなります。また、埋め込めてあるマップも少ないです。こういうところからもっと盛んに出てきてもらわないといけませんね。


« OC-221 YB8Y QRVing report 23 Mar | トップページ | AS-012 天草とK6VVAの交信 for IOTA supporting »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-221 YB8Y QRVing report 23 Mar | トップページ | AS-012 天草とK6VVAの交信 for IOTA supporting »