World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« OC-242 to OC-236 and OC-213 3つのYB8未回収の支援 | トップページ | NA-240 KL7RRC/P QSL card 挨拶分の和訳 »

2012年9月10日 (月)

IOTA Oceania QSL collection OC-095 Vanua Baiavu Island

ZL1AMO Ronさんは1980年代末から2000年はじめにかけて毎年のようにオセアニアの島からQRVしていました。しかも年に3~4回ほど出てこられました。特に21MHzCWは心地よいリズミカルな信号でした。

OC-095 3D2RWは2001年07月20日に交信し、1GSで本人へ送り01年08月27日に受領しました。QSL返信の早さもCWと同様に一流でした。ただし、IOTAにはあまり詳しくなかったと思います。2001年よりQSLカードに「島名」の印刷が必要となりましたが、印刷を失念したため手書きで記入されています。現在では認められなくなりましたが、やはり大物、RSGBもこの分まではOC-095のそのレアさにより承認したようです。確かこのカードが手書きを認めた最後のカードではないかと記憶しています。残念ながらZL1AMO Ronさんは数々のDX peditionの実績を残して、2012年3月6日に75歳でSKとなられました。

グループ名: Lau group
クレジット率:申請者の18.5%
主なプリフィックス: 3D2

3D2CK   Wailagi Laia Island(Aug 1993)
3D2EA/P Susui Island(Jul 2004)
3D2HO/P (Feb 1989)
3D2RW
3D2SC   Naitabua Island(Aug 2002)

Oc095f

Oc095b

ZL1AMOのSKを知らせるwebはたくさんありますが、過去のQSLを回収することはできるのでしょうか。Ronさんに代わるQSL managerの存在などをご存じの方がおられましたならば教えてください。新しくIOTAをはじめられ10年、20年前のカードを必要になられる場合があります。それとも、QSLカード発行もSKでしょうか。

« OC-242 to OC-236 and OC-213 3つのYB8未回収の支援 | トップページ | NA-240 KL7RRC/P QSL card 挨拶分の和訳 »

コメント

ご冥福をお祈りします。
SWLへもQSL100%でした。私にとっても多くの思い出があります。
実は山本さんのこの記事で初めて、彼の3月6日SKを知ったのですが、3月11日に14MHz CWで“ZL1AMO”がCommonwealth Contest(BERU)に出ていたのを聞いていたのです。
そのときは、彼の信号を聞いたのは久しぶり、まだ無線をやってるんだと思いました。
最近、IOTA Marathonのログにも1ポイントとして書き込んでいたのを思い出し、それでは3月11日に確かにQRVしていたZL1AMOは何だったのだろうと改めて不思議な思いになりました。
BERUの結果にヒントがあるのではないかと思って検索し、そこでもやはり記事になっていたことを発見しました。
http://www.beru.org.uk/2012%20results/12commain.html
NZART HQ stationが、ご家族の了解を得て、Memorial stationとしてコンテストでZL1AMOを運用したとあります。
私の空耳ではなかったです。

杉原さん

良い話をありがとうございます。人のためにつくした人というのは、やはり死後に評価されるんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-242 to OC-236 and OC-213 3つのYB8未回収の支援 | トップページ | NA-240 KL7RRC/P QSL card 挨拶分の和訳 »