World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« IOTA Oceania QSL collection OC-036 North Island | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-037 Campbell Island »

2012年9月30日 (日)

第1回 九州IOTA Meeting in Fukuoka 2012開催報告

過去に仙台、東京で開催しておりましたIOTA Meetingを九州でもぜひ開催したいと願っておりました。JA6はIOTA申請者が全国的にも少なく、福岡市の私と、熊本のJA6LCJ山下さん、沖縄のJR6SVM玉那覇さんの3名で推移していました。

今年の3月末にJA6FIO西園寺さんが再開局され、声をかけていただきましたので、DXCCもあるがIOTAが飽きないくらい面白いとそのハウツーをご紹介させていただきました。そして、私の隣町にJF6XQJ坂本さんがパンザマストに3エレを上げられ、4月にIOTA100を申請したと、JA9IFF中嶋さんから情報をいただけました。5月22日に訪問しIOTA談義に花が咲いてしまいました。この訪問でIOTA Meeting開催が芽生え始めました。

中嶋さんへ冗談で九州に来られませんかとお話ししましたら、大分か、熊本、あるいは北九州へ行く予定があるとのこと。まあ、福岡でも良いとの回答でした。すぐにJA6のIOTA申請者へメールを送りましたところ、JA6BLX副島さんが挙手していただけました。これで中嶋さんの都合に合わせて、福岡、北九州、大分、熊本のいずれかで開催することを決定しましたが、3名の方が熊本や大分へいかれるか不安でありました。可能ならばやはり福岡開催と思いました。

8月下旬に福岡に決定し、中嶋さんのホテル手配支援や会場手配に入りました。私の勤務中の仕事は事務局長でありましたので、研修会、委員会、懇親会等の準備運営はプロでありますので、一気に準備を進め、8月31日にご案内発信にこぎつけました。同時に参加者にお友達をお誘いいただいたり、新潟市にお住まいのJA6TNY/0藤村さんにも案内の支援をいただけました。私も個人的に存じ上げている方へメール作戦を行いました。

結果として総勢12名となり平成24年9月29日(土)17時に12名全員の参加により第1回 九州IOTA Meeting in Fukuokaを開催しました。司会を私が担当させていただき、まず顔合わせのために12名全員の紹介をしました。
そして、RSGB IOTA CP JA JA9IFF 中嶋さんに35分のお話をいただきました。

Iota_meeting_in_fukuoka_2012_001_30

JA9IFF中嶋さんによる講義。「IOTAの楽しさ、チェーシングとチェックポイント」をテーマに予定時間を20分もオーバーするほど白熱しました。

Iota_meeting_in_fukuoka_2012_002__2

20枚ほどのパワーポイントで普段では聞けない話題も面白く講義いただきました。

Iota_meeting_in_fukuoka_2012_003_22

私の感想としまして、各地のハムイベントに中嶋さんを講師役でもっとお呼びすれば良いのではないかと思うほどIOTAを楽しくするお話でした。Iota_meeting_in_fukuoka_2012_004__2

続いて、JA-IOTA第6位の岡山から駆け付けていただきましたJF4VZT 澤山さんが「私のIOTA chasing」と題して、ご自分の体験を通してのIOTAの楽しみ方、特にIOTAmem4winを活用した管理方法を公開していただきました。

Iota_meeting_in_fukuoka_2012_005_22

すでに使えないと思われましたIOTAmem4winにQSLカードのjpegファイルを貼り付けて管理され、スピーディにピックアップできる様には感動しました。ハイ

Iota_meeting_in_fukuoka_2012_006_30

続いて今年5月に実施されました「AS-067 宇治島ペディション・レポート」とのテーマでJF6TEU有田さんより報告をいただけました。

Iota_meeting_in_fukuoka_2012_007__2福岡から高速道路で鹿児島県いちき串木野市へ、そこから一人23,000円の釣り人瀬渡し船で夜中に渡られました。チャーターすると50万円かかるそうです。

Iota_meeting_in_fukuoka_2012_008_22

3年ほど準備されたそうです。こと細かく資料を作成され報告されました。島へのペディションのノウハウを公開いただけました。

Iota_meeting_in_fukuoka_2012_009_30

時間調整のために「海外のIOTAチェイサーからのメッセージ」は私JN6RZMの方より簡単に説明させていただきました。今、世界中のIOTAファンの注目を浴びていますYB8XM Joppy、N3QQ Yuri、K6VVA Rickからの直筆メッセージを紹介しました。

Iota_meeting_in_fukuoka_2012_010_30

懇親会に入ってから、自己紹介をいただきました。ご挨拶をJA6BLX副島さんに、乾杯のご発声をJA6CBG港さんに、後は順次ご挨拶をいただきました。写真は人の挨拶よりもワインに興味津津の坂本さんです。Left JF6TEU  JA6FIO  JF6XQJ Iota_meeting_in_fukuoka_2012_011_30

Left JS6RRW  JA6FIO  JA6EGL  JA6BLX  JF6TEU  JF6XQJ  JA9IFF  JN6RZM  JF4VZT  JA6CBG  JF6WTY  JE6WWZ Right

本当に皆さん、お集まりいただきましてありがとうございました。会議中の内容や話題は随時ブログに掲載させていただきます。第2回でまたお会いしましょう。

-------------------------------------------------------------------- YB8XM Joppyの祝辞 Congratulation_yb8xm --------------------------------------------------------------------------- N3QQ Yuriの祝辞 Dear Friends! ありがとう! for your interest in IOTA program! Thank you very much for your past support of our expeditions to rare islands! Purpose of IOTA program is very simple, is to make contacts with all 1000+ islands listed in IOTA directory. Some of them are difficult to reach and uninhabited. This is where our team (RRC) steps in and we trying to make at least one expedition every year. To visit all of them we need about 1200 years. Hi Hi. It is always fun to plan expeditions, fight bad weather and work on problems. Sometimes we fail, but most of the time we do reach our goal and work you from that special island. I wish your group will have a great meeting and looking forward to work you from future expeditions! I wish your families health and happiness! 73, Yuri Sushkin N3QQ ---------------------------------------------------------------------------- K6VVA Rickの祝辞 「K6VVA_MEMO_For_JA_IOTACHASERS_FUKUOKA2012.pdf」をダウンロード ----------------------------------------------------------------------------- そしてラストはRSGB IOTA Committeeより "Congratulations on your first IOTA meeting in Fukuoka. The IOTA Committee recognizes the efforts of all of you in activating the IOTA groups across Japan and particularly those in the JA6 area. The Committee welcomes the growth of interest in IOTA in your country and recognises that this is largely due to the hard work of Jim Nakajima JA9IFF, your checkpoint, Shuji Yamamoto JN6RZM and their support team. I know that your financial support to DXpeditions is greatly appreciated. We hope that you are enjoying the opportunities of increased IOTA activity during the current IOTA Marathon which runs to the end of 2013. Greetings to you all and thank you on behalf of the IOTA Community. Good luck and have a successful meeting." Best regards Roger Roger Balister, G3KMA RSGB IOTA Manager ------------------------------------------------------------------------------- の世界中の4名様より祝辞をいただきました。ありがとうございました。

« IOTA Oceania QSL collection OC-036 North Island | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-037 Campbell Island »

コメント

congratulations on the implementation of "IOTA meeting 2012 in Fukuoka Japan".

de YB8XM

Thank you very much for your picture. I announced your celebration message!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA Oceania QSL collection OC-036 North Island | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-037 Campbell Island »