World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« IOTA Oceania QSL collection OC-156 Rara Island | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-189 Yanuca Island »

2012年9月13日 (木)

EU-018 OY1CT on IOTA Marathon

2012年9月11日の早朝、14023にOY1CTがQRVしていました。JAへゆったりとサービスしていました。

OY1CTはFaroe Islandsですが、IOTAはEU-018です。私は2000年代はじめからOY1CT Carstenさんへメールを送りSkedの依頼を何回もし続けていました。そして、2004年4月に1st QSOに成功しました。この頃はすでにDXCC newという意識はなく、IOTA newとしてIBRSで請求し、1月半ほどで受領できました。

その後はさすがにSkedはなくなりましたが、いろいろなコンテストでコールをお聞きしたり、また交信したりしていました。交信しましたら、簡単にメールを送り近状を伝えておりました。しかし、近年は少し疎遠になっていました。

久しぶりにコールを聞きましたが、IOTA Marathonにおいては貴重なNewです。すぐにコールを開始しましたが、JAsが次から次とさばかれています。ようやくコールバックがありました。合わせてTnx Shuとリターンがありました。「おっ、覚えてくれている」と思い、たいへん嬉しい気持ちにさせてくれました。IOTA Marathonに参加していなければパスしていたと思います。思い切って呼んだのは正解でした。また、1ポイントをいただけましたので、さっそく御礼のメールを送りました。

 交信の御礼と私の近状、そしてIOTA Marathonでの貴重な1pointを得ることができたことと、他のバンドの交信希望を伝えました。名前の後ろに当ブログのURLを付して送りました。しばらくして、下記の内容のメールが戻りました。コンディションとQRV情報がありますので和訳して掲載します。

Shu、こんにちは
 久しぶりに会えて、いつも嬉しいです。
 極東へのここ数週間のコンディションは、新しいJA局と交信し、それらのコールサインをログに記入し楽しんでいます。 あなたはとても素敵なウェブサイトを持っていますね。私は通常はIOTAコンテストでQRVしていますが、2012年は長く参加していたなかで参加できなかった最初の年でした。アジアのために17メートルと15メートを準備し数局と交信しています。ぜひこのバンドでもいつの日かお会いしましょう。
73 de OY1CT Carsten...

と、いただきました。18/21MHzにも力を入れているようです。ご参考ください。

« IOTA Oceania QSL collection OC-156 Rara Island | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-189 Yanuca Island »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA Oceania QSL collection OC-156 Rara Island | トップページ | IOTA Oceania QSL collection OC-189 Yanuca Island »